車輌紹介

車番の付け方について
    例:36107
万の位が形式番号
千の位が固定編成数
百の位が号車番号
十と一の位が編成・製造番号を指します。
これによってMR30000系の6両固定編成の1号車で7号編成で7番目に製造されたものと指します。

MR8000系

MR9000系

MR10000系

MR10050系

MR20000系

MR30000系

MR30000系(3次車)

MR50000系

MR500系

乗り入れてくる車輌(一部外部リンク)

桜棚電鉄1000系

桜棚電鉄1600系

東西電気軌道9000系

ナナ快電鉄1500系100番台

ナナ快電鉄1600系




トップに戻る