大嶽和久プロフィール(TITLE)


         父・菊棚月清、母・菊玉春子より指導をうけ、後に中島絃教師、沢井忠夫師に師事。
  1969年 大嶽箏曲学院の前身である大嶽箏曲会を設立後、第1回春期演奏会を開催。以降毎年の定期演奏会とする。
  1971年 NHK邦楽技能者育成会17期卒業。
  1973年 グループ「響」を結成。以後「琴による幻想へのいざない」と題し定期演奏会を重ねる。
  1974年 邦楽古典若手による「甍の会」を結成。同時にCBSソニーよりレコードを発表。
        翌年「甍の会」レコード発売記念演奏会を皮切りに演奏会を重ねる。
  1975年 大嶽箏曲学院創設。
大嶽PHOTO         オリジナルアレンジによる、グループ「響」
        のファーストアルバム「日本の詩情」を発表。
        以降「琴ファンタスティックコンサート」「琴
        ラブサウンズコンサート」「琴民謡コンサート」
        「琴ニューミュージックコンサート」をCBS
        ソニーより発表。
  1976年 第6回グリーンリボン賞新人賞受賞。
  1977年 「琴による幻想へのいざない」第5回記念コン
        サートを行う。
  1978年 現代邦楽演奏家グループ「楽」を結成。
  1981年 昭和56年度大阪文化祭奨励賞を「楽」の
        メンバーとして受賞。
  1983年 第15回記念春期演奏会を開催。
        「琴による幻想へのいざない」第10回記念コンサートを開催。
  1984年 スペインで行われた「マドリッド音楽祭」に派遣される。
  1985年 大嶽和久箏リサイタルを行う。
  1986年 自作品による組曲シリーズを開始。
  1987年 大嶽和久箏リサイタルを行う。
  1988年 フィリピンに於いてアーバンプアー支援の為の連続リサイタルを行う。
  1989年 大日本家庭音楽会より作品の楽譜を出版。以降作曲活動を進める。
        大嶽和久箏リサイタルを行う。
  1990年 「琴による幻想へのいざない」第15回記念コンサートを行う。
        大日本家庭音楽会より作品集を発表。
  1991年 大嶽和久作品によるコンサートツァーを開始。
  1997年 第1回「七福神会こんさぁと」開催。
  1999年 フィリピンに於いてJFCの為の連続チャリティコンサートを行う。
  2001年 菊棚月清の一周忌追善の会を開催。
        「琴による幻想へのいざない」第25回記念コンサートを行う。
  2002年 菊玉春子の一周忌追善の会を開催。
  2005年 「琴による幻想へのいざない」第30回記念コンサートとして東京公演を行う。
  2006年 大嶽和久作品集No.6「飛天」を発表。
  2007年 日本尺八協会の委嘱により尺八二重奏曲「爛-RAN-」を作曲。130余名の尺八奏者により初演される。
  2008年 第40回記念春期演奏会を開催。
  2009年 大嶽和久作品集No.7「花月」を発表。
  2014年 大坂の陣400年事業柏原実行委員会の委嘱を受け、五重奏曲「誓いのとき」を発表。
     【現在】 大嶽箏曲学院・グループ「響」主宰。日本著作権協会会員・関西邦楽作曲家協会副会長


▲先頭に戻る