TOPページへ 写真集目次へ 管理人の素顔へ 撮影日記―目次ページへ お役立ちリンク集へ サイトマップへ
2019年11〜12月 へ戻る
第59回 富士フィルムフォトコンテスト 次へ



撮影日記

2020/1・2

1/1(木)
年賀状、めっちゃかわいい!


友人から届いた年賀状。


かわいい!


かわいすぎ!


参りました。


負けました。


フリーの画像なのかもしれませんが、ゴールデンハムスター(ノーマル)が、めちゃくちゃかわいい。


今年は我が家のハムスターを年賀状に使って、自画自賛していたのに・・・。


完敗。



1/6(月)
封筒3つ手にして


郵便物3通を手にして窓口にて、


これは、簡易書留。


これはゆうパケット。


これは、普通郵便でお願いします。



細かいことが気になる私。



内訳は、富士フィルム宛「簡易書留」


JPS宛「ゆうパケット」


フォトコン宛「普通郵便」です。



1/6(月)
第45回JPS展に応募


単写真1枚・組写真2組の計3作品をJPS展に送りました。


幸運の女神が訪れますように。



1/6(月)
『フォトコン』に応募


フォトコン4月号に写真を5枚送りました。


審査員は、ハービー山口氏です。


神様、たまには微笑んで。



1/6(月)
ゆうパケット


A4サイズの写真を郵送する際、条件さえ整えば、「ゆうパケット」を利用しています。


ゆうパケットはあまり広報されていませんが、送料も安く、追跡サービス(問い合わせ番号)が付いています。


郵便局で手にすることができる料金表(A3版、両面印刷)には掲載されていません。



1/16(木)
堀内カラー名古屋支店、閉鎖


久しぶりに東山動物園へでかけました。


そこで耳にした衝撃的なニュース。


堀内カラー名古屋支店が昨年末をもって閉鎖されたそうです。


支店で働いていた皆さんは、今どこに?


転勤?


転職?



1/29(水)
コートールド美術館展
NEW

マネの「フォリー=ベルジュールのバー」(1882年)が貸し出されました。


バーのカウンターに立つ女性を描いたこの絵は、多くの人がどこかで目にした事があります。


「コートールド美術館展」で展示されているセザンヌ、ルノワール、モネなどの絵画は、親しみやすい作品でした。


昨年、観た「カラバッジョ展」(バロック美術・16世紀末〜)とは異なります。


印象派やポスト印象派の作品は、明治時代ごろに描かれているので、私たちの感覚に近いのかもしれません。



1/29(水)
日本絵画 evolution! SEVEN ARTISTS 展
NEW

個性


こだわり


7名の作家がそれぞれの表現を追求しています。


現代日本絵画の最前線を行く若手だそうです。



1/29(水)
プリンター
NEW

ヨドバシカメラさんで、エプソンプリンターのカタログを貰ってきました。



1/30(木)
『フォトコン』はい、落選!- その4
NEW

日本写真企画から、自由写真部門へ応募した写真が返ってきました。


全滅です。


選者はハービー山口氏でした。



応募と全滅を繰り返すこの作業、ダメージが大きく、気分が停滞するだけのような気がします。



2/13(木)
岸田劉生展 - 麗子微笑
NEW

「没後90年記念・岸田劉生展」を観て来ました。


岸田劉生(1891-1929)は愛娘、麗子をモチーフにした油彩・水彩・デッサンなどを多く描いています。


中でも、美術館で観ることができる油彩は、私たちが麗子像に持っている「暗いイメージ」とは少し異なります。



麗子像は、明るい絵ではありません。


しかし、絵の背景が暗いのは、着物や肩掛けの朱や黄色を引き立たせるためなのかもしれません。


絞り染めや毛糸の色や質感は、実物でなければ伝わりません。



  ――――――――



・麗子微笑(重要文化財・東京国立博物館所蔵)
  絵の具を厚く塗り、質感を表現した毛糸の肩掛けがみごと。
  2月16日まで展示


・麗子坐像(ポーラ美術館所蔵)
  絞り染めの凹凸が美しい。


・二人の麗子図(泉屋博古館所蔵)
  麗子の鹿の子絞りの着物の朱、右の子供の着物の赤と黄が華やか。


・童女舞姿(大原美術館所蔵)
  鹿の子絞りの着物が美しい。



2019年11〜12月 へ戻る
第59回 富士フィルムフォトコンテスト 次へ

TOPページへ 写真集目次へ 管理人の素顔へ 撮影日記―目次ページへ お役立ちリンク集へ サイトマップへ