本文へスキップ

世界自然遺産 屋久島のエコツアーガイド

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0997-49-7786

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2400-438

準備物PREPARE

日帰りツアー(宿泊ツアー共通)

 ・上着
重ね着をして体温調整ができるようにしましょう。
素材は速乾性のあるものがよく、山用品の無い場合はスポーツ用品でOKです。
暖かい時期はTシャツと薄手の長袖シャツ、春秋の季節の変わり目にはソフトシェルやフリース、冬季はしっかりとしたアウター、インナーを用意しましょう。
・パンツ
ジーンズや綿製品は速乾性、伸縮性が無く不向きです。登山用のものをお持ちでなければジャージ等でOK。冬季は寒くないように厚手のものにしましょう。タイツ・レギンスにショートパンツやラップスカートでもOK(これは冬場は寒いです。)
 
 ・雨具(合羽)
ゴアテックスや新素材の通気性のあるセパレートタイプのものが快適です。ビニール製の安価な合羽は破れやすく内面が汗で濡れて不快です。また冬季にビニール合羽は厳禁です。
雨具(折りたたみ傘)
山中には屋根のある場所が少ないですので昼食時等に持っておくと便利です。
 ・帽子
好み、季節に合わせて用意しましょう。
・手袋
冬季は防寒用にしっかりとしたものを用意しましょう。暖かい時期は軍手でOKです。
 
 ・靴
ミドルカット・ハイカットのトレッキングシューズで足首の保護ができるものにしましょう。屋久島は雨が多いのでゴアテックス製であればなお良しです。スニーカーは控えましょう。
・靴下
厚手のトレッキング・登山用のもの。
・スパッツ
雨天時にはあると便利。積雪時には是非持っておきたいアイティムただ夏季等の天気の良い日は暑いかもしれません。
・ストック
使い慣れていれば非常に便利、慣れていない場合は持て余してしまうかもしれません。
 ・ザック
トレッキングに合わせた容量のザックを用意しましょう。日帰りコースでは20L程度のデイバック、宿泊コースでは35〜40L程度の装備の入り切るサイズ。
・ザックカバー
ザック合ったサイズのもの。
・インナーバック
長時間雨が降った場合、ザックカバーだけでは雨がザックに染みてきて内部が濡れてしまいます。インナーバックで防水しましょう。
・ヘッドライト
宿泊のツアー、日照時間の短い時期、早朝出発のツアー時に必要になります。 
・薬類
飲み薬はガイドは提供いたしませんので、ご自分に合った薬(アレルギー等無いもの)をお持ちください。胃腸薬、痛み止め、正露丸、目薬等。
・その他
カメラ、タオル、トイレットペーパーなど
 
 ・食料
早朝出発のツアーは朝食・昼食用お弁当、出発時間が通常のツアーはお昼用お弁当が必要になります。
・嗜好品等
おやつや行動食となるようなものをお持ちください。夏季には塩分を補給できるようなものをお持ちください。
・飲み物
500mlペットボトル1本。水場は多く在りますので粉末のスポーツドリンクなどを持っておくと良いでしょう。
 

宿泊ツアー

日帰りツアーの準備物以外に必要なもの
・シェラフ
季節に応じたもの。
・ロールマット
避難小屋もしくはテント泊となりますので必要です。
・食料
宿泊ツアーに合わせた食料。5食必要になります。
準備希望の場合はご相談ください。
・その他
テント、ストーブ、ガス、食器類は共同装備としてガイドが用意いたします。
 

※わからない点等スタッフにお気軽にご相談ください。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

屋久島トレック

〒891-4311
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2400-438
TEL.0997-49-7786
FAX.0997-49-7786
yakushima-trek@kfx.biglobe.ne.jp

ブログ:屋久島徒然なるままに