直線上に配置
 ようこそ アリスト147のページへ

少し前の話なんです。
2003年の春だった、14系アリストの中でも特に人気のあったパールUの3.0Vを購入、そして約7年間が経って、またそれから少なくともあと4〜5年は乗りたいとの思いで、修理計画も考えながら、交換用のパーツも準備しながら、私的には大事に扱ってきましたが、アリストの2JZエンジン、突然 ご臨終となりました。

晴天の霹靂と言いますか、全く突然なんです。

ウオータポンプアッセイの腐食が進行し水漏れに発展、7年前の購入後の車検整備で冷却水に錆が混ざっていて、・・・・ 当時は、こんなことに繋がるなんて想像もしていませんでしたが、たぶんこの錆の元が原因となって、冷却水漏れとなって、オーバヒートとなりました。

年末の忙しい時期でしたが、近所の修理工場に持ち込み調べてもらいましたが、簡単に行かないことを予期したのでしょうか、ギブアップ。仕方が無いので近くのトヨタディーラ(ネッツトヨタ)に持ち込んで、調査開始。

ウオータポンプから水漏れしていることが判り(腐食して穴空き状態)ウオータポンプアッセイを新品と交換しましたが、どうもオーバヒートした時にエンジン内部の水周りの水路が詰まってしまった??模様で、ウオータポンプ7万5千円と修理代金を支払ったのですが、直らず!

部品交換で水漏れは無くなりましたが、肝心の水が回らなければ、・・・・何とも悔しい状態になっていることが分かりました。残念ながら再び生きを吹き返すことは出来ず、修理をギブアップ。

アーメン

今年、車の入れ替えとなりました。東は千葉県、北は埼玉の春日部、西は本厚木まで、電車と徒歩で関東/首都圏の中古車ディーラを探しまくり、また147アリストを愛車とすることが出来ました。<2011.JAN>祝!

My ARISTO Page 従来のPageは、OLD ARISTO Pageとなります。

Old ARISTO Page

直線上に配置

ここからが New Page

新章のはじまり

まずは、はじめに・・・
JZS147アリストがデビューしたのは1991年の秋です。
デザインは、あの巨匠ジウジアーロが主宰するイタルデザイン社が手掛け、そのプロトタイプはジャガー・ケンジントンであることは、よく知られた話です。

デビューからかれこれ20年(今は2011年)の時を経ていますが、その先進的とも言える無駄の無い洗練されたデザインのロングノーズ、そしてロングデッキのフォルムは優雅で美しく、またトヨタのJZ系で最高性能を誇る直列6気筒DOHC24バルブの2JZターボをパワーユニットにもつ走りは、まさにスポーツカーそのものです。

参考までに webよりゲットしたケンジントンの写真を掲載します。エレガンスの香りが漂うと同時にいたるところに14アリストとの共通点がありますね   

ジャガー・ケンジントン リアビュー

ジャガー・ケンジントン トップ・ビュー
      
  
ジャガー・ケンジントン サイド・ビュー 

 
BlitZブーストコントローラとサード・アナライスECUでライトチューニングが施された
2JZの、その爆発的な加速に魅了され続けています。   
       


今度のアリストは、濃紺(ダークブルー:カラーコード8J5)です。
ヘッドライト、ホィ−ルやECUを旧アリストより引き継ぎします。

ヘッドライトは北米レクサス仕様に55WのHIDをインストールしてパワーアップ
バルブはHB4を流用しますが、外形が約1mm程大きいので削って合わせています。
XMAX製のキットですが、出力が安定するまでに暫く時間が掛かります。
バラストの特性ですかね。

アルミホィ−ルはRAYS社製のVRのエボリューションWがお気に入りで履いています。
 



 リアはヨーロッパ仕様のレクサス GS300のリアガーニッシュをインストール
若干ヒップアップ気味に車高を調整しています。
マフラはフジツボ製のレガリスR
これも旧アリストより引き継いでいます。

ECUはSARDの特別仕様のANALIZEを搭載しておりましたが、故障!
故障すると、アドリングが不安定になるばかりではなく
燃調も狂って、やたらエンジンが高熱になって危ない状態
たぶん、燃調マップのROMデータが化けていると・・・
一旦、標準品に戻しましたが、Boost Up時のリミッタで突然停止するのが怖いので
TOM'SのチューニングコンピュータUに交換しました。
スピードやブースト圧のリミッタが外れていること
Boost圧1.1くらいまで燃調マップがプログラムされている様なので、
BLIZのブーストコントローラ:SBC DUAL SpecRでBoost圧1.3MAXです。
制御することで、ブーストの立ち上がりも早く、
町中でも、とっても乗りやすい車に仕上がっています








センターコンソールには、ナビ(SONY)、レーダ探知機(Zero)、EDFC(TEIN)、ブーストコントローラ(Briz)が並びます。なかなかスッキリとインストールされてますね。 
ナビの、HDDはSSDに置き換えています。データアクセスが早くなりNAVIの性能もワンランクUP
 





この車両も初年度登録は平成3年と車検証に記載されております。西暦1991年ですので
2014年現在で23年になります。走行距離は5万キロ台なので摩耗劣化の影響は少ないと
思いますが、モールド材、ゴム系素材、電子部品の経年劣化が気になるこの頃。
1)フュ−エルポンプコントローラ

ある日突然エンジンが掛からなくなります。
フューエルポンプコントローラが故障してポンプが停止します。燃料が送られてこないので、エンジンは動きません。
応急処置は、フューエルポンプを直結。
後日、代替部品をオークションで見つけて交換修理しました。同型番が無く、セルシオ用のコントローラを付けています。
 
2)パワーシート

頻繁に壊れます。いつも同じ症状で同じ箇所、前後スライドさせる真ん中よりのギアが摩耗し、動かなくなります。
下の写真の手前が摩耗したギア


 
2回目までは中古のショートよりシートレールを外し、交換
3回目は、部品が手に入らず、上のギアに入れ替えて修理

2)ECU

SARD製からTOMS製のECU E.T.C Uに入替えています。しかし、中古のチューニングECUもあまり出回ってないね。
SARD製ECUの故障は、たぶんROMのデータ化けではないかと思ってます。SARD製ECUには不揮発性のROMが使われていますが、不揮発性って言うけれど、時間経過とともに少しづつ漏れていて、最終的にデータ化けっている事象になるのよね。アイドリングが不安定だったり、点火時期が不安定だったりしました。
次に壊れたら、標準にもどすかな〜
 
4)スピードメータ

車も時を重ねると経年変化による劣化や諸々の性能・機能の劣化があるもの、このアリストも最近になってスピードメータが時々動かなくなることがあり、オプティロンメータも一部不点灯になることが、時々あり、間欠故障でもあった為、原因が良く判らず、この際に修復も兼ねてフルスケールメータに改造することにしました。メータの移植ですので、走行距離の積算値は、そのまま引き継がれることになりますので、今後のメンテナンスには都合が良いと思います。
ネットオークションで中古のフルスケールメータを入手、これよりメータを移植し、フルスケールメータに変身させます!移植する時に気付いたんですが、メータと回路は、ピンと接触子で電気的に接続されていて、この部位の接触抵抗がスピードメータの間欠不動に繋がっている様です。
メータ移植後も同様な不動がかなりの頻度で起きましたが、ピンと接触子の接触部分を磨き、不動の現象が起きなくなりました。

注意事項⇒メータアッセイを取り外した状態で電源をONすると、自己診断が起動します。メータアッセイが未接続の時は、エアバック診断用のバルブ(電球)も繋がっていない為、バルブ切れのアラームがセットされてしまいます。このアラームはROMに記憶され、メータアッセイを繋いでもバッテリを外してもリセットされません。つまりエアバックのアラームが点きっぱなしになります。
直すにはダイアグノーシスコネクタより、リセットシーケンスを入力してROMのアラームをリセットする以外に方法はありません。 
 ⇒問題となった2つのピン
 
 ⇒320kmまで表示されるフルスケールメータです。これでメータが振り切れることはなくなりましたが町中では、あまり動かないので意味の無いメータですね。
 
⇒その後、スピードメータやタコメータの時々不動が再発。スピードメータが動かずとも積算計は動いているので、スピードセンサーには問題なく、メータ本体の問題の様。
車にはGPSを使ったスピードメータがあるのですが、トンネル内では機能しないので、外付けにオートゲージ製のスピードメータを追加しました。 

 5)ATシフトレバー
ある日突然、シフトレバーにガタツキが出はじめました。
取り付けネジでもはずれたかな と思いましたが、
分解して見るとレバーを支持しているロッドに挿入してある2つのブッシュの内の1つが壊れ、
支持にガタツキが起きていました。代替え部品を探していますが、手にいれるのは容易ではない様です。
応急処置として、レバーのガタツキをなくす様にステーで横からレバーを支える様に応急処置をしました。

 

 6)ブロアファンモータコントローラの故障
  少し前からですが、エアコンファンの調子が悪くなりました。速度の切り替えが上手く
  出来ず。最初は微風の制御が出来ないだけでしたが、その内ファン強弱の切り替え
  も出来なくなりました。
  エアコンのコントローラを交換しましたが、変わらず。故障の原因はブロアファンモータ
  のコントローラにある様です。
  中古品をネットで探しまくり、数ヶ月かかりましたが、見つけました。
  P/N 87165-30010 を交換して、修理完了です。
  故障品は、内部にオイルが滲んでいて、故障部位は電解コンデンサーの液漏れ故障
  の様です。  

 7)ハンドルリニューアル    
 
 セルシオ20用の社外ウッドコンビハンドル(SilkBraze)に変更してみました。
小径で握り部分の太さが違い、別の車に乗っている様な新鮮な感覚になります。
エアーバックのコネクタが異なるので、アリスト用とコネクタの付け替えが必要になります。

  80Φのオートゲージ製のスピードメータと52Φのブーストメータが右端の鎮座しています。