子どもが病気で入院、家族の宿泊はどこに? 

遠くの病院に入院する事になった時

(横浜市港南区芹が谷)
 横浜市内の医療機関で高度先進医療を受けるために入院される子どもとそのご家族に日常生活ができるような設備を整え、病院近くに我が家のように安心して滞在できる生活の場所を1999年から提供しております。困難な病気に向かうご家族が病院近くで、家族同士が情報交換されながら過ごされます。 こども医療センターのご家族は基本的には「リラのいえ」が優先です。

*医療機関は限定していません。
 

≪よこはまハウス提供者≫ただ今、リンクされておりません

ふる〜い車・庭・旅など  ブログにて多少掲載中です。  


花王株式会社様よりご寄付 平成29年09月

この度もたくさんの洗剤・ボディソープ・オムツ.をご寄付頂きました

 日常欠かす事のできない品物ばかりで大変助かっております。
お母様方へご案内いたしますと、大きな企業さんってすごいんですね!と、
感謝のお言葉を頂戴しております。ありがとうございました。 
ご利用中のお母様より、メッツセージを花王株式会社様へお届けさせて頂きました。
滞在が長期に渡り、(7ヶ月)何かと諸雑費にもご負担があります。
(当ハウスは、滞在費の減額にてご負担をお手伝いさせて頂いております。)
 

リラのいえ」から  お陰様にて10年目を歩み始めました。

物品寄附のお願い⇒炊飯器ありがとうございました。

ご報告(お礼):
お陰様にて5合炊き炊飯器のご寄付がございました。
ほぼ、毎日利用させてただいております。ありがとうございました。 
この所、利用者の方も大変多く、朝晩にご飯を炊いております。
あわせて、秋田のS様、お米のご提供本当に助かっております。佐伯


物品寄附のお願い⇒トイレットペーパー・ティシュペーパー

昨年暮に横田基地の皆様より、たくさんの物品寄附がありまして先月まで
活用させていただき、大変助かりました。
上記消耗品(ご家庭の消耗品と同様な品目を使用)をいつでも受付ております。
施設の運営にお手伝いを頂ける方、どうぞ、よろしくお願いいたします。
施設長:佐伯 トシコ

ホームページ(http://www.lilanoie.jp)

 現場からできるだけ生の現況をお伝えしたいと思いまして
「リラのいえ」関連のホームページを開設しました。
作成はできるだけ経費のかからない方法を検討し、ボランティアで快く、
お受け頂きました。厚く御礼を申し上げます。 

 045-824-6014
lilanoie@lilac.plal


  「リラのいえ」の稼動情況を掲載中。
 増設に伴い、ボランティアさん募集中⇒お陰様にて10名の方々が
 スタートしております。 
 増設後4ヶ月経過し、尚利用のご希望が増え稼働率アップのため、
 ボランティアのお力添えが必要性です。
 ご希望の方はどうぞ、お問合せ下さい。
 週に3時間、お好きな時間のご提供をお待ちしております。
2017.8

   よこはまファミリーハウス

 

お問い合わせ・ご質問

よこはまファミリーハウス
〒233-0006
横浜市港南区芹が谷1-15-12
yokohama-family@mtg.biglobe.ne.jp←よこはまファミリーハウス
(045)822−2864 電話/ファックス共用
 090-7804-9422

このページ上へ


Since :2004-04-01
Update:2017-09-11

よこはまファミリーハウス

あなたは

人目の訪問者です。


このHPは財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン様からの助成により製作されました。ありがとうございました。