▲トップへ   MY本棚へ

斜線堂有紀の本棚

  1. 楽園とは探偵の不在なり

楽園とは探偵の不在なり  ☆  早川書房 
 今年の「このミス」で第6位、「本格ミステリ・ベスト10」で第4位にランクインした作品です。
 舞台は天使が降臨した世の中です。ただ、この世界の天使は“天使”というと思い浮かぶエンジェルのイメージとはまったく異なり、翼は灰色がかった骨ばった色の悪い血管が透ける翼で、その翼が接続しているのは手足の異常に長い灰色の身体、更にその顔は鉋で削られたかのような平面になっていて表情はおろか目鼻口もないという見た目グロテスクな存在です。そして、人を二人殺すとこの天使によって炎に焼かれ地獄に引きずり込まれるという、天使なら天国に連れていくイメージとは逆です。これでは天使というより悪魔ですね。この状況下で、「一人だったら人を殺してもいいのではないか」と「二人殺して地獄行きなら、まとめてたくさん殺すべきなんじゃないか」という発想をする人が出てきて、天使によって殺人が減るのではなく、逆に殺人事件や大勢の人を巻き込む自殺事件が増えます。
 探偵の青岸焦は、大富豪の常木王凱の誘いに応じ、彼が所有する常世島を訪れる。そこに集まったのは、青岸、常木のほか政治家の政崎、天国研究家の天澤、記者の報嶋、実業家の争場、常木の主治医の宇和島に執事の小間井、メイドの倉早とコックの大槻、更に青岸が乗ってきた船に密航していた記者の伏見の11人。翌朝、常木が殺害されて発見され、その次の日には政崎が死体となって発見され、報島が行方不明となったことから、彼が二人を殺害して天使によって地獄に落とされたと考えられた。しかし、更に殺人は続く・・・。
 物語は、天使が降臨した特殊な世界で起きる殺人事件を描きます。事件としてはミステリによくある孤島というクローズドサークルにおける殺人事件です。ただし、二人殺せば地獄行きですから、通常であれば連続殺人事件は起きないところですが、ところが連続殺人が続くというところがミソ。
 警察や探偵より前に天使が殺人者を断罪してしまうので、探偵の存在理由が見つからず、くすぶっていた青岸のところに集まって正義の味方であろうとした赤池、木乃香、島野、石神井のキャラが強い印象を与えます。彼らがこの作品だけで会えなくなるなんて、本当にもったいない限りです。
 天使の存在理由は結局最後まで分からぬままでしたが、この世界の中での事件はまた描かれるのでしょうか。 
 リストへ