春には、桜の花と、菜の花が咲き乱れ、新入の小学生がランドセルを背負い校門を潜って行く、
夏には、入道雲がわき上がり、海には海水浴の人でにぎあう、蛍が飛び交い、風鈴の音が心地よい
    秋には、稲穂が頭をたれ、山々は紅葉で色ずき、山のふもとに一筋の煙が立ち昇る、
冬には、木枯らしが吹き荒び、山々は雪で覆われる、鶯が囀り、梅が咲き始めればやがて春となる。
 春夏秋冬は毎年繰り返すが、我々人間は、一つずつ年を重ねていきます。また、毎年々、世の中は
              変化を遂げながら、歴史はつくられていきます。
    このページは、私が彫った木版画による、年賀状と、その年の出来事を掲載しています。

下のボタンをクリックして下さい。