真のホリスティック医学の基本的思想と「理論モデル」の確立

トータル的な人間観・身体観が、「真のホリスティック医学思想」の土台であり出発点

現代西洋医学の要素還元主義と唯物的な人間機械論に対して、医学の対象である人間を全体的・トータル的に理解しようとするのがホリスティック医学の一番の基本となります。すなわち、トータル的でホリスティックな「人間観・身体観」が、真のホリスティック医学思想の出発点となるのです。

ホリスティック医学では、トータル的でホリスティックな「人間観・身体観」を土台として“健康”と“病気”、また“治療”について考えます。ホリスティックな「人間観・身体観」に基づいて初めて、ホリスティックな「健康観・病気観」、そして「治療観」が成立することになります。この全体が「真のホリスティック医学思想」ということになります。

真のホリスティック医学思想

「真のホリスティック医学思想」の分野について――人間観・身体観・健康観・病気観・治療観

スピリチュアリズムによって明らかにされた「真のホリスティック医学思想」は、あらゆる点で画期的です。真のホリスティック医学思想は、これまでの地球上の科学や学問では決して知ることができなかった内容によって成立しています。真のホリスティック医学思想は、霊的事実に立った「人間観・身体観・健康観・病気観・治療観」から形成されています。

こうした医学思想の各分野についての知識が「霊的観点」から示されたことで、これまで地球上には存在しなかったトータル的でホリスティックな「人間観・身体観・健康観・病気観・治療観」が成立することになりました。そしてそれらをまとめて1つにしたものが「真のホリスティック医学思想」ということになります。

以下の章では、スピリチュアリズムによってもたらされた「真のホリスティック医学思想」について各分野別に紹介していきます。

次のページへ


Copyright(C)2004-2022 ホリスティック医学・健康学研究所. All Rights Reserved.