愛のマークの色紙とシール・地蔵菩薩 愛の会
愛のマーク
 愛の会のマークは自然界に存在する物質とエネルギーのイメージの姿を表現したマークですが
中心の赤丸が気のエネルギーそして6つの星形は魂の姿その周りの2つの輪の内側が慈愛の輪と外側の
輪が慈悲の輪になっています。
略図の場合輪が1つになります
霊障及び霊感に敏感な方のお守りとして配布しております。
 愛の会の描いたマークはオーラ(強い気)を発していますそのオーラは霊感のある方だとすぐに確認できる
そのオーラを発しているマークをシールやカードやパネルにして皆さんにお渡ししています。希望の方はお
申し込み下さい

・霊感体質の方のお守り・家の特に霊を強く感じる場所に貼ると悪い霊から守ります、

・愛車などのハンドルや車体の適当な場所に貼ると事故から貴方を守ります大きい事故にならずに小さくし
てくれます。
 愛の会に面談に来た人に全員パワーカードをプレゼントしていますがその方達から報告があり、身体の硬
い人がシールを持つと身体が柔らかくなったり、頭痛がしていた人がしなくなったり、痛い部分にシールを貼
ると痛みが感じなくなったり、霊感が鋭い人は特に身体の不調があるのでその予防にパワーカードを持ち歩
いていらっしゃいます。

 家の玄関や台所客間など出入りするところや鬼門などにも有効です。そして車の各所に貼ると霊の魔よけ
になるので車をお持ちの方にお勧めしています。
愛パワーカードの簡単なテストの方法
身体の柔軟テスト
初めはカード持たずに起立の姿勢から前屈をして手が足下の床にどのくらい付く事が出来るか確認します。
同じようにして今度はカードを手の平に持ち親指でカードが落ちないように押さえて前屈をして下さい、初め
の時より変化があるはずです。初めより前屈が出来る人はまだ気力に余裕があるので心配いりません。問
題は前屈が出来なくなった方です、その場合はかなり無理して体力も気力も落ちているはずです無理せず
に心と体をいたわって下さい。
パワーカードと愛シールセット
家に貼る時は床の間の目立たないところにシールをお張り下さい
のマークのパネルは家の鬼門や玄関の上部にお張りください。
台所のコーナーの上部にお張り下さい
勝手口のドアの上部にお張り下さい
愛のシールを車に貼る時の場所
車に貼る場合
フロントバンパーの下側の角。
リヤバンパーの下側の角。
注・シールやカードは霊障を遮りあなたを守ります。
病気疾病事故などに対して一切のお約束をするモノではありません。
シール10枚セット見本
シールセット内容 3000円
カード 1枚とシール10枚 送料込み
 

写真は愛のマークの色紙セット


色紙に手書きの愛のマーク 1枚
愛のシール10枚
愛のカード  1枚
送料込み 代金 1万円税別
このシールの制作は
世界ラベルコンテスト最優秀賞2009年受賞
世界1位になった会社で制作されています
シールセットのご注文方法
ご希望の方は電話で申し込み下さい
発送は2週間ほどかかります。
貴方の住所と氏名とシール希望と。
ご注文はお一人様2セットまでにさせて頂きます
お断り・色紙の愛のマークはすべて手書きのため仕上がりに
バラツキや色のにじみがあるかもしれませんが
効果に違いはありませんのでご了承の上お求めください。
霊障及び霊感に敏感な方のお守りでございます。

支払い法は
面談の場合はその場で相談が終わり次第現金払いになります。
電話相談の方は3日以内に指定の銀行に振り込みお願いします
振込先 銀行
銀行名   肥後銀行 支店名   近見支店
口座番号  19944
名義    本村正勝 モトムラマサカツ

人生相談・摩耶卑弥呼ご紹介  
人生相談・摩耶卑弥呼ご紹介  
メール
メール


お知らせ
愛の会ご案内  ・霊視人生相談
人間関係及び個人的な悩みがあり人に相談できないなど悩みに困っている方
一度ご相談下さいプライバシーは守りますご安心下さい。
おたずねしてみませんかお電話でご予約頂くと後は愛京子にお任せ下さい。 
宗教や団体とは一切関係有りません。
30年の実績と経験と信用を頂いています安心してお電話下さ
TBS系テレビ全国放送に4年連続出演しています。
99パーセント的中・RKKテレビ週刊山崎くん出演
愛の会
霊視人生相談 愛 京子  
電話 096−358−0865
愛京子の専用相談受付時間・料金ご案内
熊本市南区南高江 1丁目14−113



時間が無い方やネットで気軽に運勢を
知りたい方はコンテンツにどうぞ
愛京子占いコンテンツ
■※戦慄的中!※【憑物降ろし】
身代り人形浄霊◆憑依霊能者・愛京子



・愛京子が悩み苦しんでいる皆さんの心の救いになることをせつに願って
愛の会の考え方を解釈した文章です。
このページの文章は仏教とは一切関係有りません。

地蔵菩薩・魂の世界=母性本能の世界=真実の愛する心

社会的弱者といわれる立場の弱い人たちのことを指します
しかし人間的に弱いとか甘えている人たちを同じ目線で考えているのではありません
体に障害がある人や特に女性と子供の人格を大切に守ることを主にしています。

地蔵菩薩とは。
人の世話好き、隣近所とのお付き合いと言うより人の難儀を見捨てる事が出来ない人。

子供からお年寄りまで人の面倒をいやがらずについつい手を貸して気づいたときには即
行動している人。

特に子供が大好き損得勘定をせずに広い心で受け入れてしまう人。

世界中で唯一自分の全てを受け入れてくれる「お袋さん」
いくつになっても死ぬまで頭が上がらない母親の全て。

最も努迫力は汚い、きつい、危険、をモノともしない行動力と精神力。

世界の誰よりも全てを許し貴方を守り愛してくれる人が人の姿をした地蔵菩薩つまり貴
方の母親そのものが地蔵菩薩の真実の姿です。



日本では地蔵菩薩は「じぞうぼさつ」と読み、無仏の時代の救済者とされる。お地蔵様と
して全国各地の路傍にたたずむため知名度も高い。

サンスクリットでは「クシティガルバ」で「クシティ」が「大地」、「ガルバ」が「母胎(蔵)」を
意味する。

釈迦如来が入滅してから、未来仏である弥勒菩薩が如来として現れるまでの「無仏の時
代」に、六道での輪廻を繰り返しながら苦しむ人々を教化して救済することが務めとされ
ている。

『地蔵菩薩本願経』によれば、かつてインドに2人の国王がおり、1人は「一日も早く如来
になって人々を救いたい」と願を立てたのに対し、もう1人は「苦しんでいる人々を救って
から如来になりたい」と願を立てたとある。

前者は一切智成如来(いっさいちじょうにょらい)となり、後者が地蔵菩薩になったとされ
る。このことからも地蔵菩薩には利他行の考えがみてとれ、人々を思いやる心が無限と
いわれる由縁が伺える。


自分の手を汚さず何事も人任せ人のせいにして己の責任逃れにたけている現代のエリ
ートには一番感心のない世界である。

地蔵菩薩は最も弱い立場の人々を最優先で救済する菩薩であることから、古来より絶
大な信仰の対象となった「ウィッキーペデア・フリー百科事典」以下文章

自らの意志で人の身のまま地獄に落ち、すべての苦悩とさ迷い続ける魂を救おうとした。それ
が地蔵菩薩である。地蔵菩薩の霊験は膨大にあり、人々の罪業を滅し成仏させるとか、苦悩
する人々の身代わりになって救済する。



全ての信仰を否定するモノではありません
誰でもどんな時でも信じるモノや信仰は自由であるべきだと思います。
                      日本における地蔵信仰
日本においては、浄土信仰が普及した平安時代以降、極楽浄土に往生の叶わない衆生は、
必ず地獄へ堕ちるものという信仰が強まり、地蔵に対して、地獄における責め苦からの救済を
欣求するようになった。


地獄の苦しい生活から愛している人を守りたい、どんなことをしても救くいたいとがんば
っている人のお手伝いと社会的に弱い立場の人を守り救う事。

地蔵菩薩 (じぞうぼさつ)、サンスクリット語クシティ・ガルバ( [kSiti gharbha])は、仏教
の信仰対象である菩薩の一尊。

愛の会の解釈
クシティは「大地」、母なる大地 全てを受け入れる大きくて広い心の世界
大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包み
込み、救う所から名付けられたとされるまさに母性そのものの世界。

ガルバは「胎内」「子宮」の意味 
男では絶対出来ない生命を生み出す能力を持っている女性の肉体
傷つき弱った魂を癒し再生し生きる力を与える
子宮の存在は女性のみであり「愛の会」は地蔵菩薩は母親の象徴だと確信しています。

真の愛する心とは地蔵菩薩の心そして「母性本能」の世界、
「本来の地蔵菩薩は男社会の宗教から発生した考え方です結果として地蔵菩薩は男性
なのですが愛の会はその考え方には男社会の勝手な思いこみのような気が致します。

その最も近い心を持っている存在として私たちの母親の心の中にあると思われますその
根拠は子供を産み育てる作業の中で母親が子供に対する心は強烈に強いのです。

母親は時として自分の命と引き替えに全く迷うことなく子供の命を守る行動を取る事が
普通にあります。

父親は生まれた子供に障害があると判り逃げ出す男性がいる事も有りますが母親が逃
げ出す話はあまり聞きません。

そのような母親と父親の違いが様々な生活の中で違いが有りますから地蔵菩薩のモデ
ルは母親である女性の方が自然であると愛の会は考えています。」

あくまでも例外があるので完全に男性女性と決めつける事は出来ませんがより強い傾向
可能性を考えた結果女性が相応しいと愛の会では説明致します。

意訳して「地蔵」と言う
仏教では受け入れできない女性の世界が現実にはもっとも癒される母性の力であり命を
生み出す肉体を持った存在です。

大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包み
込み、救う所から名付けられたとされる。
子宮の存在は女性のみであり愛の会は地蔵菩薩は母親の化身だと確信しています。
心が広く己に自信ある大人の男性の存在も否定しません。

一般的に、親しみを込めて「お地蔵さん」、「お地蔵様」と呼ばれる。

六体のお地蔵様が並ぶ姿を「六地蔵」と呼び、地蔵菩薩が姿を変えながら六道を巡り、
その先々で説法をしている様子をあらわしているとされる。
六道と一般的な呼称や持物は以下のように決められている。
死んだ後に地蔵菩薩を見ることで、持物などの特徴から自分が何道にいるかがわかる
とされるものである。

六道 経典による呼称1 経典による呼称2 持物(印相)

天道 大堅固地蔵 だいけんごじぞう 日光地蔵 にっこうじぞう 経巻

人道 大清淨地蔵 だいしょうじょうじぞう 除蓋障地蔵 じょがいしょうじぞう 施無畏印

修羅道 清淨無垢地蔵 しょうじょうむくじぞう 持地地蔵 じちじぞう 梵篋

畜生道 大光明地蔵 だいこうみょうじぞう 宝印地蔵 ほういんじぞう 如意宝珠

餓鬼道 大徳清淨地蔵 だいとくしょうじょうじぞう 宝珠地蔵 ほうじゅじぞう 与願印

地獄道 大定智悲地蔵 だいじょうちひじぞう 檀陀地蔵 だんだじぞう 錫杖

この文章はあくまで信仰上の出来事であって現実的ではありませんが本当に人生に生
きずまっている「地獄に生きている」人たちの生活は下記のようなことを期待するしかな
いのです。

功徳利益
地蔵菩薩本願経には、二十八種利益と七種利益が説かれている。

地蔵菩薩は、菩薩としては珍しく僧形のものが多い。また、左手に宝珠、右手に錫杖を
持った立像が多く、これは六道を巡る様子を示しているとされる。

ただし、曼荼羅などでは、宝冠をかぶって瓔珞を付けた地蔵菩薩が、蓮華座の上で結跏
趺坐している姿も見られる。

賽の河原で獄卒に責められる子供を地蔵菩薩が守るという民間信仰もあり子供や水子の供
養でも地蔵信仰を集めた。関西では地蔵盆は子供の祭りとして扱われる。

一般的には「子供の守り神」として信じられており、よく子供が喜ぶお菓子が供えられて
いますが

 観音力 
=真実を観る。
こだわり「こうあるべきだ」の心を捨て無の心で相手を観察する心大切にする心の目で
真実を観ることである。

現実を勇気をもって受け入れ冷静に観察し問題解決の方法 を冷静に速やかに考え行
動することである。

=真実の声を聞く。
「心の世界の思い」人の思いを聞くには、まず自分の欲をすて、相手の言い分を充分に
聞き取る事から始まる。 聞き取ることで自然に本当の事かウソを言っているか相手の
心の声を聞くことが出来る。

=疲れた心に生きる力を与る。

己を信じ、相手を信じたときお互いの心が一つになり奇跡が起きる。運命を変える力、
観音力が心の底から湧き出して不可能を可能に変える。

愛の会の観音力
霊視能力で運命の危機を事前に察知する予知能力
過去現在の状態からその人の考え方問題の対応を解析し
問題の本質と処理の方法を指導いたします。

地蔵菩薩=母親が無条件で我が子を受け入れる
  無条件で抱きしめる姿を言う。

愛する心とは母性本能の世界究極の愛の世界である。

宗教宗派とは一切関係ありません




愛の会ご案内  ・霊視人生相談
占い、霊視人生相談・愛京子

全国放送のテレビ番組世界恐怖シリーズに4回連続出演。
RKK熊本テレビ放送やTKUのファイブチャンネルなどに出演しています。

当たるカリスマ占い霊能師、愛の会愛京子

怖いくらい良く当たる占い師・RKKテレビ週刊山崎くん出演

人間関係及び個人的な悩みがあり人に相談できないなど悩みに困っている方
一度ご相談下さいプライバシーは守りますご安心下さい。
私立探偵より遙かに短時間そして低料金で相手の性格や行動ギャンブルや男女関係そして仕事金銭問題
など広く霊視「占いとして」情報をダイレクトにお伝えできます。

おたずねしてみませんかお電話でご予約頂くと後は愛京子にお任せ下さい。 
宗教や団体とは一切関係有りません。
30年の実績と経験と信用を頂いています安心してお電話下さい
TBS系テレビ全国放送に4年連続出演しています。

愛の会
霊視人生相談 愛 京子  
予約専用電話 096−358−0865
熊本市南区南高江 1丁目14−113
愛京子の専用相談受付時間・料金ご案内
愛の会専用駐車場が5台分用意してあります。

時間が無い方や気軽に運勢を知りたい方はインターネットのコンテンツにどうぞ
愛京子占いコンテンツ
■※戦慄的中!※【憑物降ろし】
身代り人形浄霊◆憑依霊能者・愛京子




トップへ
トップへ
戻る
戻る