本文へスキップ

認定NPO法人ワンデーポート 

入所プログラム


 ワンデーポートはグループセラピー、個別相談を通じ、個々の問題背景に即した支援を提供する入所施設です。施設での生活では,自主性を重んじ、各利用者の尊厳を大切にしています。ワンデーポートのスタッフはギャンブルの問題から回復した経験を持っていますが個人の経験を利用者に押し付けることはしません。それぞれの人にあった解決策を一緒に考えたいと思っています。
 私たちは、より効果的な支援を提供するため、最善のプログラムを追求しています。2010年ころまでは、GA(ギャンブラーズ・アノニマス)への参加を基本としていましたが、今は一人ひとりの特性に合わせ生活全体の充実と安定させることで、ギャンブルやギャンブルに付随した問題の解決を図ってもらっています(GAへの参加は勧めていません)。

生活づくりステージ 
ワンデーポートに入所するとすべての人はここからはじまります。ギャンブルに依存している人は、規則正しい生活ができていない、食生活が乱れている、運動不足などの課題を抱えていることが少なくありません。
 決まった時間に起床して、日中はワンデーポートでグループセラピーや運動をしてもらい、規則正しい健全な生活に変えてもらうことが生活づくりステージの目的です。お金の使い方の練習、自分自身の振り返りなど、将来の生活を見据え、社会参加してもらいます。年齢や課題に即し、、一人ひとりのカリキュラムは違いがあります。
 
 生活づくりステージだけの利用も可能です。



社会参加ステージ
 生活づくりステージで規則正しい生活が安定し、体力がついたところで、就労に移行します。寮から仕事に行き、休みの日は生活づくりステージに準じた形で参加してもらいます。仕事はその人自身で探すこともあれば、ワンデーポートで就労支援を行うこともできます。また、すぐには仕事に就くのではなく、資格取得のための学校に行くこともできます。若い人には将来を見据えた就職の準備期間になります。社会参加ステージはおおよそ、1年〜2年です。


人生応援ステージ
 退所後も支援を受けることができます。生活全般の問題や、就労や家族との関係調整など困ったときは相談に応じています。仕事が休みの日には、レクリエーションに参加することもできます。金銭管理が苦手な人に対しては、希望があれば、長期的にかかわります。退所した人すべての人に関わりを続けるわけではありませんが、お手伝いすることがあれば、いつでも、どんなときでもスタッフは応援したいと思っています。



生活づくりステージ・社会参加ステージ一日の流れ

入所について    寮について
 電話で本人と家族にお話を伺い、入所日を決めます。入所にあたっては社会参加ステージの3ヶ月間の契約ができれば,ギャンブルをやめる気持ちがなくても利用は可能です(ただし、入所の3か月間はギャンブルをやらないという契約をしてもらいます)。
 生活づくりステージ+社会参加ステージトータルの入所期間は平均1年です。本人の希望により、2年まで延長できます。

利用費について
入所金(利用開始時のみ)   32,400円(消費税込み)
入寮費(寮費)        1ヶ月/50,000円
プログラム利用費     1ヶ月/54,000円(消費税込み) 

上記のほか食費等実費が必要です。上記の利用費を含めて1ヶ月19万円が目安です(はじめの一ヵ月は21万円。生活保護の方はご相談ください。
寮は3DKの物件に3人での共同生活(自主管理)となります。
通所・入寮に関してのご相談・お問い合わせは、毎日10時〜17時に受けつけています。
電話 045−303−2621 

認定NPO法人ワンデーポート

〒246-0013
横浜市瀬谷区相沢4-10-1

TEL 045-303-2621