▲トップへ   ▲MY本棚へ

坂上泉の本棚

  1. インビジブル

インビジブル  ☆  文藝春秋 
 昭和29年、大阪の北を寝屋川、南を平野川、東を国鉄城東線に囲まれた“三角地帯”で顔に麻袋をかぶされた刺殺死体が発見される。捜査の結果、被害者は国会議員の北野正剛の秘書である宮益だと判明する。更に茨木市の鉄道橋の上で発見された轢死体がやはり顔に麻袋がかけられており、被害者が政治団体の代表であり北野と関係があったため、二つの事件は連続殺人事件として捜査本部が立ち上がる。捜査本部に加わった東警察署の巡査・新城洋は、国警大阪府本部警備部二課の警部補・守屋恒成とコンビを組んで捜査に当たることとなる・・・。
 戦中、旧内務省管轄下の特高警察に代表される強権的な取り締まりを行っていた警察がGHQによって解体され、民主警察として再編されたとは聞いていましたが、現在の組織体制になる前に、市町村によって運営される自治体警察(自治警)と、自前で警察を持てない零細町村部をカバーする国家地方警察(国警)の二つの警察組織が存在し、大阪市を管轄とする自治体警察として大阪市警視庁という“警視庁”を名乗る組織が東京以外に存在したことはまったく知りませんでした。この辺り、作者である坂上さんが東京大学文学部日本史学研究室近代史を専攻したことも活かされているのでしょうか。
 昭和29年には自治警と国警の二本立てを解消して国が全国都道府県警察を統括する法律改正がなされたそうなので、事件が起きたのはちょうど組織が再度変更になる直前ということで、そのあたりの世相が物語の中にも色濃く出ています。
 物語は第二次世界大戦時に岐阜の農家の三男として生まれ、生きるため開拓団の一員として満州に渡って軍に納める作物を作る男の話が各章の冒頭に描かれています。これから、読者としては捜査に当たる刑事たちより先に事件の様相を推し量ることができますが、それにより物語の面白さが減ずることはありません。
 その一番の理由は、中卒で刑事になって4年目の新米刑事の新城と東京帝大法学部卒のエリートである守屋のコンビの面白さにあるでしょうか。刑事のコンビと言えば、「相棒」をすぐに思い浮かべますが、あちらは警察庁と法務省のどちらもキャリアというエリートの二人に対し、こちらはたたき上げとエリートという対照的な二人。その二人が当初はぶつかり合いながら捜査を進めていく中で次第にお互いを認め合うようになるのは、よくあるパターンですが、この二人に加え、新城の上司である本庁一課強行犯二班長の古市、同じく五班長の西村など個性的なキャラが登場し、物語を更に面白くします。ページを繰る手が止まらずいっき読みです。事件の背景にあるものは非常に重苦しいものですが。 
リストへ