駄話・13年07月分

13`07/29(月) -23:00-

DVDを購入して、「劇場版 HUNTER x HUNTER 緋色の幻影」を観ました。

ついに語られる、クラピカの過去。

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜

簡単な内容説明

新しい方のTVアニメ「HUNTER x HUNTER」の劇場版。

全滅したクルタ族の生き残りがいるとの情報を掴み、
調査に訪れたクラピカとレオリオ。
そこで、死んだはずのクラピカの親友、パイロを発見するも、
そのパイロの手によってクラピカは眼を奪われてしまう。
合流したゴンとキルアは、
奪われた眼を通して見える風景を頼りに、捜索を開始する。

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜

連載当時未公開だったネームを基にしたお話って事ですが、どこからどこまでが
冨樫の作ったお話なんですかねぇ。
正直、
原作の緻密な展開とは似ても似つかない脚本でした。
多分、
クラピカの過去だけがネーム部分で、今作のボス役、ヒソカの前の蜘蛛、オモカゲすら、冨樫の創作じゃないんじゃないかな。
オモカゲの念能力の設定が、ちょっといい加減だったから。

この
オモカゲの能力、作った人形に魂を宿し、本人の意識も能力も完全に再現すると言うもの。
しかもその人形、造物主である
オモカゲの命令には、絶対服従。
ただそっくりに人形を作るだけで、相手の念能力まで再現して使役出来るなんて、オーバースペックすぎます。
せめて、本人の眼を奪って人形のものとしなければ、本来の力は発揮出来ない。
などの、制約はあるべきだし、
冨樫が設定を作ったなら、そのくらい考慮するはずですよ。

だから、墓を暴いて眼を奪った
ウボォーギンが本人並なのはいいけど、ただ姿を真似て作っただけの、クロロたちの念能力まで完コピってのは頂けない。
当然、
キルアの記憶からコピーして作ったイルミも、本人並に強いのはおかしい。

このおかしな設定の所為で、いくつか納得の行かない展開がありました。
幻影旅団編が終わったばかりのこの時点では、ゴンキルはじゃんけんも電撃も身に付けていません。
その程度の実力だから、本来なら
ウボォーフランクリンの念攻撃に耐えられる訳がありません。
当然、
イルミも本人並ならば、ゴンキルが協力した程度で倒せる相手じゃない。
しかし、特にこれと言った理由や展開もなく、
ゴンキルが一緒に全力で向かって行ったら倒せてしまう…

蜘蛛であるオモカゲに、クラピカの鎖が使えるかどうかは、この際深く考えないとして…(^^;
その鎖、捕らえた
蜘蛛を強制的に絶状態にするチェーンジェイル。
演出の都合とは言え、強制絶状態のままで、
オモカゲは念でその身に取り込んだ人形を発現させちゃってます…
設定もストーリィ展開も、かなり滅茶苦茶でした。

ただ、それでも、つまらなくはなかったです。
そもそも、
TVアニメ(新)が原作とは別の作品と思えるほどテイストが違います。
あくまでも、その
TVアニメ(新)の延長線上にある映画なので、潘ちゃんのゴンをはじめとした新キャストや、新スタッフの作り出す作画、音楽と言った作風が好きなら、そこまで違和感なく楽しめるはずです。
正直、
TVアニメ(新)にはあまり冨樫節は感じられず、少年マンガ、ジャンプアニメ然としていて、猫を被っている感があります(^^;
まぁ、日曜朝に放送しているんですから、それはそれで当然かも知れませんが。
自分は、
DVDを購入して観ているのでまだ幻影旅団編までですが、TVアニメ(新)好きですよ。
だから、納得行かない内容ではあっても、それなりに楽しめました
(^∀^;

ですが、1つだけ、減点対象となる残念な事案がありました。
それは、
ゲスト声優に声優適正がなかった事です。

今作の客寄せパンダは、オモカゲ役に藤木直人、パイロ役に川島海荷の2人(あ〜やこと平野綾は、ゲストだけど本職だから除外)。
2人とも、適正的には同レベルで、普通のセリフはまだ聞けます。
ただ、感情の起伏を声の演技だけで表現する事は出来てません。
まぁ、
うみにんの方は、物静かなキャラクターだし、素人声優なんだからと許せます。
だが、
藤木直人、手前ぇは駄目だ。

とは言え、
藤木直人本人ではなく、今作のボス役と言う重要なポストに、素人をキャスティングした奴が戦犯。
ここぞと言うクライマックスシーンで、声の演技のボルテージがまったく上がらず、盛り上がりに欠けます。
そもそも、
ドラマでの藤木直人が、激しく感情を露わにするタイプじゃないですやん。
だから、彼なりに全力で演じた上でのミスキャストですよ。
その所為で、作品の完成度が確実に下がってました。
声優の役割が、いかに重要か。
それが良く判る作品でした。

設定やストーリィ展開に納得が行かず、それでも嫌いじゃないからそれなりに楽しめたけど、
素人声優にがっかり。
内容的に、「
HUNTER x HUNTER」を知らない人には説明不足で、誰が観ても楽しめるとも言えない。
って事で、自分と同じく、
TVアニメ(新)が好きな人にだけ、一応おすすめ可能です。
まぁ、時系列的に、正式な外伝として本編に差し挟めないパラレルストーリィだし、無理して観る価値はないですけどね
(^Д^;


個人的評価
 ★★★☆☆(3/5)





13`07/18(木) -23:18-

先日、
Xbox 360バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」をクリアしました。

今回の舞台、漂流する豪華客船、クイーン・ゼノビア。

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜

簡単な内容説明

以前、3DSで発売されていた
「バイオハザード リベレーションズ」の移植版。

1年前に起ったバイオテロ、テラグリジア・パニック。
その実行組織であるヴェルトロは壊滅したはずであったが、
活動を再開したらしい。
真相を確かめるべく、ヴェルトロのアジトを
雪山へ捜索に向かったクリスとジェシカ。
しかし、何故か2人は、地中海上にて消息を絶つ。

クリスらの捜索の為、ジルとパーカーは地中海へ赴き、
そこで漂流する豪華客船、クイーン・ゼノビアを発見。
果たして、ジルはクリスを助け出す事が出来るのか!?

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜

取り敢えず、クリアしたのは
キャンペーン・モードだけです。
一応、
レイド・モードのプレイは続けますが、おまけみたいなものだし、経験値稼ぎがかったるくてあまり面白くありません(^^;
多分、ゲーム自体の評価を左右するほどのものじゃないので、
キャンペーン・モードのみで感想を書きたいと思います。
もしも、ゲームの評価を左右するほどのものだったら、後日改めてと言う事で。

元の
3DS版は、「バイオハザード6)」より前の発売だったので、流石に最低バイオだったバイオ6よりは面白いだろう、とは思っていました。
しかし、その期待は裏切られました…良い方に。
めっさ面白いやん、これ〜
ヽ(^∀^)ノ
最低バイオ
のみならず、バイオだと思わなければ傑作だった「バイオハザード5)」すらも余裕で上回ってます。
TPSバイオに限れば、「バイオハザード4」に次ぐ傑作です。
いや、アクションボタン全廃な点など、
バイオ4よりも優れている点もあるので、人によってはTPSバイオの最高傑作と感じるかも知れませんね。

ではまず、何がそんなに好かったのかから。
1つ目は、日本語音声がデフォな点。
外国語音声に付く
字幕が、日本語音声のセリフとまったく同じなので、これは吹き替えではなく、日本語音声がオリジナルと言っていいでしょう。
元より、日本向け作品として制作されているのだから、本来これで正しい。

映画のようなゲームを標榜しているくせに、いつも
字幕が読みづらいから、日本語音声があるのは本当に助かります。
最近は特に、HD機で解像度が高いからと、画面に占めるフォントサイズが小さすぎ。
その上、明るい画面でも白文字のままだから、飛んじゃって判別出来ません。
字幕だけじゃなく、ゲーム中のメッセージもそうだから、これは改善してもらいたいですね。
もちろん、聞き取れないセリフとかもある訳だから、日本語音声に
日本語字幕の本作は最高

次は難易度。
今回は、易しい方からCASUAL/NORMAL/INFERNALとあって、もちろん自分はいつも通りNORMALから始めました。
いやぁ〜、難しかった
(^^;
最初におやっ?と思ったのは、Ep.3-1の
ハンターだらけ。
慣れればむしろ倒し易い
ハンターだけど、まだシステムや操作に不慣れでMapも把握していない初見プレイでは、延々湧いてくるハンターは強すぎたw
決して詰まりはしなかったけど、急に難易度上がったなぁ、と感じました。

そして、次のEp.3-2。
ここの
チェーンソー通信長には、絶望を感じました。
チェーンソーによる一撃死ももちろん困りますが、そんな事より延々湧いてくる
雑魚が邪魔過ぎる(^^;

今回、
バイオ6で言う所のカウンターが、回避になっている感じです。
能動的に回避が出来た
バイオ6と違い、リスクを冒してタイミングを合わせなければ、回避が発動しません。
操作のアクション性と言う意味では、
バイオ6の方が遊び易かったですね。

その所為で、複数の敵に囲まれる状況が、結構厳しい。
だから、出来るだけ速攻で
通信長を倒しちゃいたいんですが、まだ1周目なので、攻撃力や弾薬数が充分じゃありません。
その上、この
通信長がめっさタフで、まるで死にやがらない(^Д^;
乱戦の中でチェーンソーに切り刻まれたり、
雑魚の狙撃でボロクソにされたり、いつの間にか近付いてきた雑魚たちにたこ殴りにされたり…
たったEp.3にして、もうクリアは無理なんじゃないかと思いましたよ
(TДT)

一応、諦めずに何度も挑戦した結果、よく判らない内に倒せてました
w
ボンベをうまく使ったとかじゃなくて、手持ちのグレネード系を全部投げたったのが勝因かも知れません
ww
この後、
レイチェルとの初戦やラスボスなど、他にも手強い敵はいましたが、このメーデー野郎が一番辛かったです。

あ、でも、この話、難しすぎてつまんなかった、と言う意味ではありません。
その逆です。
滅茶苦茶歯応えがあって面白かった
ヽ(`Д´)ノ
アクション・アドベンチャー・バイオ
まで含めて、シリーズ最高難度だと思います。
だが、それが好い


…ただ、最高難易度のINFERNALはやりすぎた
(-_-)
バイオ6
よりも使い辛い回避ですが、これを使いこなすと一気に攻略が楽になります。
しかし、最高難易度であるINFERNALでは、敵の体力や攻撃力が上がるだけではなく、動きまで早くなってしまいます。
その所為で、折角NORMALで覚えた回避のタイミングが、狂って役に立たなくなるのです。
NORMALでの技術や経験が無駄になるINFERNALは、歯応えとか遣り甲斐とか通り越して、ただただ辛いだけでした
orz
いくら、INFERNALクリアのご褒美で
無限ロケットランチャーが貰えたからって、二度と遊びたくありません。
やっぱり、難易度はNORMALが最高な
ヽ(`Д´)ノ

あとは、システム面では良い点も悪い点もありました。
バイオ5と違い、スタートからクリアまでシナリオが連続しているのは良かったんですが、バイオ4のようにレオン1人が主人公ってのとは違い、途中でクリス、キース、パーカーと言ったサブ主人公を操作するエピソードが挟まります。
引き継ぎ要素の対象は、あくまでもメインの主人公である
ジルだけなので、サブエピソードでは常に用意された条件で戦わなければなりません。
それもあって、むしろINFERNALではサブエピソードの方が楽だったけど
(^^;
(難易度は高いが、用意された条件でクリア出来る設定になっている。)

ただ、他のシリーズでは出来なかった、難易度を跨いでの引き継ぎが出来るのは良かった。
正直、引き継ぎなしではINFERNALは無理ゲーすぎる
(^^;
今回、難易度問わず、ゲーム中に入手出来る
ロケットランチャーは、1周目にしか出ません。
そこで、CASUAL
NORMALINFERNALと順番に引き継いで行き、INFERNALのラスボス用にロケットランチャーを取って置けば、きっと少しは楽になるでしょう。
自分は、2周目以降も同じ場所で
ロケットランチャー取れると思って、1周目のラスボスに使っちゃいましたからねぇ(^^;
INFERNALの
ラスボスはあまりにも強すぎて、数日投げちゃいましたよw
その間に行ったイメージトレーニングが功を奏し、再開1回目で倒せたけど。

武器にカスタムパーツを装備するシステムは、Max改造ボーナスが画一化されてしまった
バイオ5や、無意味なスキルばかりだったバイオ6よりも、ずっと面白かったです。
基本的には、システム全般
バイオ4が一番面白いですけどね。
先述した通り、アクションボタンがない点は、
TPSバイオの中でリベレーションズが最高ですけど。

それから、
TPSバイオに付き物のコイン集め、今回は秘密の手形
ジェネシスと言う、敵をスキャンしたり、アイテムを発見したりする新要素の一環として、隠された秘密の手形を探すと言うもの。
この
ジェネシスでスキャン出来る範囲が狭いので、ライフルのスコープまで使って探し回らなきゃならなかった、バイオ5バイオ6よりはマシでした。
しかし、今回30個中29個しか発見出来ず…
いや、実は、最初の方の貯蔵室前の通路。
そこの壁にある血の手形に被る感じであったんですが、結構足元で下の方なんですよ。
6周…都合6周もして探し回ったのに、見逃してました…完全に、今回は自分のミスです
orz

とは言え、
秘密の手形を発見して得られる物は、役にも立たない武器が2つだけ。
ちょっと、
無限マガジンとか期待してたのに。
ちゃんと見付けたって大した意味はなかったし、乗り物酔いする俺にとっては、FPS視点でぐりぐり探しまくるのはいつも辛いし、凡ミスだけど結果今回も見付け切れず、いらいらしながらのプレイになったし…
このシステム誰得なの?
(-'_-)
絶対に、このシステムはない方がベスト。
マイナス要因でしかありませんよ。

てな訳で、一切文句なしとは行きませんが、
バイオ4バイオ5バイオ6と劣化の一途を辿っていた所に、ようやくブレーキが掛かりました。
その上、アクションボタン全廃や日本語音声など、今までで一番良い要素もありました。
バイオハザード」、「バイオハザード2」、「バイオハザード3」は別格として、TPSバイオの最高傑作バイオ4には比肩する出来です。
おまけに、今回の
ジルはとても可愛かったし(*^Д^*)
満点こそ付けませんが、全力でおすすめ可能な傑作ですよ
ヽ(`Д´)ノ


個人的評価
★★★★☆(4/5)




駄話へ