Q3-007.「新・伝統食」とは?

ホリスティック健康学・栄養学研究所で勧める「新・伝統食」とは何ですか?


「伝統的な日本食」と「長寿村の食事」をモデルに、最新の栄養学的知識を応用して伝統食の利点を引き上げ、さらに強化したものが「新・伝統食」です。ホリスティック栄養学における食生活の改善とは、日常の食事を「新・伝統食」にすることに他なりません。具体的には、次の「食事改善の10のポイント」と「メニューづくりの3つのルール」を実践することで達成されます。

食事改善の10のポイント

  1. 加工食品・インスタント食品をできるだけ減らす
  2. 脂肪・油をできるだけ減らす(オメガ3脂肪酸を摂る)
  3. 肉・乳製品・卵を摂らないか、ごく少量にする
  4. 砂糖をごく少量にする。白砂糖を摂らない
  5. 主食を精製度の低い穀類にする。雑穀を加える
  6. 豆類を摂る。種子・ナッツ類を摂る
  7. 野菜をたっぷり摂る。果物を摂る。海藻を摂る
  8. 魚貝類を少量摂る
  9. 発酵食品を常に摂る
  10. 食材・調味料は自然で新鮮なものを使う

※ 1〜4は、排除すべき食品です。5〜10は、積極的に摂りたい食品です。

メニューづくりの3つのルール

  1. 主食と副食の比率を守る……主食6:副食4
  2. 食材間の比率を守る……穀類5:豆種子類1:野菜海藻3:魚貝類1
  3. 植物性食品と動物性食品の比率を守る……植物性食品9:動物性食品1

詳しくはホリスティック栄養学に基づく食生活改善についてをご覧ください。



Copyright(C)2004-2016 ホリスティック健康学・栄養学研究所. All Rights Reserved.