香港巴士鐵路旅遊協會 HONG KONG PUBLIC TRANSPORT TOURISM ASSOCIATION
 会員Myページのトップへ トップページへ

  [001]小柳淳のプロフィール  
小柳淳の2004年香港 => 森羅香港 

東京都西東京市(田無)生まれ。
 1983年に初めて香港に降りたって以来、元気な街に魅せられ幾度となく香港東京往復を繰返しています。香港ではバスやフェリーなど乗り物を駆使して動きまわるのが大好き。標識をはじめとする街中のデザインにも興味を持っていますが、最近では20世紀の香港製造業を支えた工業ビルにも関心が拡がりました。観光ガイドにとどまらない、香港の暮らしから歴史や産業をもカバーする文章を書いてきましたし、これからもそうありたいと思っています。

香港巴士(バス)鐵路旅遊協會〈HKPTA〉 会長
日本香港協会〈JHKS〉 理事・会員 広報委員会副委員長
日本旅行作家協会〈JTWO〉 会員

私の運営・参加する
facebookページ
香港ストリート物語

香港を縦横に走る通り −ストリート− にフォーカスして、奥深き都市香港のなりたちや特色に迫る本。
香港路線バスの旅

香港の街を自由自在に動き回るためにはバス!香港路線バスを120%楽しむための方法やバスの楽しみを存分に語った本
香港路面電車〈トラム〉の走る街

香港路面電車がつなぐ多彩で魅惑的な街の写真集。永田幸子のカメラアイとその隣で呟くような小柳淳の文で表現する、魅惑の香港電車沿線の街。

【おもなしごと】

1983年 香港に初上陸
1994年〜「マップルマガジン香港・マカオ」(昭文社)にエッセイを寄稿
    「香港の海岸線ドライブ 東區走廊を行く」(1994年)
    「路面電車の二階から海を眺める」(1995年)
    「街で見つけた赤い旗」(1996年)
1997年 「香港のりもの紀行」出版(昭文社)出版
2000年 「新香港1000事典」出版、編著(メイプルプレス) 
2002年 香港政府観光局主催「香港ツアープランニングコンテスト」で審査員を担当
2004年 香港巴士鐵路旅遊協會設立
2004年 読売新聞東京版「とうきょう異聞」欄で、東京と香港の比較コラム担当(4月〜10月)
2004年 写真集「香港路面電車の旅」 出版、共著(春陽堂書店) ⇒お求めは
2004年 「RAFFAELLO」Vol.06に「Old-fasioned Tramに出会う旅」寄稿
2004年 日本香港協会「飛龍」48号に「100周年を迎えた香港路面電車」寄稿
2005年 「コンシェルジュ香港」5月号に「生きた歴史見物の特等席 香港電車の旅」寄稿
2006年 永田幸子写真展『香港路面電車の旅』同時開催、『私の好きな香港』展実施(8月)
2007年 「現代の香港を知るKEYWORD888」出版、編著(三修社)
2008年 日本香港協会「飛龍」59号に「啓徳空港の想い出」、60号に「ピークトラム120周年」寄稿 
2008年 「啓徳懐想」(TOKIMEKI PUBLISHING、関根寛著)に手記寄稿 
2009年 日本香港協会「飛龍」61号に「笑顔で迎える日本」、62号に「“見える”金融の光景」寄稿(写真とも) 
2009年 昭和女子大オープンカレッジ「香港まるごと体験講座」第1回香港街歩きの楽しみ 講師(7月) 
2009年 「香港路線バスの旅」(TOKIMEKIパブリッシング)出版(10月ころ) 
2009年 「タビトモ香港」(JTBパブリッシング)のトラム120%活用術担当(10月新刊) 
2009年 香港乗り物トークショー実施  Space-K代官山 
2011年 「ララチッタ香港」(JTBパブリッシング)のkeyword&Adviceに寄稿(12月改訂新版)
2012年 「香港ストリート物語」(TOKIMEKIパブリッシング)出版 
2014年 「香港・街歩きの広東語」出版、共著(三修社)
2015年 「香港路面電車〈トラム〉の走る街」出版、共著(春陽堂書店) 


※ 飛龍への寄稿は一部省略しています。

☆小柳淳の紀行・エッセイ 
★香港読書案内:私のお気に入りの香港本紹介

            トップページ about us 会員Myページのトップ  旅遊 香港の旅トップ


Copyright(C)Hong Kong Public Transport Tourism Association
香港巴士鐵路旅遊協會 All rights reserved. 版權所有