▲トップへ   ▲MY本棚へ

阿津川辰海の本棚

  1. 紅蓮館の殺人
  2. 透明人間は密室に潜む

紅蓮館の殺人  講談社タイガ 
(ちょっとネタバレあり)
 田所信哉はミステリ好きの高校2年生。夏の勉強合宿に行った高原に好きなミステリ作家・財田雄山の別荘があることを知った田所は友人の葛城輝義を誘って、合宿所を抜け出し、別荘へと向かう。途中で落雷による山火事に遭った田所と葛城、そして彼らが山の中で出会った小出と名乗る女性は逃げる先を探して財田雄山の別荘に辿り着く。そこには病で寝ているという財田雄山のほか、息子の貴之と孫の文男、つばさの4人が住んでいた。やがて、近所に住む久我島敏行とそこを訪れていたという保険会社の調査員の飛鳥井光流が火事を逃れてやってくる。田所と葛城は救助を待つうちに、つばさと仲良くなったが、その翌朝、つばさが吊り天井のからくりの施された部屋で落ちてきた吊り天井の下で圧死して発見される。果たして事故なのか殺人なのか、そして迫ってくる火事から田所らは脱出することはできるのか・・・
 「2020本格ミステリ・ベスト10」国内編第3位、「このミステリーがすごい! 2020年度版」国内編第6位を獲得した作品です。
 田所と葛城がワトソンとホームズという立ち位置の青春ミステリという趣だったので、まさか少女のつばさが冒頭で殺害されるとは思いもしませんでした。また、周囲は火事が迫っており、脱出ができないという設定は、一種のクローズドサークルであり、その上からくり屋敷が舞台とあっては、これは連続殺人がい起きるなと思ったら、これが肩透かし。通常のクローズドサークルもののような連続殺人はこの作品ではおきません。この作品の特徴といえば、かつて葛城と同じ高校生探偵であり、一時は世間に名を馳せたが、ある事件がきっかけで探偵を辞めた飛鳥井との名探偵二人による推理合戦でしょうか。ラストに明らかにされる事実にも伏線があって、そうきたかぁと面白く読むことができました。初めて読んだ作家ですが、今後本格ミステリの旗手として期待できそうです。 
 リストへ
透明人間は密室に潜む  ☆  光文社 
  それぞれ趣向が凝らされた4編が収録された中編集です。今年の「このミス」で第2位、「本格ミステリ・ベスト10」で第1位に輝いた作品です。
 冒頭の表題作である「透明人間は密室に潜む」は、透明人間病という体が透明になってしまう病気が蔓延する社会で、透明人間が殺人を犯すという話です。姿が見えないのだから殺人なんて簡単だと思ってしまうのですが、これが意外に難しいことが分かります。物語は倒叙形式で、透明人間病に罹った女性が、透明人間病を治す薬を開発した大学教授を研究室で殺害します。しかし、妻の様子がおかしいと思った女性の夫と彼が雇った探偵が彼女の後をつけてきて、研究室を封鎖してしまいます。透明人間である妻は果たしてどこにいるのかというのが最初の謎で、どうして殺害したのかの動機が次の謎となります。更にその先にもうひとつ秘密があったという贅沢な作品となっています。収録作の中で個人的に一番好きな作品です。
 「六人の熱狂する日本人」は、裁判員裁判での合議の一幕を描いたものです。アイドルグループのファン同士の争いで1人が死んだ事件が審議されますが、なんと、6人の裁判員がそのアイドルグループのオタク度は大小あるけれどファンだったということから起こるドタバタ劇が描かれます。参考文献の中にもありますが、「キサラギ」ですよね。ただでさえ、裁判員になる確率は少ないのに、全員が同じアイドルのファンだなんて可能性はまずありえず、設定自体は絵空事ですが、真実の追及はなかなか論理的です。評決を下すための条件からすると、ラストは当然こうなりますよね。「透明人間は密室に潜む」の次に面白かった作品です。
 「盗聴された殺人」は、聴力が通常人より優れている探偵事務所に勤める山口寿々香と推理力は優れていると自負する事務所の所長・大野のコンビが殺人事件の犯人を突き止める話です。夫から妻の浮気調査を依頼された大野探偵事務所だったが、その妻が殺害されてしまいます。調査のためにテディベアのぬいぐるみの中に仕掛けておいた盗聴器に録音された音を寿々香が聞き取り、それに基づいて大野が事件を推理していきます。お互いを補いながら推理していくコンビが愉快です。
 「第13号船室からの脱出」は、クルーズ船での脱出ゲームのテストプレイに参加することになった猪狩海斗が、同様に参加していたクラスメートの須崎マサルと間違えられて彼の弟・スグルとともに誘拐されてしまう話です。物語は脱出ゲームに参加して仕掛けられた数々の謎を解き明かしていくマサルのパートと、誘拐され船室に閉じ込められた海斗とスグルの脱出劇のパートに分かれて進みます。このゲームの謎解きの部分が意外に面白いです。最後に足を救われるところも含めて。その上に、更に実は・・・という後日談もついて、そういうことかあと面白く読みました。
 リストへ