例会紹介ページへ

第439回2023年7月例会

俳優座劇場プロデュース公演


 
 作  ロベール・トマ

 訳  小田島恒志・小田島則子

 演出 松本祐子

 出演 石母田史郎(青年座)・原  康義(文学座)・加藤  忍(グランドスラム)・清水明彦(文学座)

    里村孝雄(フリー)・上原奈美(東京乾電池)

あらすじ】

   アルプス山脈が一望できるリゾート地、シャモニー郊外。

   新妻のエリザベートが旅先の山荘から失踪してしまう。

   警察の捜査でも手がかりは無く、憔悴する夫のダニエル。

   数日後、近隣の神父がエリザベートを連れ帰るのだが、

   それは会ったこともない女だった・・・・。

   正体不明の神父とエリザベート、混乱する警部・・・・、追い込まれていくダニエル。

   果たして真実は誰が語っているのか!?

【解 説】

  「検察側の証人」「夜の来訪者」「真実の行方」等推理サスペンス劇に定評のある

  俳優座劇場プロデュース。

  フランソワ・オゾン監督の映画「8人の女たち」の原作者としても注目された。

  ロベール・トマの代表作「罠」を2018年に上演、話題を呼び絶賛されました。

  山荘という密室で、総ての者がだまし絵の中に迷い込み「罠」にかかります。

  謎が謎を呼び、状況は二転三転しながら衝撃のラストシーンへ。