THE LAST SAMURAI(下)  

( 続 き )


資料の利用制限について
営利目的ではない私的利用の場合に限り、1コピーのみダウンロードすることができます。
HERALD 日本ヘラルド映画株式会社

                                                                        〔文中に挿入している写真はすべて私が撮影したものです〕          河野 善福

 【キャスト】

ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ) 日本政府に雇われて日本に来て皇軍の指導をするが勝元の捕虜となり、
              日本の文化と「サムライ」を学ぶ。 南北戦争で戦ったことのある主人公の男。
勝元盛次(渡辺 謙) 天皇に忠実に仕えることを誇りとするサムライ。 近代化される明治政府に反撥し、議員の職を
              追われ山里に篭る男。
氏尾  (真田広之)  勝元の忠実な部下。 ヨリトモとも呼ばれる。
たか  (小雪)     勝元の弟の嫁。 オールグレン大尉の生活の面倒を見る。
大村  (原田眞人)  明治政府の役人。 近代化した軍隊を率いる男。後に勝元軍と戦う。
サイモン・グレアム(ティモシー・スポール)米国使節団に付いて来たがクビになり、本を書くため通訳兼写真家として日本
              にいる男。
ゼブロン・ガント軍曹(ビリー・コノリー)オールグレンと共に皇軍の指導に来日し、勝元軍との戦いに参加して戦死する男。
ベンジャミン・バグリー大佐(トニー・ゴールドウィン)南北戦争のときのオールグレンの上官。 オールグレンに皇軍の指
              導に訪日の話を持ちかけ共に来日す。 後に勝元軍のオールグレンと戦う。
信忠  (小山田シン) 勝元の息子。
明治天皇(中村七之助)徳川幕府の江戸時代から、新政府により明治時代となった時の天皇。
中尾(菅田俊)     勝元や氏尾と共に山にこもった勝元軍の武士。
寡黙な武士(福本清三)捕虜となったオールグレンを見張り、常に身辺にいる勝元軍の武士。
長谷川(    )    政府軍の指揮官

            

 【ストーリー続き】

 江戸から東京になったばかりの町を勝元の集団が通る。 騎馬集団の通行に人々は最初は戸惑い右往左往するが、や
がて道を譲り一団を敬意をもって迎える。 グレアムが一団を見つけてやって来て、集団の中にオールグレンを見つけ、あ
わてて写真を撮る。 氏尾はそれまで取り上げていたピストルをオールグレンに返す。 大村と三井が一行を見ている。

 政府軍の訓練所を丘の上からオールグレンが観る。 指揮しているバグリー大佐が「おー、きていたのか?・・・お前には
何時も驚かされる」と言い。 「天皇が協定にサインして、たちまちこのとおりだ」と言う。

 勝元は宮中に出向き、天皇に拝謁する。 天皇は「勝元は朕に弓を引くのか?」と言い。 「これからは海の向こうを知る
ものの助けがいる」と言う。 勝元は「勝元がいらざる時は死を賜ります」と言うが、天皇は「いや、・・元老院にはお前の声
がいる」と言われる。 勝元が「陛下は現人神ではございませんか」と尋ねると、同席した大村が「正しいと思うことをおや
りになればよい」と答える。 天皇は大村たちを見回して「あの者達の望むことをしている限り、朕は神であるかも知れんな」
とぼやかれる。 勝元が言う「恐れながら・・・なんと言うなさけなきお言葉・・陛下は民の思いをお忘れか・・・」 「どうすれば
よい・・教えてくれ」 「お上!・・お上は一点万丈の天使様であらせられます。・・お上のお言葉こそこの国に道をつけるので
す」

 兵器の取引契約のため、米国から総監が来ている。 バグリー大佐、オールグレンも立ち会う。 契約案を差し出すと大
村が「それでいい、そこに置いていてくれ」と言う。 総監が「文書を確かめて欲しい」と言うのを大村は、「フランス、英国か
らも売り込みがあり、隣りの部屋で待ってもらっている」と言って話を打ち切る。 帰りかけたオールグレンを「君と話たい」と
引き止める。 大村が聞く「勝元は大した男だというが、君が見た、サムライ勝元はどんな男か?」 オールグレンは「判らな
い」と答える。 「冬の間一緒に過ごしたのに解からないはずはない」 「私は捕らわれの身だったので判らない」 「サムライ
たちはどうか?」 「あなたの言うとおり、弓と矢だけの蛮人です」 大村が言う「勝元に組する侍が増えたら10年以内に内
乱が起きる。今の内に制圧して欲しい」 オールグレンは「兵の育成が私の任務のはずです」 大村が言う「契約書は書き
換えよう」 オールグレンが帰った後で大村が長谷川に言う「後をつけろ!・・・勝元に近づくなら切れ!」

         

 江戸の町の中。 騒ぎに大勢の人集りがある。 警官が口々に「マゲを切れ!」 「勅令を知らんのか!」「聞いて居るの
か!」と叫んでいる。 オールグレンが通りかかって見ると、マゲを付け帯刀した信忠を4〜5人が取り囲んでいる。 「いつ
までそんな頭をしているんだ」 信忠が刀に手をかけた。警官がさっと下がって銃を構える。 「待ッしゃい。・・待ッしゃい」 
オールグレンが割り込む。 「何だ!・・貴様!」 オールグレンが信忠を押さえて刀を納めさせる。 腰の刀を取り上げて、
座り込んだ信忠のマゲを警官がつかみ刀で切り落とす。 ザンバラ髪の信忠はその場に「わあ・ア・アッ」と泣き伏し、警官
たちが笑って遠ざかる。 

 天皇の御前で参議の議会が開かれている。 大村が「兵を増強し、学校教育の充実を図ることは急務です。 列強の侵
略を阻んでいるのは、アジアではわが国だけであり、・・・」 「勝元参議がお見えです」 全議員が洋装に身を固めた会議
室の中に、勝元ただ一人が和服に刀を持ってやって来る。 勝元が言う「わしもこの元老院に戻れることを光栄に思う」 
大村が言う「廃刀令をご存知ないようですな」 「勅令は全て承知している」 「あえて破るおつもりか?」 「よいかこの刀は
新政府を作る・・・」 大村が言う「今やわが国は法治国家であることをお忘れなく。・・・愚かな国にするのはあなた方サム
ライでしょ。 国民が餓えているのは誰の責任だと思ってるんだ」 勝元が答える「多くの財閥は誰に施しをしてきた。・・貴
様の懐か?」 大村が声を張り上げる「勝元参議!・・重ねてお願いする。・・勅令どおり刀は廃棄していただきたい。 もう
刀を振り回す時代ではない」
 勝元は天皇の方に振り向き「恐れながら、お上のご意志であれば・・・」と伺う。 大村が「陛下の神聖なお言葉をこのよう
な場で賜るわけにはいきません」と拒絶する。
 勝元は数世紀にわたって天皇を生ける神とあがめ、国を守るために忠実に仕えてきた。 ”天皇は判ってくださる”。 そう
信じて御前に進み出て、持っていた刀を捧げ差し出す。 ”武士の命である刀を捨てられない”と心で訴える。 しかし、武士
の組織から近代化した軍人組織に転換を図ろうとする天皇はこれを拒否し、天皇はそれを受け取ってくれない。 勝元は大
村に「残念ながら、この刀をお渡しするわけには参らぬ・・」と言って御前から降がる。 大村は「警護のものに送らせます。 
さたがあるまで東京のご自宅にて謹慎願いたい」と言う。 勝元は会議場から引っぱり出され参議の職を追われる。 

        

 オールグレンの所にバグリー大佐がやって来て言う「君に仕事を横取りされたくない。・・良かった、月500ドルの給料だ。
酒びたしの一生が送れる。 勝元は今夜にも捕らえられ大村がかたずける」 オールグレンが言う「一つ知りたい・・なぜ、
自分の国の人間をさらうんだ」 部屋の隅には別れの時、孫二郎が呉れた「侍」の字の習字半紙が広げられている。

 勝元が自宅で姿勢を正し眼をつむり、謹慎している。 障子が開けられ短刀をもって三井が入ってくる。 「腹を召さればこ
れを・・・」勝元の脇に置いていく。 

 オールグレンが急いで家を出る。 見張りをしていた男達が後を追う。 勝元の屋敷のそばまで行ったとき、前方に男が立
ちふさがる。 後をつけていた男達に周りを取り囲まれる。 抜刀した男達が輪を狭める。 オールグレンは後ろにいた男に
飛び込み、刀を奪って前から来た男の胴を横に切り、返す刀で横の男をたたき切った。 残る男達を次々倒す。 最後に残
った男の刀をたたき落す。 男が「侍の次第はもう終わったんだ」と言うが、オールグレンはこの男の首をはねる。

 人力車に乗ってオールグレンとグレアムが勝元の屋敷に来る。 「停まれっ!・・」屋敷を警護する役人が二人を止める。 
グレアムがウソを言う「大村大臣が我々に反逆人の写真を撮れと仰せになられたのだ」 「停まれ!・・」 「警察を呼べ!・」
騒ぐ役人を前にグレアムが言う「この人を誰だと思ってる。・・・アメリカ合衆国大統領だぞ!・・」 「やっつけろ!」 さらにグ
レアムが「黙れ!・・わざわざアメリカからお越しになられたのだぞ!」と叫ぶ。 役人があわてて「通せ・・」と言ってひざまず
く。 「機材を運べ!・・早くしろ!」  部屋に向かいながらオールグレンがグレアムに言う「アメリカ合衆国の大統領だと?・
・」  グレアムは「私の一存で・・・」と謝る。 オールグレンは「すまん・・吐き気がしてきた」と言う。

 勝元が正座している部屋に二人は入る。 役人が「写真を撮る」と言って下がる。 勝元は辞世の句を考えている。 オー
ルグレンが勝元に「あなたを生かしたい」と言う。 その時、氏尾が警護の役人を倒しながら入てくる。 脇に刀を3刀抱えて
いて三人に渡す。 警護の警官が来るが切り倒しながら脱出を図る。 中尾、信忠なども応援に来て、銃を撃ちまくる警官を
弓で倒す。 壮絶な斬りあいが室内で続き、庭の渡り廊下を走りぬけようとした時、勝元の息子信忠に警官が撃った銃の弾
が当たる。 倒れた信忠をオールグレンが助けに行く。 担いで帰った信忠を勝元が抱きしめる。 「父上!・・私はもう・・・
ここは私が・・」 後は言葉にならない信忠を勝元はうなずいて見つめる。 氏尾が「殿!・・この場に猶予はありません」とい
う。 勝元は信忠をその場に残し振り切って逃げる。 警官が渡り廊下に迫る。 信忠は弓で防戦の後、抜刀して「やあァー
ッ」と声を上げて警官の前に突撃し、無数の銃弾を浴びて倒れる。



 勝元達が馬に乗って山里に逃げ帰る。 勝元がオールグレンに言う「お上は私を退けた・・・それで終わりだ。・・・900年
私たちの祖先は民を助けてきた。」 「だから腹を切るのか?。・・」 「屈辱だ・・」 「それで良いのか?」 「武士は天皇に仕
えてきた。・・なのに武士道はもう必要ないのだ。・・私の命は刀が奪う。 自分の刀か、敵の刀が・・・」 オールグレンが言
う「共にあなたの声を天皇に届かせよう・・」

 たかの家の中で、信忠の最後をオールグレンがたかに話す。 「彼はいい人でした」 孫二郎が問う「お前も白人と戦うの
か?・・」 「そうです・・」 「どうしてだ?」 「愛する・ひとを・殺す・から・・」  たかが言う「武士道は子供には判り難いもの
なのです。 ましてや、あの子は父を失ったのですから・・」  「彼の父は私が殺した。 だから彼は怒っているのです」 
「いいえ・・・あの子は、あなたが死ぬのが恐いのです」 孫二郎が言う「父は戦で死ぬのは名誉だと言ってた・・・」 オール
グレンが言う「彼は・そう・信じていた」 孫二郎が言う「戦で死ぬのが恐いよ・・」 「じぶんも・・・」 「でも、たくさん戦をして
きたんだろ?」 「いつも・・・恐かった」 泣きながら孫二郎が言う「行かないで・・・」 中尾が部屋に報告に来る「敵の軍勢
がやってくるぞ」 たかは子供達を抱きしめる。 

 オールグレンが勝元に言う「敵は2連隊、・・・1000人単位で波状攻撃をしてくる」 「来るがいい・・ここを一歩も引かん」
 オールグレンがさらに言う「ギリシャ軍は300人の軍勢で100万人の敵と戦った。 100万という数がわかるか?」 勝
元が問う「お前は運命を変えられると思っているのか?」 「自分の最善を尽くす・・」

 オールグレンが日記に綴る ”1877年5月25日、 この日記も今日が最後だろう・・・。だが、この機会を得たことを心か
ら感謝したい。” 
 グレアムが幹部一同の揃った写真を撮る。
 村人達が刀を砥ぎ、弓を整備し、矢を作る。 勝元が座禅を組み仏に祈る。 夜になり、見張りの男が警戒に立つ。 オー
ルグレンは部屋で天井を見つめ、眠れない夜を過ごしている。 たかが「オールグレンさん・・こちらへ」とオールグレンを呼
ぶ。 オールグレンがたかの部屋に入ると、たかは静かに戸を閉める。 「これを着ていただけたら、嬉しゅうございます」 
たかが亡き夫、広太郎の着物を差し出す。 たかはオールグレンの着物の帯を解き、裸になったオールグレンの後ろに廻
り着物を両手で肩に掛ける。 正面を見つめオールグレンは黙って袖を通す。両手を広げたオールグレンの前に廻って、た
かは無言で着物の襟をそろえ、右手で押さえさせる。 帯を廻し、二人は互いにじっと見つめあう。 高ぶる気持ちを抑え眼
を閉じるたか。 オールグレンが黙って唇を合わせる。 オールグレンの背後に廻ったたかは、羽織を掛け、皺を直すため
肩に当てた手を止めて、眼をつむり、泣きながらそっと自分の頬をオールグレンの背中に寄せる。 オールグレンはただ一
点正面を見つめて別れの悲しみに耐える。

 広太郎の赤い鎧をつけたオールグレンが部屋を出る。 氏尾が来て、鎧の紐を直す。 勝元が「これを持て・・」と刀を差し
出す。 オールグレンが刀を抜いて打たれている銘を見つける。 「この銘は?・・・」 勝元が答える「これは・・”古きと新し
き者の和をもたらせる者の刀なり”」 オールグレンも馬に乗る。 勝元が白馬で先頭に立ち、、騎馬軍団が山を駆け降りる。 

                        

 広場で政府軍と勝元軍が対峙する。 勝元と氏尾とオールグレンが中央に進み出る。 政府軍からバグリー大佐と大村
が出てくる。 バグリーがオールグレンを見つけて「驚いたな・・・」と言う。 大村が「日本帝国軍に降伏せよ」と言うが「いや
だ!」と一言。  大村が「オールグレン・・・君にもなさけは掛けん。・・反逆者とみなす」と言う。 両者が引き返す。 オー
ルグレンはグレアムに「君の本に役立つだろう」と言ってこれまで記録してきたノートを渡す。グレアムは「幸運を祈る・・・」と
言って戦場の見える丘の上に登って行く。 指揮官の長谷川が「連隊〜・・気を付け!。 第1連隊前へ!」と政府軍を指揮
する。 大村が「着剣!」と叫び、兵が剣を銃の先に付ける。 続いて「捧げ筒!」と叫ぶ。 勝元は仲間に向かって大きな声
で「敵は我等にひざまずくつもりはないそうだ!・・やるか!」と伝える。 仲間からは笑い声が聞こえる。 氏尾が「配置に就
け!」と命令する。サムライ達が刀や槍を持って、「オウッ!」と叫ぶ。 長谷川が「撃てエッ!」と合図する。 大砲の弾が広
場に炸裂する。 皇軍の兵が大砲の飛ぶ角度を修正する。 次は勝元軍の中に着弾する。 全員が後ろに下がる。 長谷
川が「敗走を始めました。 総攻撃を・・・」と大村に伝える。 大村が「総攻撃だ!・・前へ進め!」と叫ぶ。

 後ろに下がった勝元軍は丘の影や岩陰に隠れる。 政府軍が迫った時、火のついた矢を放つ。 そこには爆薬がたくさん
草で隠されており、たちまち爆発し、政府軍が吹き飛ぶ。 岩陰から天に向かって放つ矢が政府軍の頭上に雨のように降っ
てくる。 勝元軍は材木をいかだのように垣根に組んで、広場に何ヶ所も立ててありその影に隠れる。 政府軍が迫る。 勝
元がオールグレンに「そのギリシャ軍の最後は?・・」と聞く。 オールグレンは「全員戦死した」と答える。 オールグレンが
「一斉射撃が2回ある」と教える。 整列した第1列が発砲し、後列と変わる。 第2列目が前に出て発砲する。 サムライ達
が総攻撃に飛び出す。 双方入り乱れての戦いが続き、中尾が倒れ、氏尾が倒れる。 勝元が危ないとき、オールグレンの
身辺警護についた老人が前に出て身代わりになる。
 (この戦いの場面は本編の最もクライマックスの場面で、時間も長く同じような乱闘を残念ながら文字に出来ない。壮絶な
戦いをぜひ映画で観て欲しい) 政府軍の退却ラッパが鳴る。 

 体制を整える勝元軍でオールグレンが「敵はさらに2連隊を投入するぞ」と言うと、勝元は「何度も生きた命だ。・・お前は生
き残れ・・」と言う。 オールグレンは無視して「最後まで戦う」と言う。

 バグリー大佐が「まだ勝つ気でいるぞ」と驚きの声を出す。 大村が双眼鏡で覗く「信じられん。・・・まだ戦う気か?・・負け
を認めない気か?!」と憤慨する。 大村は長谷川に「殺せ!・・皆殺しにせよ!」と叫ぶ。 勝元は刀を抜いて「前進!」と
叫ぶ。 騎馬軍団が突撃する。 長谷川が「撃て!」と命じ、大砲の砲弾が炸裂する。 人馬ともに吹き飛ぶ。構わず全員が
突き進む。 バグリーが兵を並べて「構え!・・狙え!・・撃て!」と命じ「撃ち続けろ!」と叫ぶ。 勝元は騎馬で突進し、抜
刀した自分の刀を投げる。 バグリーの胸に刀が刺さり、バグリーはうずくまる。 大村が機関銃部隊に「撃て!」と命じる。
 回転しながら連続発射する機関銃の前にサムライ達がバタバタ倒れる。 馬が倒れる。 「撃て!・撃てッ!」大村が叫び
続ける。オールグレンも勝元も弾を体に浴びる。 立ち上がる者はみんな撃たれる。 長谷川が惨状を呆然と見詰め「やめ
ろ!」と叫ぶ。 大村が「バカもん!。・・続けろ!」と叫ぶが、惨状を見てみんな撃つのを止める。 大村は「勝元を撃て。殺
せ!・・撃てッ!」と怒鳴り続ける。

          

 無数の両軍の屍の中に、深手を負った勝元と、全身傷だらけのオールグレンがいる。 オールグレンが言う「おまえは名
誉を取り戻した」 勝元が言う「おれには名誉の死だ。・・・手を貸せ」 二人が立ち上がる。 オールグレンが言う「いいか?
・・」 勝元が言う「会話が出来なくなるのが残念だ」 オールグレンが力をこめて抱くように勝元を刺す。 全身に傷と血を浴
びた二人がそのまま抱き合って立っている。 政府軍の兵が怖々遠巻きに近づいてくる。  桜の花びらが風に舞う。 勝
元が「完璧だ!」と言って崩れ落ちる。 再び勝元が言う「これで全て完璧だ・・・」 長谷川が帽子を取る。 二人を取り囲ん
だ兵たちがみんな帽子を取る。 長谷川が崩れるようにひざま付き頭を下げる。 兵たちも座って手を着き頭を下げる。
 グレアムが遠くの丘の上から見ている。

 皇居の室内。 アメリカ合衆国の政府を代表して調印のため、公使が来ている。 公使が「この協定は両国に実りある繁
栄をもたらすでしょう」と言い。 大村が「喜ばしいことと思います」と言う。 天皇が「この協定が無事結ばれたことを喜ばし
く思う」と挨拶する。  待官があわただしく天皇に駈け寄り耳打ちする。 天皇が聞き返す「オールグレンが、ここにか?・・
」  軍服を着て足を引きずりながらオールグレンが部屋にやって来る。 オールグレンが天皇の前にひざまずく。 オールグ
レンは布の袋に入った刀を、両手で持ち天皇に差し出す。 「これは勝元の刀です。・・・陛下にお納め願います。・・・勝元
は最後の息の下で、先祖が何のために死んだかをお忘れなきようにと・・・」 大村が「陛下!」と止めるのを聞かず。 「最
後の時、かれのそばで?・・・」とオールグレンに聞き、うなずきながら刀を受け取る。 「この男は反逆者です。」と大村が言
う。 オールグレンは「私を反逆者と思われるなら、死をご下命を・・・喜んで死にます」と言う。 天皇は「朕の望みは、近代
化を急ぐあまり、統合された日本ではない。 この国の歴史を、日本人であることを忘れていた。 この協定が民にとって喜
ばしい者とは思えん。・・・悪いがもう何も言うな・・」と言う。 大村が天皇に「この場に及んで躊躇はなりませんぞ」と忠告す
る。 アメリカ公使が「遺憾千番だ!」と部屋を出る。 大村が「陛下ッ!」と忠告しようとするが、天皇は「大村もうよい・・充
分だ」と跳ねのける。 大村は「私は国家のために、全てを投げ打って来たつもりです」と言うが、天皇は「それが眞であれ
ばお前の資産は没収し、民に分け与えよ」と言う。 「陛下!・・・ 屈辱を賜りなさるつもり・・・」 「その屈辱に耐えられぬな
ら・・・この刀を与えよう」陛下は短刀を差し出した。 大村はよろけながら慌ててさがる。  

 天皇がオールグレンに聞く「勝元はどう死んだ・・・」 オールグレンは「どう生きたかを、お話しましょう」と言う。

 ”こうして、サムライの時代は終わりました。 アメリカ人大尉のその後は誰も知りません。 彼は心の安らぎを取り戻した
いと国に戻ったと言う話もあります。”

  オールグレンが馬を引いて一人で村に帰ってくる。 畑を耕していたたかが彼を見つけて微笑む。

                = ( 終わり ) =




 HERO (英 雄)002 にリンク
戻る
戻る

THE  LAST  MESSAGE  海猿
THE LAST MESSAGE 海猿