図画工作科と総合的な学習の時間Art and Integrated Lesson Plan
eラーニングe-Learning for art and design programme


和菓子職人をめざして[創作和菓子]
For Craftsmanship of Japanese Cake

Japanese-style confection is blessed with the beauty of nature in all four glorious seasons.
和菓子は素晴らしい四季の自然美に祝福されます。


●和菓子は春の前触れである。
Wagashi(Japanese sweets) is a sign of spring.
 春の味覚The taste of spring[wagashi]
●秋の味覚The taste of autumn[wagashi]
水仙(スイセン)Narcissus 桃 (もも)Peach tree 菜の花
Rape blossom, Celery cabbage
白玉椿(シラタマツバキ)
Camellia japonica 'Shiratama'
●和菓子は季節の驚くべき感覚を具体化します。Japanese sweets (wagashi) incorporate an amazing sense of the seasons.
吾妻家創作(写真承諾)2007/9/17
AZUMAYA  東京都中野区鷺宮商店街
玉菊
Chrysanthemum ball
里山
Country hill
桔梗(ききょう)
Chinese bellflower
松茸
Matsutake
青柳創作(写真承諾)2007/11/24
A0YAGI  群馬県みどり市大間々町商店街
柚子
Citron manju
光琳菊
Korin chrysanthemum
いちょう
Ginkgo
菊の葉
Chrysanthemum leaf
山茶花
Sasanqua
乱菊
Messy chrysyanthemum
水鳥Waterfowl
http://www.e-aoyagi.jp/
photo(c)Makio Kawashima 

Japanese sweets (wagashi) are exquisite in their beauty and taste. Japanese sweets are made mostly of grains, beans, fruit and wild plants. The many different varieties incorporate an amazing sense of the seasons. Japanese confectioners work hard at making traditional Japanese wagashi sweets that are also innovative enough to appeal to everyone.
日本の甘い物(wagashi)は美しさと味において絶妙です。日本の甘い物は、ほとんど穀物(こくもつ)、豆、果物と野生の植物から作られています。多くの異なった種類が、季節の驚くべき感覚を具体化します。日本の菓子屋は、さらに、皆に訴えるように熱心に革新的で、伝統的な日本のwagashi(甘い物)を作ることに取り組みます。
マウントフジインターナショナルJAPANESE FOOD ONLINE
http://www.mountfuji.co.uk/japanese_sweets.htm
 モデル作り(紙粘土)Model Making[Clay Lesson]
 5年作品 5th Grade Works

和菓子木型:
The beauty design of Japanese-style confection is made with the wooden form of nature.


和菓子とは:Introduction and Making Japanese Sweets
1.和菓子について、歴史や栄養などを調べてみよう。
Search

.学習活動名/Lesson Title[Learning Activitie]
A−1 図画工作科/Drawing and Handicrafts(文部省英訳) 
 a表現(1)造形活動/Formative activity○(2)絵,立体,つくりたいもの/Expression and Creativity
 b ○鑑賞/Appreciation  

A−2 総合的な学習の時間/Period for Integrated Study  
 a.○ 国際理解/International Understanding  b. ○情報/Information c. 環境/ Environment  
 d.○福祉・健康/Welfare&Health e. 地域や学校の特色/Characteristic of region and school
 f.○児童の興味・関心/Interest of children

『和菓子の創作と命名』
'Creation of the Japanese Sweets and Naming'

水餅、ちんちんくるくる、菊草餅




花餅、ファイヤー、草あん葉っぱ巻き
5年作品5th Grade Works Date 「2002年5月8日」
カラーまんじゅう、梅和菓子、ふしぎな和菓子





世界にたったひとつのどら焼き、
梅まんじゅう、 うさぎ団子  
clay works/Japanese Cake Japanese Cake Names!

B.題材について・主なねらい/The subject matter, Main Aim
「総合的な学習の時間」
(1) 自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,よりよく問題を解決する資質や能力を育てること。
(2) 学び方やものの考え方を身に付け,問題の解決や探究活動に主体的,創造的に取り組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにすること。
(3)各教科,道徳及び特別活動で身に付けた知識や技能等を相互に関連付け,学習や生活において生かし,それらが総合的に働くようにすること。
The "Period for Integrated Study" aims at helping children develop capability and ability to discover problems by themselves and solve those problems properly. Interdisciplinary and comprehensive studies, which reflect each individual schools' efforts, and studies based upon children's own interests will help achieve this goal. It also aims at helping children learn how to learn and reason, develop mind to independently and creatively cope with problem-solving activities and/or inquiring activities, and deepen their understanding of their own way of life. It is assumed that children's knowledge and skills acquired in individual classes will be related with each other and deepened through the activities in the "Period for Integrated Study", and then they will work comprehensively for children.
<Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology>

○表したいことを表すために,形や色,材料の特徴や構成の美しさなどの感じ,構想して,創造的な技能などを生かして表現する。
〔図画工作科第5,6学年 A表現(2)〕learning how to creatively generate one's own ideas for artwork.
○我が国の親しみのある色と形―和菓子のよさや美しさ,栄養,健康などに関心をもって見る。〔図画工作科第5,6学年 B鑑賞(1)〕

2.調べたことをまとめてみよう。
Planning

調べ学習(インターネット読書)カード
Students learn to search for ideas for content by Internet search engine.

5年 M・O
○和菓子の歴史
  • 古代人にとっての菓子は、天然の果物や木のみであり『果子』であったと考えられています。略
5年 A・T
○和菓子の五感
  • 視覚=目で見て美しい、美味しそう。
  • 味覚=食べて美味しい。
  • 触覚=舌ざわりや手で持つ、切るときに感じる味わい。これらは全ての食べ物共通ですが…。
  • 残るふたつ…嗅覚と聴覚には和菓子特有のものがあります。
○和菓子の作り方
  • 春‥梅、桜、菜の花
  • 夏‥あじさい、なでしこ、水
  • 秋‥ききよう、菊、紅葉(こうば)
  • 冬‥椿、水仙、雪 などをもとに和菓子を作っている。
○和菓子の日
  • 和菓子の日6月16日は、1979年(昭和54年)に設定された。
5年 M
○和菓子の種類
  • 柏餅 しん粉(うるち米の粉)で円形の平たい餅を作り、小豆あんか味噌あんかを入れ、二つ折りにしてかしわの葉で包んだもので5月5日端午の節句を祝って作るおもちです。
  • すあま 上しん粉(うるち米)とさとうを混ぜてねり、むしたあと、かるく焼いた餅状のかしです。しんこ餅ともいいます。角のない三角形などの形があり、色はピンク、緑などがあります。

3.自分の和菓子のアイディアをかこう。
Rendering(構想)

 2.スケッチブックに構想する。Creative students intentionally make sketches.
 3.紙粘土でつくる。(色は、紙粘土に水彩絵の具を混ぜ込んで着色)Clay Works
 keep mixing and matching the visual elements (line, shape, texture, color, ).
 4.お菓子の名前をかいて菓子箱に並べる。
 

4.ねん土などで模型をつくってみよう材料・道具があるひとは、本物をつくってみよう。
Model Making/Naming(創作/命名)

5年作品 5th Grade Clay Works in Confectionery Box 2002

5.自分の和菓子を発表しよう。
Display


 5.創作和菓子を鑑賞する。
 6.パックに入れて持ち帰る。
Clay Package


和菓子の良さ
食べ物と健康との関係が注目を集めています!!
和菓子には自然のめぐみがいっぱい。
太陽をいっぱいに浴びて育てられた小豆やいんげん、手亡(てぼう)などの豆類、餅米や米粉、小麦粉などの穀類、いも類やごま、寒天、砂糖など、どれをとっても自然の中で育てられたものばかりです。

植物性たん白質が豊富に!!
和菓子には植物性たん白質が豊富に含まれているのをはじめ、そのほとんどが植物性の栄養素で、コレステロールの大敵といわれる動物性脂肪はほとんど含まれていません。

砂糖の甘さも健康には必要!!
砂糖は甘いだけではありません。
ほとんど純粋な炭水化物で、身体に必要なエネルギー源や、脳や神経のエネルギー源であるばかりではなく、脂肪を燃やしてエネルギーにかえるという重要な役割をはたしています。
バランスのとれた食生活のためには砂糖は欠かすことのできないものなのです。

餡は、スーパーマン!!
餡の原料となる小豆など豆類は世界が認める栄養の宝庫です。
小豆を煮て食べたり、その煮汁を飲むと脚気(かっけ)や腎臓、腫物(はれもの)に効果があるとはよュ聞く話ですが、漢方医学では現在でも脚気(かっけ)、黄疸(おうだん)、下痢、便秘、腫物(はれもの)や湿疹(しっしん)を治すため食事療法に利用されています。

栄養成分としては、質のよいたん白質を多く含んでいるほか、血中コレステロールを下げる働きのあるリノール酸やリノレン酸、老化を防ぐビタミンとして注目されるビタミンE、不足すると脚気や神経炎を引き起こすビタミンB1とB2、ほかにビタミンB6、炭水化物の代謝に必要で不足すると皮膚炎などの原因となるナイアシン、アミノ酸、ミネラル類、カルシウム、リンの他、血圧を下げるといわれるカリウム、それにマグネシウム、鉄など現代人に不足といわれる栄養素を豊富にバランスよく含んでいます。

食物繊維もいっぱい!
食物繊維は消化酵素で分解されない未消化成分で分子レベルの微小な物質ですが人体にとって大事なものとされています。
可溶性(ペクチンなど)と不溶性(セルロースなど)があり、腸のぜん動を助け、消化過程全体の調節に重要な働きをしており、大腸ガンの予防や糖尿病にも効果があるといわれています。

食物繊維は、餡の原料となる豆類や和菓子によく使われる寒天に豊富に含まれていますので、和菓子を食べると自然に食物繊維を摂取することができます。

<全国和菓子協会>http://www.wagashi.or.jp/healthy.htm
5年作品5th Grade Clay Works in Confectionery Box 2003:Display
5年作品 5th Grade Clay Works 2007
5年作品 5th Grade Clay Works 2008

C.準備・材料/Preparation,Materials
 ○紙粘土、(ホワイトホップン−東栄社 TEL 03-3691-1881)粘土板、粘土べら
 ○水彩絵の具
 ○展示用菓子箱、持ち帰り用パック。

相互リンクrelated links:和菓子の情報を調べるのに利用したサイトから相互リンクをしていただきました。

和菓子の最前線 >相互リンク

「全菓連」さん>お菓子の学校>リンク>お菓子のファン

へ戻る

感想をお寄せ下さい。自分の和菓子をつくったら、メールで教えてください。
                                Written by Makio Kawashima  最終更新日Last Updated on 3/2/2013


戻るBack|篠崎図工室Shinozaki Elementary VISUAL ARTS

戻るBack |うきたeラーニング| UKITA ART MUSEUM

リンクLink [総合的な学習の時間 実践事例] Back to Integrated Lessons