何か。の略歴

里々 (さとり)/SATORIYA (Yet Another SATORI)

里々 について

作者:
櫛ヶ浜 やぎ 氏
配布元:
電気で動くうにゅう・廃屋の夏
Wiki:
里々Wiki

SATORIYA について

作者:
整備班
作者 Web サイト:
整備班 -The Maintenance Shop-
プロジェクトサイト:
ponapalt/satoriya-shiori - GitHub
TIPS by レゴキチ 氏:
里々まとめ - 駄でべろぱの小ネタWiki
カスタムテンプレートゴースト「改造版ポストと狛犬」:
配布場所: ポストと狛犬 - 里々Wiki
特記事項:
ライセンスの詳細については、同梱のライセンス文書 (satori_license.txt) を参照

里々/SATORIYA 更新履歴

ページ 2 (2002-02-21 〜 2003-05-07)
Phase Date Memo
phase 66 2002-02-21
  • 各栞共通プラグイン規格「SAORI」に (ほぼ) 正式対応
  • 辞書リロードの直後、喋り間隔に関わらず喋る問題を修正
phase 67 2002-02-28
  • 全ランダムトークの上位イベント (*OnTalk) 追加
phase 68 2002-03-01
  • \0, \1, \n でも自動ウェイトを消化するように
  • 改行時のウェイトは改行前に消化するように
  • SakuraScript の引数内で()が展開されなくなっていた問題を修正
phase 69 2002-03-03
  • 一定時間ごとの自動発話が全く機能しなくなっていた問題を修正
phase 70 2002-03-04
  • \h, \u の扱いを \0, \1 と同等に
phase 71 2002-03-06
  • 存在しない閉じカッコを補完してしまう問題を修正
phase 72 2002-03-10
  • \h, \u の扱いを今度こそ \0, \1 と同等に
  • トーク検索方法を実用性方面へ改める
phase 73 2002-03-10
  • SAORI 呼び出し部分を修正
phase 74 2002-03-14
  • 撫で反応に関する設定変数を追加
  • スコープ切り替え時に関する設定変数を追加
    • $さくらスクリプトによるスコープ切り換え時
phase 75 2002-03-23
  • スコープ切り替え時の補助機能を \p[] でも使えるように
phase 76 2002-03-31
  • ssu.dll を同梱
    • 里々の補助を主目的とした複数の機能を持つ SAORI
    • 「人によっては全く使わなくて大丈夫」の極めつけ。
    • if.dll, substr.dll の同梱は中止
  • 会話テスタ「さとりて」、動作ビューア「れしば」同梱
  • ≫によるトーク検索ジャンプの動作を変更
    • 2 単語以上の*文だけを対象とするように
phase 77 2002-04-01
phase 78 2002-04-07
  • ハイパーリンク的機能の実装
    • "語" を "\_a[語]語\_a" に置き換えられるように
  • 予約中タイマの解除が可能に
  • タイマカウントを少しだけ精密に
phase 79 2002-04-08
  • "SAORI-universal" 呼び出し時に SecurityLevel: 付加
  • "SAORI-basic" の直接呼び出しが可能に
  • ≫による検索を AND 条件に
    • 対ユーザCOMMUNICATEは今まで通り。
  • TEACH が無効化されていた問題を修正
  • タイマが一瞬で終了する問題を修正
phase 80 2002-04-09
  • ≫による検索を今度こそ AND 条件に
  • TEACH が無効化されていた問題を今度こそ修正
  • "SAORI-basic" 直接呼び出しのセキュリティ強化
    • SecurityLevel: local がない場合は呼び出し禁止
phase 81 2002-04-10
phase 82 2002-04-12
  • SAORI 呼び出し時の区切りに全角の「、」「,」使用可
phase 83 2002-04-21
  • エスケープ記号として「φ」を採用
    • 主に「次の特殊記号を無効化する」目的で使用
  • カッコ内部での改行を全て無視するように
phase 84 2002-04-21
  • 行末のφエスケープを実装
    • その改行は無いものとして扱われます。
  • カッコ内での行頭タブ記号無視が効いていなかった問題を修正
phase 85 2002-04-28
  • \_a の自動挿入は SakuraScript の引数を対象としない
  • φによるエスケープを全ての文字に適用
  • 「無内容のスクリプトは無効化」を強化
  • 「行頭に$か>がある場合はreplace.txtの内容を反映しない」廃止
phase 86 2002-05-14
  • SHIORI/3.0 に対応
    • SHIORI/2.x には非対応
    • このバージョン以降materia571以前では動作しません。
  • SAORI/1.0 に対応
    • satori.dll を SAORI として使用可能
  • イベントを単語群でも定義できるように
phase 87 2002-05-15
  • replace 系が全く無効化していた問題を修正
phase 88 2002-05-20
  • セーブデータを暗号化して保存できるように
  • SAORI 呼び出し時の空文字列の扱いを正常化
phase 89 2002-05-24
  • SAORI 呼び出し時に引数の自動計算を制御可能に
  • 暗号化したセーブデータを読めていなかった問題を修正
phase 90 2002-06-15
  • MAKOTO/2.0 サーバとしても扱えるように
  • 全ての必須イベントを省略可能に
    • *OnWindowsStateRestore 省略時エラーの対処に合わせて
  • 「$文「〜〜」の重複回避」を設定可能に
  • 重複回避の方法をまっとうなものに改善
  • 次回喋るランダムトークを任意に予約可能に
  • 次回から数えて n 回目のランダムトークを任意に予約可能に
  • 予約したトークの取り消しを可能に (1 個ずつ/全ての両方)
  • *OnTalk に引数を追加
  • 下記の独自イベントを新規追加
    • *OnSatoriBoot, *OnSatoriClose, *OnSatoriUnload
phase 91 2002-06-24
  • (選択ID), (選択ラベル), (選択番号)が取得可能に
  • replace.txt, replace_after.txt 周りの不具合を修正
    • 「右辺が存在しない場合に左辺文字列を削除」が無効だった
phase 92 2002-06-24
  • (最終トークからの経過秒)を取得可能に
  • 「さとりて」の [×] ボタンの機能を「終了」に
  • replace.txt, replace_after.txt が無効化していた問題を修正
phase 93 2002-06-26
  • ネットワーク更新時、SAORI DLL の上書不可問題に暫定対処
  • \q で拡張パラメータを使った場合の不具合に対処
  • OnChoiceEnter での引数異常に対処
phase 94 2002-07-06
  • 無限ループに陥ることのある問題を修正
    • 候補が 1 つだけの単語群を 1 トーク中で 2 回呼び出す場合
  • (変数「〜〜」の存在)を取得可能に
  • 前回トーク終了時のサーフィスを取得可能に
phase 95 2002-07-06
  • 見切れ反応のマルチモニタ対応化
phase 96 2002-07-07
  • SAORI が 204 を返した時にエラーダイアログを出す問題を修正
phase 97 2002-07-09
  • 見切れ反応のマルチモニタ対応化 (再)
  • ヘッドラインセンス時の異常を修正
phase 98 2002-07-10
  • ヘッドラインセンス周りの不具合を修正
    • 読み上げた後の選択で、どれを選んでも正しく動作しない
phase 99 2002-07-11
  • Windows95 での起動不具合を修正したつもり
phase 100 2002-07-14
  • 数値だけの変数名を使用できないように
phase 101 2002-07-16
  • 見切れ反応のマルチモニタ対応化 (真)
phase 102 2002-08-01
  • 内部関数 set 実装
  • 見切れ反応のマルチモニタ対応化 (本)
phase 103 2002-08-04
  • 引数の無い SAORI 呼び出しが無効化していた問題を修正
  • SAORI 返り値の先頭の半角空白が消去される問題を修正
phase 104 2002-08-05
  • SAORI 返り値の先頭に余計な半角空白が付加される問題を修正
phase 105 2002-08-27
  • sync (トークと同期しての関数呼び出し) 実装
phase 106 2002-08-31
  • loop (簡易動的ループ) 実装
  • 辞書情報の変数を追加
  • 計算時、数値/文字列の判定を少しだけ賢く
  • SAORI 呼び出しの区切り記号にバイト値 1 を使用可能に
phase 107 2002-09-18
  • 「$自動セーブ間隔 秒数」 実装
  • 「$手動セーブ 実行」 実装
  • 「$文「トーク名」の重複回避」の不具合修正
    • 有効と無効の効果が逆転していた
phase 108 2002-09-29
  • 内部イベントにおける SAORI 呼び出し処理を変更
    • SecurityLevel が必要もないのに External だった
phase 109 2002-09-29
  • 内部イベント OnSatoriLoad を追加
  • 内部イベントで行末改行捨てが効いてなかった問題を修正
phase 110 2002-10-06
  • COMMUNICATE が MATERIA で機能しなかった状況に対処
  • スコープ切り替え時のスクリプト挿入を無効化できるように
phase 111 2002-11-09
  • 予約トーク関連の情報取得を追加
    • (予約トーク数)
    • (次から回目のトーク)
    • (トーク「〜〜」の予約有無)
phase 112 2002-11-18
  • 自動ウェイト挿入処理の問題を修正
    • 単語中のさくらスクリプト分の文字数も数えていた
phase 113 2003-02-16
  • OnMouseMove 等でメモリ使用量が増大する問題を修正
  • 単語参照時に空文字列を返すことがあった問題を修正
  • (乱数)で、の場合に必ず 1 を返す問題を修正
phase 114 2003-03-22
  • 変数を消せなくなっていた問題を修正
phase 115 2003-03-30
  • SSP/CROW で COMMUNICATE が動作しない問題を修正
  • 単語の出現頻度の偏りを多分修正
phase 116 2003-04-22
  • 3 人以上のキャラクターに対応 (SSP/CROW)
    • キャラクタ毎の設定ファイル (characters.ini) を使用
    • \p を直接使う場合は characters.ini は不要
  • トーク重複回避の細かい設定を追加
    • 作り直しました。でも過去互換性はあるはず。
    • 同名トーク及び単語群のそれぞれで方式、期間を指定
    • 方式は「無効/直前/有効/昇順/降順」のいずれか
    • 期間は「トーク中/起動中」のいずれか
    • 既定値は、文:無効、単語群:有効/トーク中
  • OnTranslate において以下の処理を無効化
    • 選択肢 (\q) の特殊処理
    • アンカー (\_a) の自動挿入
    • replace_after の適用
  • (remember,n)実装
    • 直前から数えて n 個目に喋ったスクリプトを取得
  • (単語の追加、単語群名単語)実装
  • フォルダ内の辞書読み込み順をアルファベット順に固定
  • sync を使うと Internal Server Error を出す問題を修正
  • 数値 -2147483648 を扱おうとすると不正落ちする問題を修正
phase 117 2003-04-23
  • 辞書リロードを行った以後のエラー/不正落ち問題を修正
  • 乱数周りの問題を修正
    • 意図しないマイナスの値が出ることがあった
    • 発生させる値の範囲が異常に狭かった
phase 118 2003-05-02
  • ゴースト「ウメムチさん」で使用
phase 119 2003-05-07
  • call (カッコによる呼び出し時、引数を渡す) 実装
  • デフォルトサーフェス周りが怪しかった問題を修正
  • (countParentheres)で不正落ちする問題を修正

About this document

URI:
http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Enobml/sakura/satori2.html
著作権表示:
© 2001-2020 NOB