神戸市兵庫区,司法書士加藤守男事務所。神戸市兵庫区 北区 西区 中央区 長田区 須磨区在住の方は、ひとりで悩まず御相談下さい。まずは,じっくりとお話をお聴きします。法律登記相談,不動産登記,家事調停審判申立書,民事調停申立書,訴状作成等の裁判所への提出書類作成,提出代行,審理進行サポート,簡易裁判所管轄事件の訴訟代理,裁判外の和解交渉,その他交渉指導同行調査等で,あなたをサポートをします。当事務所は,紹介等は不要です。法律登記相談では,じっくりと時間をかけて,あなたのお話,言い分をお聴きし、対処法その他アドバイスを行ないます。報酬や費用が不安なときは,事前にお問合せ下さい。御相談内容は,秘密厳守ですので,安心して御相談下さい。
【所在地】 神戸市兵庫区菊水町6丁目3−11
近隣施設 松本医院・みなと銀行夢野支店・夢野2丁目バス停近く
登記申請全般 裁判事務(民事・家事)
  (兵庫県司法書士会 神戸支部所属)
登 録 番 号   兵庫第1166号
簡裁訴訟代理認定番号 第114016号

司法書士 加藤守男

司法書士加藤守男事務所


クリック
電話相談 初回お問い合わせ 新規御依頼
電話受付 平日:午後1時15分〜午後5時まで


*面談相談・新規御依頼は、事前予約制(電話予約)です。

当事務所 取扱可能な地域と管轄
【以下地域に在住の方】
神戸市兵庫区・長田区・須磨区・中央区・北区



取扱業務一覧
   *『手続の進め方』『疑問点』『分からない点等その他』*
                丁寧な御説明・アドバイスなどもいたします。


不動産登記
*相続(単独相続/遺産分割協議による相続/遺言に基づく相続)
『複雑な事情の案件』『協議成立の見込みが困難な案件』等々も含む。
*贈与
(夫婦間/親子間)
*財産分与
(夫婦間)
*売買
(不動産仲介の決済・個人売買の決済/立会)
*その他名義変更
(変更更正 抹消)
(例)登記申請代理 附属関連書類作成 必要書類取寄せ 立会 その他
民事紛争事件
*民事訴訟・各種申立(原告・被告・申立人)
 ・金銭に関する紛争・問題解決 
 ・面談相談〜裁判所に提出する書類の作成等

(注)簡易裁判所認定司法書士の業務範囲はこちら。(民事紛争の代理権)
家事紛争事件
*家事調停・審判申立(申立人・相手方)
 ・遺産分割/相続手続上、必要な申立・紛争解決
 (相続放棄申述申立 遺産分割調停 遺産に関する紛争等)
 ・夫婦間/親子間/親族間 の紛争・問題解決
 ・面談相談〜家庭裁判所に提出する書類の作成等
相談業務
*法律・登記に関する御相談対応(面談対応)
☆『どう対処すれば良いのか分からない?』
☆『現在の状況が、どうであるのか知りたい。対処法を知りたい。』

☆『じっくりとあなたのお話を伺い、分かり易く御説明等いたします。』
 ≪迷っておられる方 悩んでおられる方 向け≫

(1)不動産の名義変更に関わる相談事項・手続内容
(2)民事紛争の解決手続に関する相談
(3)家事紛争の解決手続に関する相談
受任時の確認事項 『依頼者の皆様の本人確認及び意思確認』が、必要です。
報酬・実費




(注)
取扱業務により
実費は異なります。
(報酬)受任事件の難易度に応じて異なります。

☆報酬の公平性の観点から、一律ではありません。
☆詳しくは、お問い合わせください。

*(複雑性の有無)「諸事情・事実関係・状況」
*(紛争性の有無)「当事者及び利害関係人」との関係性
*(受任期間の差)「受任〜終了」までの期間


(実費:手続に必要不可欠なもの)
*「印紙代」+「郵券」
*「添付書類の取得費用」
*「処理過程上、必要な支出」(予納金その他)
→案件の状況に応じて、必要な支出は異なります。




事務所所在地・周辺地図



簡易裁判所訴訟代理認定司法書士とは
 【 登記から裁判事務まで 】

 
裁判所(家庭裁判所を含む)に提出する書類の作成・提出

・訴状、答弁書、他申立書の作成(左記書類に添付する必要書類取得を含む)
・民事・家事事件

 
民事紛争の相談・裁判外の和解について代理すること(注)

・簡易裁判所の管轄に属する事件について相談を受け、交渉代理すること。
・簡易裁判所管轄事件の民事事件


 
簡易裁判所における訴訟代理又は調停代理(注)


・簡易裁判所での審理において、代理人として出席し審理に臨むこと。
簡易裁判所管轄事件の民事事件



 登記申請・供託の代理

・登記/供託に関する事務処理を代理すること。
 必要書類の作成、添付書類の取得代理、提出を含む。
 登記申請書作成〜提出 完了までの手続全般


 上記事務について相談に応じること


・登記法律相談(個別・継続)
  個別相談〜1回単位の相談対応
  継続相談〜数か月単位の相談対応

(注)
簡裁代理認定司法書士は、上記についての業務取扱を認められた司法書士を指します。

(注)未認定司法書士は、上記を受任することができません。
(注)簡易裁判所の訴訟手続に関するもの
(注)裁判所法第33条第1項第1号規定の額を超えないもの(
140万円




・神戸市役所
・日本司法書士会連合会
・兵庫県司法書士会