何か。の略歴

里々 (さとり)/SATORIYA (Yet Another SATORI)

里々 について

作者:
櫛ヶ浜 やぎ 氏
配布元:
電気で動くうにゅう・廃屋の夏
Wiki:
里々Wiki
特記事項:
プログラムを再配布する際には、ライセンス文書も同梱すること
ライセンスの詳細については、同梱のライセンス文書 (satori_license.txt) を参照

SATORIYA について

作者:
整備班
作者 Web サイト:
整備班 -The Maintenance Shop-
プロジェクトサイト:
ponapalt/satoriya-shiori - GitHub
TIPS by レゴキチ 氏:
里々まとめ - 駄でべろぱの小ネタWiki
カスタムテンプレートゴースト「改造版ポストと狛犬」:
配布場所: ポストと狛犬 - 里々Wiki
特記事項:
ライセンスの詳細については、同梱のライセンス文書 (satori_license.txt) を参照

里々/SATORIYA 更新履歴

ページ 4 (2006-05-31 〜 2008-02-05)
Phase Date Memo
[ばぐとら改造版]
phase 124D
2006-05-31
  • C.Ponapalt 氏により、里々カスタム版テスト開始
  • (〜の存在)が誤動作することがある問題を修正
    • keroname が無いゴーストが 1 体でも FMO に存在すると発生
    • phase 124.fix001 での修正は含まれない
phase Mc124-901 2006-06-07
  • →○○:形式のコミュニケートが失敗することがある問題を修正
    • FMO に存在しないゴースト名が指定された場合に発生
phase Mc125-1 2006-06-10
  • phase Mc124-901 をビルドし直したもの
phase Mc126-1 2006-06-24
  • 何をしようが常に 204 No Content を返す機能追加
    • 「$今回は喋らない=有効」を設定する
    • 一度 SHIORI 呼び出しが来るごとに「無効」に戻る
  • お気に入りメニューの構築を高速化
  • 乱数生成エンジンを MT に積み替え
phase Mc126-2 2006-07-16
  • ランダム選択処理で落ちていた問題を修正
phase Mc126-3 2006-07-16
  • phase124.fix001 (by Phonohawk 氏) の修正箇所取り込み
phase Mc126-4 2006-07-18
  • とりあえずオリジナルの MT に戻した
phase Mc126-4 "Repack" 2006-08-12
  • さとりても Mc126-4 相当のソースでビルドし直して同梱
phase Mc127-1 2006-09-02
  • 重複回避ネタ (とりあえず直前だけは避けてみるテスト)
phase Mc127-2 2006-09-02
  • 摂理氏作成パッチの取り込み
phase Mc127-3 2006-09-09
  • OnRecommendsiteChoice イベントの処理変更
    • サイト名比較ではなく名前比較をするように
[整備班カスタム]
phase Mc128-1
2006-10-08
  • カスタム版の開発主体を整備班に移行
  • 呼び出し回数制限機能を実装
    • 無限呼び出しでスタックオーバーフローするのを防ぐ処理
    • デフォルトは 200 回で中断
  • SAORI 呼び出しで変なことが起こった場合の処理を少し改善
  • \h/\u がタグと関係ない部分も含めて全部 \0/\1 になる不具合修正
phase Mc128-2 2006-10-08
  • 里々が把握しているウィンドウハンドル値を取得可能に
phase Mc129-1 2006-12-19
  • 現在読み込まれている辞書内の単語や文の数を取得可能に
    • (単語「ほげほげ」の数)
    • (文「ほげほげ」の数)
  • セーブデータ暗号化機能を使えない場合があった問題を修正
phase Mc129-2 2006-12-29
  • セーブデータを一世代バックアップするように
    • satori_savebackup.txt (.sat) が増えました。
  • セーブデータの書き込みをより確実な方法に
phase Mc129-3 2007-01-01
  • アンダースコアつきの関数名に対応
phase Mc129-3
(差替版)
2007-01-04
  • ssu.dll でも MT を使うように
phase Mc130-1 2007-02-20
  • 見切れ状態でも OnTalk を呼ぶことができるように
    • 「$見切れてても喋る【タブ】有効」で
phase Mc130-2 2007-03-11
  • 代入処理が正しく行われないことのある問題を修正
    • 変数名に Shift_JIS で「=」と同じバイト列が含まれる場合
phase Mc130-3 2007-04-01
  • SAORI 呼び出しでエラーになった際の処理を変更
    • エラー原因だけでなく呼び出し名も表示するように
phase Mc131-1 2007-05-06
  • 返り値の先頭に強制的にスクリプトを付加する機能追加
    • 「$スクリプトの一番頭【タブ】スクリプト」で指定
    • \C を指定することで、バルーンに「追記」が可能 (SSPのみ)
    • 一度 SHIORI 呼び出しが来るごとに空に戻る
phase Mc132-1 2007-05-13
  • 乱数生成エンジンを SFMT に積み替え
  • (隣で起動しているゴースト)を修正
    • 候補に SSTP-Viewer, SSP のダミーエントリを含まないように
2007-05-xx
  • 整備班カスタムのリポジトリを Google Code に移管
phase Mc132-3 2007-05-20
  • 乱数生成エンジンを MT に差し戻す
  • S系システム変数の処理を改善
  • セーブデータ破損対策のため、回避コードを組み込み
phase Mc132-4 2007-05-22
  • (S0)(R0)などのシステム変数の処理をさらに改善
phase Mc133-1 2007-06-23
  • スクリプトの頭で必ずサーフェス戻しを実行できるように
    • $会話時サーフェス戻し=強制
  • 無限呼び出し検出処理を改善
phase Mc133-2 2007-07-08
  • システム変数の処理をもうちょっと改善
    • 範囲指定のない突き処理の互換問題含む
phase Mc133-3 2007-08-11
  • タイマーで呼び出された場所でタイマーをいじると落ちる問題を修正
phase Mc133-4 2007-08-26
  • セーブデータ読み込み時にエラーになる問題を暫定修正
    • 保存される変数の内容にカッコが含まれている場合
phase Mc134-901 2007-12-11
  • >や≫でのジャンプ回数制限を大幅緩和
    • 「呼び出し回数制限」は call 機能利用時のみに
    • 「ジャンプ回数制限」キーワード追加 (デフォルト 20000 回)
  • (バイト値、1)でバイト値 1 が簡単に得られるように
phase Mc134-902 2007-12-14
  • (H?)が動かなくなっていた問題を修正
    • phase Mc134-901 でのエンバグ
  • システム変数への代入処理が妙なことになっていた問題を修正
phase Mc135-1 2007-12-16
  • 単語の追加で入れた単語のみ削除可能に
    • (追加単語の削除、単語群名、単語)で指定した単語を削除
    • (追加単語の全削除、単語群名)で全てを削除
  • (単語群「」の数)の実行結果がおかしな数値になる問題を修正
  • (単語の追加、単語群名、単語)で落ちることがある問題を修正
    • あらかじめ単語群が存在していない場合に
phase Mc136-901 2007-12-22
  • コミュニケート時に名前をきちんと限定してエントリを探索する
  • 空エントリ=ランダムトークのジャンプでの不具合を修正
phase Mc136-902 2007-12-25
  • SAORI 読み出し部の改修版
phase Mc137-1 2007-12-31
  • ssu.dll 機能強化
    • han2zen/zen2han で変換タイプが指定可能に
phase Mc137-2 2008-01-01
  • (Aの数)(Rの数)(Sの数)実装
    • 間が抜けている場合は、最後の数+1
phase Mc138-901 2008-01-01
  • recommendsites / portalsites 系の改修
    • 4 行目以外も単純な括弧展開なら実行するように
    • 条件判断つきエントリをきちんと考慮するように
phase Mc139-1 2008-01-06
  • 括弧展開をちょっとだけ高速化
  • is_digit が符号つき数字を認識できない問題を修正
  • hira2kata/kata2hira が「ゎ」「ヮ」を認識できない問題を修正
phase Mc139-2 2008-01-14
  • 計算式括弧展開の互換性問題修正
  • サーフェス初期化処理がぶっこわれていた問題修正
phase Mc139-3 2008-01-20
  • 名前限定コミュニケート処理の細かな不具合を修正
phase Mc139-4 2008-02-03
  • コミュニケート送信をキャンセルできるように
    • 「$Value0【タブ】」で上書きする
  • (バイト値、1)が SecurityLevel 関係で蹴られる問題を修正
    • MATERIA 環境で発生する問題
phase Mc139-5 2008-02-05
  • 符号 1 文字でも「正しい数値文字列」と認識していた問題を修正

About this document

URI:
http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Enobml/sakura/satori4.html
著作権表示:
© 2001-2020 NOB