本文へスキップ

新しい視点で地域を活動する Nishisaki1・2 ASSOCIATION

広報ブログHEADLINE

ブ ロ グ

【自主防災訓練及び避難所訓練について】

一昨年を振り返り「災害」に思いを致すと、全国各地で地震をはじめ台風や集中豪雨などが猛威を振るい、報道による甚大な被害状況を目の当たりにして自然災害の恐ろしさをあらためて痛感させられました。この地方では幸いにも大きな被害はでませんでしたが、戒めとして“天災は忘れた頃にやってくる”との諺も心に刻んでおかなければなりません。南海トラフ地震がいつ起きても不思議ではないからです。

しかし、地震予知は出来ないとの見解が示された今、「自分の命、自分の家族、自分の街は自分たちで守る」、この言葉を合い言葉にして、防災・減災に取り組んでいかなければなりません。災害時に頼りになるのはご近所であり、大切なのは住民同士の助け合いです。地域の繋がりを図る、自主防災訓練はその大きな取り組みの一つでもあります。 

昨年度の自主防災訓練は、私たちの指定避難所である「城山中学校」で実施いたしました。先ずは自主防災組織及び共助の必要性、指定避難所の定義、避難者登録票の活用といった基本的な講習をはじめ、被災地へ実際に赴いた体験談や避難所の様子などを映像としてご覧いただきます。その後、防災倉庫の備蓄品、防災無線の見学、非常用持出袋の展示、避難所にある災害用のトイレや断水時のトイレ対応、地下式応急給水栓操作、段ボールベッド・パーテイションの作成等々、実践的な内容を分かりやすくお届けいたします。

※自主防災訓練は令和2年2月1日(土)に計画通り実施することができました。反省点もいつくかありましたが、自主防災会として少しは成長できたと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。



■数字から見る愛知県の交通事故防止のポイント 2月
 過去5年間の愛知県における交通死亡事故を見ると……
★2月の特徴
○年齢別は、高齢者死者の構成率が上半期で最も高い月
 高齢者は、歩行者が5割以上
 横断中が約4割・交差点が約5割
 昼間(日の出から日没までの間)が約6割
○法令違反は、横断歩行者等妨害等、旬間別は、中旬が多発
○時間帯別は、午後2時台及び午後6時台”魔の時間”が多発傾向

●速度を控え、高齢者に優しい運転をお願いします。
●高齢者の方は、近づく自動車に気がついていない可能性があります。
●ドライバーの方は、十分な距離をとり、横断歩道や交差点の手前では意識して速度を落としましょう。
◆2月の前照灯点灯時刻の目安は、午後4時30分です◆

西崎町1・2丁目自治会(広報担当室)

〒464-0827
名古屋市千種区田代本通三丁目20番地
      ダイアパレス覚王山203号

        TEL 052-752-8837
Email:fumio-1@mtb.biglobe.ne.jp