* * top * * * contents * * * what's new? * *

今後の予定&近況報告


■今後の予定(随時追加)


▲以下、サークル《恋人と時限爆弾》が参加する、同人誌イベント・発行物、その他Nariharaが関わる仕事の予定です。

●今後参加予定の即売会

イベントの詳細や新刊予定は、参加案内が届くこと等で随時更新されます。イベント直前にも定期的に確認していただければ幸いです。

●2019年12月7日(土):ちょこっとブックカフェ(天神チクモクビル1階レンタルカフェ)→8月にちょこっと文芸福岡で参加した折本『強行突破』が、再度展示されました。

●2020年3月1日(日):大人百合中心同人誌即売会「2OL《expo》」(リロの会議室Comfort新宿)→新刊が出せたらと思っています。

●2020年5月6日(水・祝):第三十回文学フリマ東京(東京流通センター第一展示場)→参加申し込み済み。新刊は百合系の作品集か、評論系の予定です。

●2020年5月31日(日):第四回静岡文学マルシェ(MIRAIEリアン・コミュニティホール七間町1Fホール)今回もポストカードギャザリングで参加予定です。

●2020年11月1日(日):Text-Revolutions10(都立産業貿易センター台東館)→参加予定。ですが繁忙期なので新刊は不明です。

●その他の創作イベント、文学フリマあまぶんText-Revolutions、戦国オンリーイベント等を中心に、順次、イベント参加(直参・委託もあり)の予定です。
なお、コミケにつきましては、日程的な事情もあり、今後は参加を見合わせる予定です。

イベントの詳細や新刊予定等は、参加案内が届くこと等で、随時更新されます。どのイベントも抽選漏れの可能性も考えられますので、イベント直前にも確認していただければ幸いです。

イベントに参加できない方は、通販もご利用ください。

架空ストアさんで、近刊を通販しています。
また、【STORES.JP】https://lltw.stores.jp/さん、
【BASE】https://narisama.thebase.in/さんでの販売点数を増やしています。あわせてご利用下さい。
また、boothでの通販も可能です。 BL作品は、フロマージュさんでの通販が可能です。


●発行物などのお知らせ

●ガールズラブミステリ『ラヴレター』、電子書籍化しています。
KDP版『ラヴレター』、5月から発売中です。Kindleのアプリがあれば冒頭の試し読みもできます。よろしかったらご覧ください。

●『美少年興信所』シリーズ、電子書籍化しています。
最初の2冊の総集編が電子書籍になっています。購入、試し読みは こちらから。 直接飛ぶ方は、こちらから。『美少年興信所』『美少年興信所2~所長の逆襲~』

●KDPで、電子書籍版『彼の名はA』電子書籍版『神の名を呼べ』他、展開中です。キンドル、タブレット端末、スマートフォン、PCなどで読めます。無料アプリも充実していますので、よろしかったら。

パトリシア・ハイスミスの初期傑作を紹介する『キャロル~知られざるハイスミス~』。ハイスミスの私小説的色合いの濃い長編ですが、作品の意義や背景などをまとめて、ハンディな形で読めるようにしました。

BCCKSで『キャロル』再版中です。電子書籍版ですが、紙版も注文できます。
翻訳が河出書房新社より出ましたので、現在、一部を改訂した解説本になっています。

●fujossyで「ひとりゐ」公開しています。
fujossyさんで、「ひとりゐ」のオリジナルバージョンを公開しています。立ち読みは こちら
今後も何かアップしていこうと思います。

●ストリエで「ひとりゐ」公開しています。
ストリエさんで、「ひとりゐ」のオリジナルバージョンを公開しています。立ち読みは こちら

●『ソロモンの指輪』『それから』などは、架空ストアさんでも販売中です。
架空ストアさんでは、以下の作品リストからご利用くださいませ。
https://store.retro-biz.com/list_o475.html

『水晶の舟』、KDPでも発売中です。
「あなたの知らなかった、欲望がある――」 運命の人に出会ってしまった、デラの運命は?
津原泰水先生解説つきの幻想小説です。

* BCCKSから電子書籍版+文庫版購入可能です→『水晶の舟』
* e-STARBOOKSでも購入できます。
e-STARBOOKS 『水晶の舟』

*パブーで無料公開している作品があります。
『彼の名はA』や、『美少年興信所』 『ひとりゐ』『墓には何と名を刻む』 『るすばんこまち』など、すべて無料です。ぜひご覧下さい。

●2008年初夏発売、アメリカのNew Victoria PUBLISHERSで出版された文学アンソロジー『SPARKLING RAIN』に、拙作「THE PINK DRINK」が収録されています。詳細はこちら→【Sparkling Rain】Amazon America
この本は、2009年ゴールデン・クラウン文学賞、ベスト・アンソロジー賞を受賞しています。

●2005年7月、『セックス・チェンジズ――トランスジェンダーの政治学』パトリック・カリフィア他(作品社)が出ました。性転換・TS・TGについての論文集で、この中に収録されているTS論文「帝国の逆襲――ポスト・トランスセクシュアル宣言」(サンディ・ストーン著)の共訳者として、“鳴原あきら”名で参加しています。ポスト構造主義の論文として、また、いわゆる「男性性」「女性性」の存在に疑問を抱く人にも興味深い一文ではないかと思います。通販ページに詳細がありますので、そちらから購入していただけますと幸いです。

●2004年11月発行『女性学年報vol.25』に、Nariharaの論文「『天使な小生意気』~ある少年漫画における「ジェンダー」表現の解体~」が掲載されています(“鳴原あきら”名義)。また、23号には論文「幻の“ままの”朱い実~石井桃子の自伝的【カムアウト】小説を読みとく~」掲載。ご購入に関しては、通販ページをご覧下さい。

●幻想文学アンソロジー『血の12幻想』(講談社文庫)に、Nariharaの短編「お母さん」(“鳴原あきら”名義)が収録されています。現在もアマゾン(Amazon.co.jp)等で購入可能です。目次ページ、通販ページのリンクなどからお求め下さい。2000年にエニックスより出た本に加筆訂正したものです。千街氏の書き下ろし解説は必見。


■近況報告(12月分;不定期更新)


●ごあいさつ。

皆様、お元気ですか?
はじめての方ははじめまして、Narihara Akiraと申します。よろしくお見知りおきのほどを。
ここは日記より、さらにランダムなおしゃべりのコーナーです。報告というより個人的な記録を不定期に書いていくものです。時間と好奇心のある方のみ、おつきあい下さい。



●12月8日、Club eX Christmas Live 2019 DEPAPEPE@品川プリンスホテルに行ってきました。

17:00~19:10の2時間公演(ディナー抜きで)でした。

ドリンクの選択肢がぐっと減ってましたね。ここにも増税的なアレが押し寄せてきてるんですかね。「クリスマスはやっぱり☆DEPAPEPE」っていうキャッチフレーズが飾ってありましたが、来年もあるのかな。

*当日の服装

三浦さん、赤い、腿までぐらいの長いシャツ、黒のパンツ、模様入りの赤い靴下、黒のコンバース(クラリーノ?)。ギターは恐竜ギター。
徳岡さん、白い丸首Tシャツの上に紺のケーブルニットベスト。シャツもベストも大きすぎて、左肩がしょっちゅう出ていました(もうすぐ遠山の金さんが諸肌脱いじゃうぞ、ぐらいのレベルで肩が八割方むき出しになっていた時も)。

今回のサポートバンメンは、キーボードがノッチさん、ベースがコンちゃんこと、紺野光弘さん、パーカッションがノッチさん。

*セットリスト

1)White Christmas からの 星の数だけ願いは届く
2)UNION
3)diary
4)Happy Birthday
5)Quarrel
6)新曲(仕上げ前の四拍子バージョン)
7)Snow Dance
8)All I Want For Chirstmas is you(マライア・キャリーのキーで三浦さんが途中和訳混じりで歌う)
9)Swingin' Happy X'mas
10)シュプール
11)旅立ちの日
12)Love Letter
13)gentle breeze
14)DUNK
15)バタフライ
16)START

encore

ONE

*MC(ふんわりで部分的です、正確性は求めないで下さい。捏造してたらごめんんさい。バンドメンバーは楽器のイニシャルで書いてます)

1)White Christmas からの 星の数だけ願いは届く
2)UNION

三浦さん(以下M) ハイどーもDEPAPEPEです、Club eX Christmas Liveへようこそ! 毎年恒例になってきまして、センターステージ360度にも慣れてきました。後ろの方にも振り向きますので、今日はよろしくお願いします。
徳岡さん(以下T) よろしくお願いします。お尻側の人むきますね。
M お尻でリズムとってたりするので恥ずかしいんですよ。
T 髪型が面白いからそっちに目が行くと思いますよ、お尻より。
M 面白いって、時期的にあってるでしょう。
T 可愛いイメージになった。痩せたしな。
M ダイエット成功させましたし。ありがとうございます。
T 色気もうまれて。恒例のClub eXですが。
M 初めての方もいらっしゃると思いますので、バンドメンバーの紹介をしたいと思います。On Guitar&リーダー、徳岡慶也! 一番に紹介しました。
T こっち向いて座りますね(向きを変えて段に座る)
M 二曲やってみましたが、他のメンバーも紹介しますね。二人組なんですがバンメンもいます。Onキーボード、ノッチ! Onベース、紺野光弘、コンちゃん! Onパーカッション、もノッチ! いつもバンドスタイルの時にお願いしてる皆さんです。そして副リーダー、三浦拓也です、よろしくお願いします。……そろそろ今年も終わりますね。アルバムの準備をしたりライブしたり思い出がたくさんあります。皆さんの2019年はどうでしたか。人それぞれに思い出があって心のダイアリーがあると思います、次は僕たちのそういう曲を、オープンハートで……向かい合って演奏しなくて大丈夫ですか? それではdiaryという曲を……カウントだけ下さい。
T 1,2,3,4!

3)diary(徳岡さんのEVOが薄闇で光っていました)

M ありがとうございます、diaryでした。目をあわせなくても心が一つだから演奏できましたね。
T できるもんだね。
M DEPAPEPEも15周年で、慣れた曲ですからね。徳岡さんと呼吸があってる。目を見なくても。
T はは。ノッチの前もいいかな(紺野さんの前に移動)。
M 僕はどこに移動しましょうか、ノッチさんの前?
T 三浦君のお尻側の人が……。
M 15周年ですが、今日のクリスマスライブ、12月の大事な一日を僕たちのためにひねり出してくださってありがとうございます。心のダイアリーに今日という日が記されますように、ありがとうございます。クリスマスライブで、世間はクリスマスモードですが、12月がお誕生日だとクリスマスが近くて祝ってもらえない方のために、今からHappy birthdayという曲をやりたいと思います。お誕生日が今日の方、はいらっしゃらない……前の日、次の日、今月、みたいにひろげていきましょうか。いなければ今年。
T 今年あかんやろ、ここにいる全員や。
M 今日は12月8日、日曜日……いますか……? いない。じゃあ、この3日以内で……言うの忘れてましたが、この曲、年齢をききますからね。年の数だけフレーズを弾くので。そちらの方。48歳。おお、いいですね、フレーズ弾くこと考えると……そちらの方は54? どれぐらい弾くか忘れちゃう。上の方は。25? 体力的に25ぐらいの方がいいですね。痛っ、歯が(マイクに)当たりました。そちらの男性は。42? T 俺と同じ年やね。おめでとうございます。
M あちらの方は。50。じゃあ54でやりたいと思います。ちょっとたくさんいすぎて、いつもは、その年の数のところでそれぞれ声をかけて合図するんですけど、今日は54、最後しかやりません。数を数えながらやるんで、自分の呼吸が持つかそこまでどうかもわからない。久しぶりにやるんでね……54ね、54。それでは12月ぶんの誕生日を祝って!

4)Happy Birthday

M おめでとうございます! 酸欠でちょっとクラクラします。皆さん、すばらしい拍手でした。

5)Quarrel

M Happy BirthdayからQuarrelでした。楽しいですけど、自分は酸欠です。
T Happy BirthdayからQuarrelは、やめといた方がいいかもね。
M ありがとうございます。嬉しいです。今日はプリンスホテルで、ちょっと何をするか考えたんですが、何かしたい。それで、皆さんにクリスマスプレゼントって事で新曲を。本当の新曲です。
T このバージョンでやるのは本当に今日で最初で最後かも。いま四拍子なんですけど、たぶん三拍子にする。
M クリスマスライブ限定で。もったいない。
T こっちの方が雰囲気よくない?(拍子を変えて弾く)。四拍子、今あんまり聞かない。
M えー、そっか、美しい曲ですよね。四拍子みおさめなんて惜しい。それではクリスマスに。タイトルはありません。

6)新曲(仕上げ前の四拍子バージョン)

M ありがとうございます、これニュアンスのある曲ですね。
T もったいない気もするけど、まだ自分らで詰められると思って。もうちょっといい感じにしたいので、楽しみにしておいてください。
M クリスマスプレゼントもお送りしたところで、DEPAPEPEの冬の曲を、雰囲気にあう曲を。毎年、この時期でないとやれない。インディーズの頃からやってる曲ですが、このライブでやりたいと思います。綺麗な雪を皆さんの心に降らせます。Snow Dance! 笑ったらあかん。徳岡さん怒る?
T 恩着せがましい、ちょっと。俺が同じ事いったら、嫌われる。
M 嫌われませんよ。
T あかんやろ。

7)Snow Dance

M 綺麗な雪が降りましたでしょうか。さて、クリスマスライブということで、えー、インストでありながらこのクリスマスライブでは、このハンドマイクを持ってるあたりが。初めて見た方は意味がわからないと思いますが、ここはチケット代に含まれません。
T これコーナーになってた(笑)。三浦くんが歌いますが、その人のキーで歌うのがウリです。前にロマンスの神様を原曲キーで歌ってます。
M 白い恋人達も、B'zのいつかのメリークリスマスも。今年は洋楽です。上手い人が歌うものでは。
T これノイズみたいな。
M 僕の歌はその、織り込まないでください。あと途中が早口すぎて歌えないところがあって、そこは勝手に日本語の歌詞をつくりました、僕なりのいいわけを。世界的歌姫の曲を。
T 初めてですよね。
M 今日は名前を言えない。
T イントロでわかるやろ。リハの時、仕上げてきたってゆうてたやん。
M 楽しくて嘘をつきました。ハードルあげないでください。

8)All I Want For Chirstmas is you(マライア・キャリーのキーで三浦さんが途中和訳混じりで歌う)

歌詞カードを片手に、ステージを練り歩き、自分の訳詞まじりで歌う三浦さん。「街の明かりが綺麗♪ 子ども達の声が溢れてる♪ 何も要らない♪ サンタ連れてこいおまえ♪ ただ欲しいのは一人だけ 一人だけなの♪」
M それではDEPAPEPEのクリスマスソングも。

9)Swingin' Happy X'mas

M どうもありがとうございます、冬の曲をもう一曲、シュプール!

10)シュプール

M ありがとうございます。DEPAPEPEの曲をお送りしました。
T マライア・キャリーが忘れられないな。早口なところ聞き取れなかったんだけどなんていってたの。
M 英語が早すぎて歌えないんですよ。それでサンタ連れてこいおまえ、サンタ連れてこいおまえって言ってました。
T それはオリジナル?
M ざっくりですけど意味はあってます。
T 来年は今回よりも?
M もう歌うのやめましょうか。

会場から「えー!」

M 歌ってもいいんでしょうか、ありがとうございます。歌うのは好きなんですけど、僕のキーにあう曲がいいです。女性の歌はちょっと。
T よせて歌ってたやん。
M 皆さんに喜んでもらえることをやってみたいと思います。今年はアルバムやツアーで日々忙しかったんですが、それも一つの旅、そう結論しました。

11)旅立ちの日(ラララ~)
12)Love Letter

M もう一曲、新曲を。

13)gentle breeze

M 徳岡さんの曲です、僕が仮タイトルをつけてます、gentle breeze。こっからはノンストップで行きます。

14)DUNK
15)バタフライ
16)START

M みんなありがとう! 今日はありがとうございました。

encore

(バンメン再紹介。Kノッチさんは一瞬、本名を呼ばれた?)

M アンコールありがとうございます。えー、ほんとにClub eXが恒例になって、プリンスホテルでのライブができて、最終的には洋楽まで歌うという。楽しくクリスマスライブできるのも、みにきてくださる皆さんのかげです。クリスマス月間、まだ最初の一週間ですが、楽しかったです、ありがとう。あち、ツアーグッズとか持ってきてますので、Tシャツとか、あと小さな袋、サコッシュっていうらしいんですが。
T 小さなフクロ。
M 怒られちゃった。これが今の流行、ナウいっていうんですかね。……ドン引きされました。僕もそんな年齢に……。来年15周年なんですが、5月10日に東京ドームシティホールでワンマンライブをやります。ファンクラブ先行はもう終わってますが、今日からオフィシャル先行でチケット予約が始まりますので、この機会にお求めください。
T みんな忙しいけど、次のドームはコンちゃんも来てくれるのかな。
B さあ。
T 怖いから。それだけやっとられんしね。
M 僕はぜんぜん呼ばれませんね。
T 売り込むスタイル? 三浦くん、要る人いる? ノッチさんとかホント忙しいので、捕まえるの難しいんですよ。今、三代目 J SOUL BROTHERSとかやってるんで。
P いや、よんでください。
T じゃあ今年もう一回。
P いやそれはちょっと。
T 今年もあと少しですけど。
M すでに予定でいっぱいですよね。
T あげるで、三浦くん。
M 僕が扱いにくいと思われるじゃないですか。こういう場面であわせてケミストリーがあると思うんですよ、皆さんと同じレベルでないかもしれないけど、いい演奏にしたいと思います。
T 下手ではないけどね。もうちょっと、アルバム、待ってくださいね、早めのクリスマスですけどありがとうございました。
M それではそういう皆さんと一緒に。

ONE

M メリークリスマス、ありがとうございました。Onキーボード、ノッチ! Onベース、紺野光弘、コンちゃん! Onパーカッション、ノッチ! 徳岡慶也&三浦拓也、僕らDEPAPEPEでした、メリークリスマス!
T もしかしてよいお年を? 僕らはもうちょっとライブがありますが、また来て下さい。


●11月24日、第二十九回文学フリマ東京@東京流通センター第一展示場に参加しました。

第二十九回文学フリマ東京、【ケ-25】で直参しました。新刊はバンドミステリ『石の指』でしたので、ミステリでスペースをとりました。また、美少年興信所スピンオフとして、突発新刊『最後の挨拶』も頒布しました。野間みつね様がテキレボで頒布予定だった、鈍器フェスティバルのマップ、吉田ひな子さんの新しいフリーペーパーも少しだけ頒布しました。
10月のテキレボが台風で流れてしまったこと、それから今回、いつも参加される方があまり来られていなかったこと、朝、ちょっとトラブルがあってバタバタしていてお渡しできなかったものがあったことなどから、売り上げ的には控えめでしたが、「この本を下さい」と名指しで買って下さったリピーターの方も多く、本当にありがたく思います。次のイベントも文学フリマ東京の予定ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


●ペーパーウェル03に参加しています。

ペーパーウェルhttps://twitter.com/n_paperwell さんのネットプリント企画に参加します。
10月、ぽけレボでネットプリントに登録した「不要の羽」を、少し手直ししてアップします。大幅な修正はありませんので、すでにお持ちの方は、そのままで……。
もともと、この企画のために書いていたお話ですので(ペーパーウェル03も、配信ももっと早いうちに行われる予定でした)、本来的な参加というか……。
モーメントで他の作品も見られます。


●『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』、みてきました。

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ、話題になっていたのと、隣町の映画館でやっているというので、電車に飛び乗って見てきました。
内容的にはいわゆる「いい」映画で、一時間ぐらいなので気軽に見られるのもポイント高いです。泣かせもありますしね……すみっコぐらしを知らない人、好きじゃない人は最初からみにいかない映画だと思うので、これはこれでいいかな、と。離れていても、お互いの幸せを願っているよ、というお話なので、みて不愉快になる人はいないでしょう……。イノッチの突っ込みも楽しいですし。
映画館でみてよかったな、と思ったのは……子ども達が、アクションの要所要所ですごく反応してるんですよ。この子達には届いてるんだな、感情移入ができてるんだなっていうのが伝わってきて……いいトシのおばちゃんはそこまでびっくりしないし歓声もあげないんだよっていう……。
個人的には、「みにくいアヒルの子」パロディーのところが楽しかったかな……。
キャラクターがお好きな方は、パンフレットを買ってもいいと思います。ペーパークラフトがついていて、切り離して遊べます。彼らの大冒険を再現してみてはいかがでしょうか……。
しかし私、本当に映画館で実写映画をみてないな……ほぼアニメなんですよね……いや、ゴジラと名探偵ピカチュウがあったか……。


●11月2日、DEPAPEPE Autumn Live Tour 2019@東京・品川インターシティホールに行ってきました。

18:00~20:15の2時間公演でした。

*当日の服装

三浦さん、白いTシャツの上にワッフル生地系の赤いカットソーを重ねて。パンツは紺、靴下は黒、靴は黒のクラリーノ? 髪はばっちり立ち上げて。恐竜ギター。
徳岡さん、白いH&Sと書かれたTシャツの上にサーモンピンクのカーディガン(アンコールでは脱いでました)、黒のパンツ、靴下も靴も黒。

今回のバンメンは、キーボードがノッチさん、ベースが紺野光弘さん、パーカッションが、くわG (桑迫 陽一)さん。

*セットリスト

1)「もみじ」からの「Color」
2) Night and Day
3) sunny
4) Letter from the Forest
5) Light of Hope
6) Reflection

2人だけで

7) 悲愴
8) Wedding Bell
9) 水曜どうでしょうのOPとED「1/6の夢旅人」(樋口了一さん了承済)

バンメン戻ってきて

10)桜の頃(新曲)
11) Love Letter(新曲)
12) 夕焼けサイクリング

13) START
14) FLOW
15) KATANA
16) S.E.L
17) ONE

encore

1) gentle breeze(新曲・仮タイトル)
2) シュプール

*MC(ふんわりで部分的です、正確性は求めないで下さい。今回は特に自信がありません)

1)もみじ からの Color
2) Night and Day

ハイどーもDEPAPEPEぺぺです。今日はよろしくお願いします。キーボード、ノッチ!

3) sunny

三浦(以下M)のっけからフーフー言われて気持ちがいい、ギター弾いててよかったです。今日の髪型、決まってるでしょう。プロの仕事です。

バンメン紹介。ノッチさん、こんちゃん、くわGさんの順。

M くわGさんとはBillboardで一緒にやりましたけど、バンドは初めてですね。そしてリーダー、徳岡慶也!
早い物でもう11月ですよ。
徳岡(以下T)あ、どうも。汗かいてて目に入っててよく見えない。今日の三浦くんはビジュアル系っぽい。痩せたんですもんね。
M 8キロ痩せました
T 髪型が映えるね。顔もパンパンだったもんな。
M デビュー後1年たったぐらいの体重に戻りました。
T よかったね。
M 来年十五周年で、当時は22歳でまだ子どもだったから……もう大人?
T めっきり色気のでた三浦です。
投げキスする三浦さん。
M 黄色い悲鳴。
T 悲鳴じゃ……。
M 恥ずかしい。

M さて、秋の色がいろんなものからきます。森から……れたーふろむざ……
T (あまりに雑な曲紹介に)もう一回やりましょうか。
M やりなおします。いろんな手紙があります。人から来る手紙森からくる手紙……

4) Letter from the Forest
5) Light of Hope

M 2曲続けてお送りしました。初めての人は全部新曲と思ってくださいね。
バンド構成なので、二人では出来ない曲でリフレクションをやりたい。
乱反射っていう意味ですが、音楽が絡み合って……をお楽しみください。

6) Reflection

2人で

M  Reflectionでした、ここから二人だけの世界で。
T 食欲の秋とか。音楽の秋とか。
M 徳岡さんも食べてるんですよね?
T 食べても太ってこないんだ。三浦は何ダイエットだっけ、十何時間かあけるやつ?
M 18時間あけるんです。でも、寝てる時間も含めていいんですよ。
T ふびんやね。
M (体重)キープしますよ。徳岡さんも一度太ってみたらいいんですよ。可愛いかも(まばらな拍手)
カバーをやってみたいと思います、今日はクラシックを。
ベートーベンさんの悲愴。悲しいにこざとへんにクラみたいな字。でしたよね?
T ……そやね。

7) 悲愴
8) Wedding Bell

M ベートーベンさんの悲愴、ウェディングベルでした。
T ベートーベンさんて……。クラシックは著作権が切れてるのでアレンジが自由にできる、ソロやフレーズを足したり出来る。14年もやってきたんであうんの呼吸というか。
もう一曲というか二曲。僕は水曜どうでしょう大好き、大泉さんの大ファンなんですが、そのオープニングとエンディングをやってみたいと思います。OPは本当はスライドギターじゃなくて、打ち込みの音なんですけど、近いニュアンスでやってみたいと思います(とボトルネックを指にはめる)
M 用意できましたか。
ごちゃごちゃ合いの手を入れて曲に入るのを邪魔する徳岡さん。
M (だから曲に入るの)今でしょ?
OP終えて

M どうでしょうキャラバンとか参加してたんですが、イベントでやるとすごく受けて、ロックバンドみたいな盛り上がり方する。
T 藩士の人らが盛り上がるので、俺らが人気あるって勘違いする 俺らの力じゃない そしてEDの素敵な曲。樋口さんの曲は参考にさせてもらってます。1/6の夢旅人2001。樋口さんの曲は素敵で、僕らも何かとパクってた。
M パクるっていわないでください、リスペクトぐらいで。影響ってうけるものでしょう?
9) 水曜どうでしょうのOPとED「1/6の夢旅人」(樋口了一さん了承済)

三人戻ってきて。

M 意図的なアレ。一般の人がきいたらひく。
T 今回のオータムツアーですが、リリースあってのツアーのはずだったんですが、新曲が間に合わなくて。CDが出せなくて申し訳ない。アルバムの予定だったんですけど、会場は2年前ぐらいからおさえるので……今回は謝罪行脚です。
M みなさんと逢いたかったんですよ。それに作品をつくらなくても、でて大丈夫。フェスとか、いろいろ出たんで。
数曲、アルバム用の曲も書いてるんでやりますね。その1。桜の頃。桜の匂いを嗅いでください
T かぐってなに? やりなおし。
M フレーバーじゃだめですか 春の日だまり? 間違えました

10)桜の頃(新曲)

M 新曲その2。これはもう配信してる奴で、拍手入れて、音楽でイチャイチャする曲です。ギターとバンドネオンの三浦一馬さんとやってます。今日はその部分は、ノッチさんが演ってくれます。

11) Love Letter(新曲)
12) 夕焼けサイクリング

M 少しですが新曲もやりました、リリースまでお待ちください。こっからはなつかしい曲を。ご安心ください、大ヒットチューンオンパレードです。

13) START
14) FLOW(ソロあり)
15) KATANA
16) S.E.L(いつもの拍手で)
17) ONE(会場がひとつに)

encore

M 今回もツアーグッズあります、このTシャツ。素晴らしい。普段づかいできるさりげなさ。
T そこまでさりげなくもない。僕は着たくない。三浦って名前でも書いとけばいいじゃん。
M グッズとCDを持ってきてるので、買って下さった方にサイン会しますので、よろしくお願いします。義援金ピックもあります、新しい災害が起きていて 助けられるところから助けたいと思います。いくらでもいいので、ご協力よろしくお願いいたします。
もう一つ告知が。全世界でいち早く解禁。2020年5月、十五周年やります。
T あっという間。長かったね、最初の五年と十年以降は速度が違う。
M 十五年は十周年からあっという間で、体感が早いですね。来年の5/10、東京ドームシティでやります。
T うれしいですね。メジャーデビュー15周年で。
M これから オリンピックイヤーに15周年です。本日から予約開始です。会場が広いので、ぜひ皆さんお越し下さい。帰りにチラシが配られると思いますので。

あらためてバンメン紹介。

M それではもう一曲新曲を。風を受けてるイメージであったかい、やさしい風のイメージ。
T 三浦君が仮タイトルつけてるんですけど、これ最終的につかないと思います。ジェントルブリーズっていう……やさしいかぜって、意味はあってるけど、日本語のジェントルってジェントルマンの響きがあって、おじさんの風みたい……加齢臭……。
M ジェントルマンはおっさんじゃないですよ。
T ひきずられる。ひげそりのCMみたい。
M いいじゃないですか。匂いってかわりますかね?
T もう加齢臭でてますかね、42ですよ
M 僕はでてますかね。かいでみます?
T いや。この距離(三浦さんがこっちに近づいてくるのも)くるのもいや。
M イチャイチャしちゃってすみません。それではさわやかな風……。
1) gentle breeze(新曲・仮タイトル)

M それでは、今回はオータムツアーなんですけど、11月なので冬のうつりかわりということで冬の曲を。シュプール。

2) シュプール

改めてバンメン紹介。で終了。

ライブはいい雰囲気で楽しかったですし、ツアー告知でシメでよかったです。今回の品川インターシティ、500円ドリンクはスミノフ推しでしたね……いやいまお酒飲めないからあれだけども……。

義援金ピックはツアーグッズと一緒に、会場前にも寄付できたらよかったな、とちょっと思いました。

あと、今回、全席自由だったんですけども(おかげで番号が後半でもだいぶ前で見られたんですが)、並ばせ方がめちゃくちゃ大雑把で(100人まとめてって初めてみたぞ)、通路が大混雑して困りました。何のために自由にしたんだろう……。インターシティホールってトイレが中にしかないので(うんと手前の別のホールにちょっとだけあるけど、催し物がないと暗くて本気で怖いです)、ああいう並ばせ方はどうかなあと思いました。なんで指定席にしなかったんだろう?


●8月25日、第二回ちょこっと文芸福岡@天神チクモクビル、折本フェアで委託参加しました。

第二回ちょこっと文芸福岡、今回も折本フェアで委託参加しました。「強行突破」というほんのりした社会人百合です。ネットプリントでもアップしたところ、たくさんの方にプリントしていただけました。ありがとうございます。
今回の提出作品は、12月7日に行われるカフェ展示「ちょこっとブックカフェ」http://chocottobc.mystrikingly.com/ にも参加します。ありがたいことですね。
なお、折本データは創作少女のページにアップ済みですので、ご覧下さい。
「強行突破」


●2018年10月28日、第四回文学フリマ福岡で初頒布された『気軽な懺悔』に参加しました。

第四回文学フリマ福岡で頒布された、アイラさん主催アンソロジー『気軽な懺悔』に、百合短編「やさしいひと」を寄稿しています。これは総勢18名からなる豪華な懺悔アンソロで、アイラさんの作者紹介(アイラさんの創作)もウリなので、お手にとった方はそのあたりも楽しんでいただけましたら嬉しいです。なお、収録作品は2020年になりましたら、再録しようと考えています。
主催:アイラさんのBOOTH
気軽な懺悔twitter


●2018年9月9日、文学フリマ大阪で出たアンソロ『さよなら、おやすみ、またあした』に参加しました。

第六回文学フリマ大阪で発行された『さよなら、おやすみ、またあした』(【午前三時の音楽】https://c.bunfree.net/p/osaka06/11349)に参加しました。短編「リリアン」を寄稿しました。何もかも失った13歳の少女の前に現れたのは、血のつながらない美しい叔母だった。それから十年の月日がたち――ガールズラブです。寝る前のひとときのお供に。BOOTHでも購入可能です。→午前三時の本棚『さよなら、おやすみ、またあした』 イベント頒布も各所であるようですので、お近くの方は是非!
なお、収録作品の再録許可をいただきましたので、某所にあげようと思っております。
主催:高梨來さんtwitter


●以上、近況報告でした。来年もライブの感想(ふんわり気味で)や、イベント報告などを書いていく予定です。
このページに限らず、サイト全体の感想や、発行物の感想など、掲示板やメール、web拍手等でいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。


《目次》へ戻る


copyright 2019
Narihara Akira
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Narisama/