流星電波観測集計センターへようこそ

−−*−( 八王子流星電波観望所 )−*−−

トップページ  ライブ  流星速報  観測結果  HROのZHR法  観測システム  VOR観測  自己紹介  花の素顔

流星電波観測

流星電波観測とは、電波を利用して流星を間接的に観測する方法です。
流星が流れると、地上70〜110Kmの電離層で電波が反射するため、直接波を受信できない遠隔地点でその瞬間だけ電波を受信することができます。
電波観測は、眼視観測と違い昼間帯や雨天でも流星の活動を把握することができます。
日本ではHROが主流で、多くの観測者が福井県鯖江市の福井工業高等専門学校から常時電波を上空に向けて発信しているのを使用しています。
電波観測は、HROのほかにFMラジオを受信する方法もありますが、FM局が多くなり観測が難しくなっています。
また、常時発信しているのに航空無線のVORがありますが、定期的に装置の切替えを実施するため周波数の安定性に問題があると言われています。

現在は、流星電波観測国際プロジェクトで主要な流星群の活動を監視するとともに電波観測に関する詳細な情報を提供しています。

※ HRO; Ham-band Radio Observation
 VOR; VHF Omnidirectional Range (超短波全方向式無線標識)

電波観測ライブ in 八王子

ライブは、専用ソフトで受信電波を「音声」に変換し、得られたHRO画像を10分毎にアップロードすることにより公開しています。
そのHRO画像は、横軸に時間、縦軸に音声周波数にして、その周波数の強さを色で表示しています。
10分毎のHRO画像を1時間毎に集計してカラーグラフで掲載しています。

鯖江HROライブは こちらです 

※JA9YDB福井高専無線研究会により福井県鯖江市から53.750MHzで送信をしています。

長崎・宮古VORライブは こちらです 

※長崎県大村市からの長崎VOR(116.600MHz)と岩手県岩泉町からの宮古VOR(116.600MHz)の2箇所を同時に受信しています。
 受信機は、SDRを使用しています。


流星速報

主要な流星群について、発生個数をZHR相当に変換して1時間毎にグラフ化しています。
同時に世界のデータも集計して速報しています。
多数の箇所が参加することで精度が向上します。
新規の参加をお待ちしています。データの送り先は、杉本弘文まで。

12月22日から「こぐま座流星群」を速報 !!


観測結果

2002年から蓄積している観測データに基づき、「1年間の変化」と「1日の変化」の2種類をグラフ化しています。
主要な流星群は、流星数をZHR相当に変換して1時間毎でグラフ化しています。
また、2001年しし座流星群のピーク時の画像と写真も掲載しています。


観測システム

東京都八王子市にて流星電波観測をしています。
使用している観測システムについて、図解により説明しています。
同時に世界中が参加をしているRadio Meteor Observatory's On Lineにもアップロードしているので、そのセットアップ方法について紹介しています。
流星の反射波を受信するのに必須となる受信機について、現在入手可能な受信機について最新情報を紹介しています。特にソフトウェアラジオ(SDR)について説明をしています。


VORによる観測

日本国内の電波観測では50MHz帯のビーコン電波を使用しているのが主流ですが、近年の技術でVORの電波を簡単に受信することができるようになりました。
無線の知識がなくてもアンテナの製作ができるような解説を含めて、機材の調達からソフトのインスートルまでの全部を解説しています。
学校のクラブでも電波観測ができるように、2万円程度(パソコンを除く)の費用でシステムができます。


自己紹介

小学生時代から現在までの天文との係わり合いについて自己紹介しています。




花の素顔

その他の趣味として花の栽培とハイキングがあります。
ここでは、大輪系朝顔の栽培と36種類の尾瀬の花を紹介しています。



問合せ

掲載の内容についてのお問合せ・ご意見は、杉本弘文 まで



↑ページのトップへ


トップページ  ライブ  流星速報  観測結果  HROのZHR法  観測システム  VOR観測  自己紹介  花の素顔

更新日 2017/6/21