キーボードの部屋     2007年9月24日ページ公開 2012年4月3日更新    

Realforce 改造その6 テンキーレス軽荷重30g化編 + アルファ

自宅で使うキーボードは、ほとんどテンキーを使わないので、

NEC PC9801ES2を使ってた頃(1989〜)は、ASCIIのAskeyboard sono1を愛用。

その後、PC/AT互換機に乗り換え(1993〜)、フルキーボードCHICONY KB-9600を使ってたが、テンキーレスキーボードが欲しくなって日本橋をさまよって、"ふぁすとばっく"で見つけたのは富士通のふにゃふにゃラバードーム。

そのキータッチの不確かさに愕然として、さらにさまよって、"バスアンドタグテクノオフィス"で見つけたのは中古のIBM 5576-003

そのキータッチの重さと、テンキーを取り去っただけの純粋テンキーレスキーボードの少なさに絶望。

諦めて、その後はあれこれ取っ換え引っ換え。


変態詰込配列にせず、標準配列のままな純粋テンキーレスキーボードを正式ラインナップとしてる東プレはエライ!

というわけで、自分好みに改造することにしました。

Realforce 91UBK & Realforce 106S パッケージ

Realforce 91UBK & Realforce106S

Realforce 106S

Realforce 106S  2007年6月生産かな。 ちゃんと#。

Realforce 106S 裏

Realforce 106S ツメ。

竹ひごとかでツメを押してやるとすぐ外れる。 なのにしっかりした硬性感のキャビネット。

Realforce 106S 分解 裏蓋外し

Realforce 106S 中身

Realforce 106S シャーシ裏 


Realforce 91UBK  2007年2月生産かな。 まだ♯

Realforce 91UBK 裏 ゴム足2段

Realforce 91UBK 裏蓋外し

Realforce 91UBK 中身

Realforce 91UBK 中身裏 小さなサブ基板付

Realforce 91UBK シャーシ裏

Realforce 106S & Realforce 91UBK 中身

Realforce 91UBK & Realforce 106S 裏面 ネジたくさん

Realforce 106S & Realforce 91UBK 基板表面

ラバードームが貼り付いてる。

106Sの基板にはWinキー用パターンあり。

ラバードームは、昔の106は荷重ごとにパズルのような細切れだったけど、91UBKは荷重が違っても一体成型。

荷重によってラバードームの厚みを変えてあるのかな?

コイルバネは見た感じは荷重による違いは無し。

Realforce 91UBK & Realforce 106S 基板表面 ラバードームを外したところ。

どちらともガラスエポキシ両面基板みたい。

初期106は紙フェノール片面基板。

91UBK と 106Sは乗ってるICは同じじゃないのね。

テンキーレスでもLED付けられるも?と思ってたけど積んでる部品が違うと回路おっかけるのメンドクサイ。

Realforce 91UBK & Realforce106S ネジ。

ゴミはネジがラバードームのシートを突き破って出たもの。

Realforce 91UBK シャーシに黒色22本  シャーシのボスに10本 計32本

Realforce 106S シャーシに黒色29本  シャーシのボスに10本 計39本

Realforce 91UBK ラバードームが基板に貼り付いちゃってるので適当にはがすとこんなことに・・・。

行方不明になったバネは2重に重なってたりします。

Realforce 106Sのラバードームをテンキー部分で切断して、Realforce 91UBKに移植。 winキーは45gのまま。

電ドラあると非常に便利。 日立WT3S2 トルク調整がやり易い。

ビットのサイズはプラスの#1


その後、

2008年5月

オール30g仕様のテンキーレス製品が シグマAPO から発売されました。

DHARMAPOINT DharmaTacticalKeyboard DRTCKB91UBK


2012年3月8日

オール30g仕様のテンキーレス製品が東プレから

10周年記念モデルとして1000台限定で発売されました。

REALFORCE89S−10th (ND31BS)

■ + アルファ

私には軽荷重30gでは軽すぎるので、キーキャップ下に軽荷重のコイルバネを追加して40g程度の荷重にチューニング。

金属コイルバネのリニアな反発力も加わるでリアルフォースの反発力の弱さも改善されるかな?

以前、5576-B01で試したピアノ線では錆が発生したので今回はステンレス硬線。


ステンレス硬線 SUS304 0.4mm x 10m ホームセンターで300円ほど。

コイルバネを追加した改造例。

IBM 5576-B01 リニア ノンクリック化改造

Realforce 106 改造案 コイルバネを追加した場合の押し圧特性の変化編


とりあえず適度な直径のシャフトを用意して・・・。



このあたりを参考に直径、巻数、自由長、荷重長を決定 (実際はかなり適当に・・・)。

有限会社 加賀スプリング製作所 / ばねの特性計算

以下、試行錯誤中。


過去の失敗例

Realforce 106 改造その1 押し圧重さ編

Realforce 106 改造その2 ストローク改造編

Realforce 106 改造その3 ストローク編その2編

Realforce 106 改造その4 キートップの厚み編