香港巴士鐵路旅遊協會 HONG KONG PUBLIC TRANSPORT TOURISM ASSOCIATION
鉄路電車へ戻るトップページへ
輕鐵線 LRT/Light Rail Transit
鐵路電車 Tram 路面電車 MTR 香港鐵路 AEL 機場快線 城際(中国直通) オクトパス
Westrail 西鐵線 Eastrail 東鐵線 馬鞍山線 LRT 輕鐵
.
LRT軽便鉄路、元朗
 LRTとはLight Rail Transitの略語で、日本語で言えば新しいタイプの路面電車とでもなるのだろうか。路面つまり道路上と鉄道専用軌道を組み合わせて使用し、電車は1両か2両編成で適度に速く走る。そんなのりものだ。

 永く交通の不便だった新界西北部にLRTができたのは1988年。香港中心部と途切れた飛び地のような鉄道路線だったが、2003年に九廣西鐵(当時、現西鐵線)が開通して香港交通ネットワークに組み込まれ、LRTの運行路線も変化した。
元朗市街地を走るLRT。これは2両編成

輕鐵LRTの運転パターン、2008.1  LRTは新界西部の大きな住宅地区である、元朗、天水圍、屯門を相互に結び付けている。それぞれの地域内には短い間隔で停留所があるが、塘尾村〜兆康の間は駅間が長く、いかにも新界らしい風景の中を走る。

運賃(2010年6月以降の情報)
普通の片道
 1回毎に払う場合は、収費區と呼ばれる運賃ゾーンの組み合わせで運賃が決まる。
 1〜2ゾーン内 HK$4.0
 3ゾーン     HK$5.0
 4〜5ゾーン   HK$6.0

オクトパス
 オクトパスで払うと、普通運賃より刻みが細かくなり、利用区間の駅数によって決まる。3駅までならHK$3.8、最大の22駅以上でHK$5.9。

ボーナス
 LRTに一定期間内(2011.3現在は6日間)に乗車した運賃累積額がHK$30に達すると、次回乗車分でHK$3が引かれる。
705と706は同じ経路の循環線。
706が時計回り705が反時計回りです。
上図は2008.1現在の運転パターンです。
定期券
 かつてLRTは香港にしては例外的に定期券が充実していたのですが、最近はなくなったようです。西鐵線の1日フリー券(全日票)や1月定期(全月票)に含まれてしまいます。 

乗継割引

 オクトパスを使って輕鐵と西鐵を乗り継ぐと、割引が受けられます。
LRT路線は複雑ですが、全路線合計で約36km、駅が68個あります。

 LRTには車掌はいないし駅員もほとんどいない。路面電車だから改札口も無い。のりばのホームには切符の自動販売機とオクトパスの感知器があるだけ。

 ということは、その気になれば無賃乗車は簡単。でも、検札などで切符を持っていないかオクトパスで乗車していないことが判ると、罰金が科せられる。罰金は50倍(大人最高額の50倍だからHK$300!)にもなるので、本気で無賃乗車はしない方がいい。

            トップページへ  鐵路 電車のトップページへ

当協会ホームページの文章、データ、写真、地図、イラストなどすべての内容は当協会もしくは内容提供者の権利に帰属します。いかなる方法であっても無許可の転用、利用、引用を禁止します。 All parts of this website may NOT be reproduced in any form without written permission of HKPTA.
Copyright(C)Hong Kong Public Transport Tourism Association
香港巴士鐵路旅遊協會
All rights reserved. 版權所有