HROの送信情報と専用受信機の改造

トップページ  ライブ  流星速報  観測結果  HROのZHR法  観測システム  VOR観測  自己紹介  花の素顔

☆ HROのための送信情報

  !!! 送信の状況について異常ありましたら、下記に連絡を願います。 !!!

●福井HRO
*運用情報
  正常に送信中

  福井HRO LIVEは、福井HRO LIVE in 八王子

*運用諸元
 1. コールサイン  JH9YYA
 2. 周 波 数    53.755MHz
 3. 出  力    50W
 4. 運用モード   CW
 5. 運用時間    24時間
 6. 運 用 地    福井県永平寺町・福井県立大学構内
 7. 運 用 者    福井県立大学アマチュア流星電波観測研究会

*最近の停止状況
  2018年11月6日16時過ぎから送信停止  2018年11月13日15時過ぎから送信再開
  2018年11月17日10時27分頃から送信停止  2018年11月19日18時過ぎから送信再開
  2018年11月20日10時過ぎから送信停止  2018年11月20日18時過ぎから送信再開
  2019年10月 3日23時20分過ぎから送信停止  2019年10月 4日19時00分頃から送信再開
  2019年11月 3日8時31分頃から送信停止  2019年11月 4日15時39分頃から送信再開
  2019年12月14日0時0分から送信停止中  2019年12月14日11時52分頃から送信再開
  2021年1月9日19時頃から送信停止中  2021年1月10日13時30分頃から送信再開
  2021年2月14日8時28分頃から送信停止中  2021年2月14日16時47分頃から送信再開
  2021年3月17日5時30分頃から送信停止中  2021年3月27日11時05分頃から送信再開
  2021年5月9日14時34分頃から送信停止中  2021年5月11日12時05分頃から送信再開
  2021年8月2日15時8分から15時21分頃まで一時停止

●鯖江HRO
*運用情報
  2018年4月9日14時から送信停止中

*運用諸元
 1. コールサイン  JA9YDB
 2. 周 波 数    53.750MHz
 3.運 用 地    福井県鯖江市下司町・福井工業高等専門学校構内

 ※運用情報の詳細は、送信再開の時点で掲載をします。

●宮崎HRO
*運用情報
  正常に送信中(2021.7.20現在)

*運用諸元
 1. コールサイン  JA6YBR
 2. 周 波 数    50.017MHz
 3. 出  力    50/10/1/0.1W
 4. 運用モード   CW
 5. 運用時間    24時間
 6. 運 用 地    宮崎県宮崎市学園木花台・宮崎大学構内
 7. 運 用 者    宮崎大学無線部OB会
 ※出力1Wと0.1W は実質的に受信できないため、観測できるのは50Wと10Wの時間帯となり、エコーを捉えられる確率は80%程度となります。

*最近の停止状況
  2020年12月 9日20時30分頃から送信停止中
  2020年12月13日13時10分から送信再開

●福島HRO
*運用情報
  正常に送信中(2021.5.11現在)

*運用諸元
 1. コールサイン  JE7YNQ
 2. 周 波 数    50.027MHz
 3. 出  力    50W
 4. 運用モード   CW
 5. 運用時間    24時間
 6. 運 用 地    福島県福島市
 7. 運 用 者    
 ※75秒送信して15秒停止しているようです。エコーを捉えられる確率は83%程度となります。

●北海道HRO
*運用情報
  未確認

*運用諸元
 1. コールサイン  JR8YPC
 2. 周 波 数    50.480MHz
 3. 出  力    10W
 4. 運用モード   CW
 5. 運用時間    24時間
 6. 運 用 地    北海道石狩郡当別町
 7. 運 用 者    佐々木寛爾
 ※垂直偏波で送信をしていますので要注意です。


☆ HRO専用受信機の改造

ただ今、改造作業を中止しています。詳細は、下記に問い合わせ願います。

AITEC製の受信機は、福井高専から送信をしていた鯖江HRO(53.750MHz)を専用に受信するために市販されていました。
専用受信機の内部トリマを交換して調整することで、福井県立大学アマチュア流星電波観測研究会による福井HRO(53.755MHz)のビーコン電波を受信できるようになります。

●改造依頼
 下記に問い合わせ願います。

●内部トリマの調整方法
 改造時は53.755MHzになっていますので、福井HROを受信する場合は、そのままで使用できます。
 53.750MHzに変更するのには、下記の手順となります。
1.改造後の専用受信機の外蓋を外して、基盤上の赤色トリマ(改造前は白色トリマ)と黄色トリマを確認します。
2.下左図の「左ドットに注目」を確認して、赤色トリマを下右図のように反時計回り(左回り)に左ドットをセンター指標に合わせるように回します(注)。
3.HROFFTによるHRO画像でエコーを確認するが、しばらくしてもエコーが確認できなければ少しだけ(5°)前後に回して、再度確認します。回し過ぎると、HRO画面から外れます。
4.黄色トリマは30°で約200Hzの変化をするので、エコーがHRO画面に入っていたら、黄色トリマを左右に回して希望の周波数に移動します。例えば、 HRO画像で700Hzにエコーがあった場合に900Hzへ移動するのには、黄色トリマを反時計回りに約30°回します。下記の環境温度と着信周波数の関係を参考として、希望の周波数に移動します。

   


☆ 問合せ

 掲載の内容についてのお問合せ・ご意見は、杉本弘文 まで



トップページ  ライブ  流星速報  観測結果  HROのZHR法  観測システム  VOR観測  自己紹介  花の素顔