今月のキーワード
〇 ドロップキャッチ(drop catch)

 ドロップキャッチとは、登録有効期限が切れたドメイン名を、再取得可能になったタイミングで第三者も含め取得することです。

 ドメイン名は基本的に早い者勝ちであり、同じドメインを重複して取得することはできないが、登録有効期限の切れたドメイン名は一定期間の経過後に再度取得できるようになっています。

たとえば、3文字程度の短い文字列や、魅力的な単語の文字列は、既にドメイン名として登録されている場合が非常に多いですが、ドロップキャッチによって取得できる可能性があります。

 失効したドメインであっても、以前の登録者がWebサイトを運営していたことで、多数のオーガニックリンク(検索エンジン最適化のSEOの一部であり、自然に生成されるウェブサイト間のリンク)を得ていたり、既に検索エンジンから一定の評価を得ていたりといたった、SEO的に有利な状況を当初から得ることができる場合があります。

 ドロップキャッチは、主に専門業者によって行われており、年々激しさを増し、 現在では高速回線を用意した登録を自動で試みるといった、 より高度な手法が用いられるようになってきています。

〇 JTC (Japanese Traditional Company)

 日本語のインターネットスラングとして用いられる「JTC」とは、伝統的な日本の大企業のことを意味ます。伝統的な日本の企業の悪しき風習や良くない文化、もしくは「ありがちなこと」に対して揶揄、冷笑、自虐する際に用いることが多いです。

 その特徴は、「長すぎる会議」「1 日中、社内向けの調整に奔走する」「責任回避に全力を尽くす文化」などなど多くありますが、 「会社でうまくやっていくためには、無駄で意味のない仕事にも一生懸命やっているというポーズを取らなければならない」という点が共通しています。

 顧客よりも、サービスよりも、製品よりも、会社内部のしきたりを最優先にして、非効率な仕事を無限に生み出してしまう大企業のことになります。


コラム
■情報処理サービスにおける情報セキュリティ課題と対策

 インターネットやデジタルプラットフォームの拡大に伴い、データセキュリティとプライバシーへの懸念が高まり、ハッキング、マルウェア、ランサムウェア、機密性の高い情報の漏洩、フィッシングなど悪意のある攻撃などの攻撃により、機密情報や顧客データが危険にさらされるリスクが発生する課題があり、その対策が急務です。

 対策としては、セキュリティの専門知識を活用して、脅威の検出、侵入防止、脆弱性管理、セキュリティ診断などの対策を実施すると共に最新のセキュリティ技術やセキュリティソリューションの導入やデータ暗号化、ネットワークセキュリティ、アクセス制御の強化など、セキュリティ対策を強化することが重要です。
新たな脅威に対しては定期的なセキュリティ監視とアップデートが必要であり、セキュリティインシデントに備えた対策計画の策定も必要です。
また、セキュリティ意識の向上を図るため、従業員に定期的なセキュリティトレーニングを実施することも大切です。




ビジネスには、いくつもの壁があります。

多くの経営者は、その壁にぶつかる度に

思考停止に陥り苦悩します。

W-Biz研究所は、その思考停止を打破するヒントを引き出す手法を持っています。
経営者の皆様が元気になられる一つの手段としてご活用下さい。

試しに1割る3を考えてください。割り切れますか。
思考停止していなければ、割り切れる、と答えが出ます。
答えが出なければ、
一度、W-Biz研究所へご連絡下さい。

更新 2024年1月30日

Copyright W-Biz Laboratory All rights reserved 

 W-Biz研究所  代表 保坂峰夫

   住所 :〒413-0016熱海市水口町
メール:wbiz.hosaka@gmail.com

W-Biz研究所
ビジネスは 人々の知恵から始まる