ボカロネットの私記

作成日: 2015年1月4日 最終更新日: 2017年7月17日

この Webページ は、P-Gengen が「ボカロネット」で制作したボカロデューサー楽曲のへのリンクを公開するものです。
「ボカロデューサー」(ボカロネット)は、ヤマハ株式会社が2014年8月から2016年9月に提供していたクラウドサービスです。


「プレミアム会員」登録以前

「プレミアム会員」登録以前 (サービスが終了したため、作品の参照はできません) (別ページ) 最終更新日: 2016年10月2日

「プレミアム会員」登録以降

「プレミアム会員」登録以降 (サービスが終了したため、作品の参照はできません) (別ページ) 最終更新日: 2017年1月8日

動画作品

2015年4月18日から、 「ボカロネット」で制作したボカロデューサー楽曲を動画化した作品を投稿しています。
時系列の一覧ですので、 下の方に記載されている作品ほど新しく、 (概ね)良いものとなっています。
ニコニコ動画のマイリストや YouTube のチャンネルの登録をしていただけると嬉しいです。

公開日 題名 備考 ご紹介等(他薦のみ)
2015年4月18日 輝きは私の名前 Chikaをうたわせようキャンペーン」 の応募作品だったものを動画化したものです。
音源は、ほとんど、ボカロデューサーで生成したもののままで、 映像は、 公式のイラスト(歌声ライブラリにも収録されています)を掲載しただけのものです。
当時、 「ゆきえ一味」 が次々と動画投稿デビューを果たしていましたので、後れを取るまいと投稿しました。
映像が公式のイラストを掲載しただけであることに加え、 ムービーメーカーの視覚効果であることが一目瞭然な場面が大半を占めるなど、 意図せずに、初心者らしい作品となってしまっていました (ムービーメーカーを操作し始めたのが投稿前日などいった有様でしたので、 本当に初心者でした)。
なし。
2015年4月29日 魔法天使レインボーラナちゃん Rana from ボカロPになりたい!キャンペーン」 の応募作品で、 「ゆきえ一味」 のお題「テラキモスまたは天使」の作品でもあったものを動画化したものです。
音源は、ほとんど、ボカロデューサーで生成したもののままで、 映像は、投稿前日頃に開封した「キャラミんStudio」で制作しました。
【0/0】Rana's Cast【RC-016】
Rana生放送 Vol.74
2015年5月5日 コーヒーをこぼしたキーボード Rana from ボカロPになりたい!キャンペーン」 の応募作品で、 「ゆきえ一味」 のお題「ネガい歌」の作品でもあったものを動画化したものです。
音源は、ほとんど、ボカロデューサーで生成したもののままで、 映像は、「キャラミんStudio」で制作したものに加え、写真素材を多用しています。
【0/0】Rana's Cast【RC-017】
2015年5月16日 五月の遊歩道 ボカロデューサーで生成した作品を基に、VOCALOID4 Editor で編集を行ったものです。
VOCALOID4 Editor での編集は、私の作品では、初めてのことで、 多くの失敗を含む結果となりました。
映像は、「キャラミんStudio」で制作したものに加え、写真素材を多用しています。
【0/0】Rana's Cast【RC-018】
2015年5月31日 昆布の朝 ゆきえ一味」の お題「昆布のめざめ」の作品だったものを基に、 VOCALOID4 Editor で編集を行ったものです。
映像は、「キャラミんStudio」で制作したものが主体です。
音源に関しては、前作の失敗からの反省で、 DAW によるミキシングで聴きやすくしたつもりなのですけれども、 マスタリングツールを一切使用していないなど(そもそも、所持していませんでした)、 恥ずかしい作品になってしまっていると思います。
世界の新着動画
日刊ランキングVOCALOID&something
【0/0】Rana's Cast【RC-019】
2015年7月19日 虹色ツイートらなかさん 企業公式中の人総選挙」に参戦なさった らなかさん を応援する歌です(実態は、 らなかさん の心情を勝手に推測した歌詞)。
曲は、「魔法天使レインボーラナちゃん」と同一です。
なのぴこさんにいただいたひな形を利用するため、 ビデオ編集にムービーメーカー以外のものを初めて使用しました (以前から購入してあったのですけれども、この時点まで未開封でした)。
また、公開時点では、唯一、 マスタリングツール を使用したものだったのですけれども、失敗しています。
初日の 24時間総合順位が凄いことになりましたけれども、 これは、作品自体への評価ではなく、 らなかさん への支持であると認識しています。
24時間総合順位:37位
Rana生放送 Vol.23
【0/0】Rana's Cast【RC-021】
【0/0】Rana's Cast【RC-022】
2015年8月14日 だい・へん・たい ゆきえ一味」の お題「( ´△`)へんたいっ!!」の作品だったものを基に、 VOCALOID4 Editor で編集を行ったものです。
とはいうものの、歌詞は、原典からかけ離れたものとなりました。
音源は、 前作「虹色ツイートらなかさん」 よりも先に完成していました。
私の作品としては、 初めてマスタリングを行った 作品で、それなりの効果が出てはいるのですけれども、まだまだであると思います。
24時間総合順位:279位
Rana生放送 Vol.29
Rana生放送 Vol.51
2015年9月9日 Ranaは、ついてくる Rana生誕祭2015」の参加作品です。
音源は、ボカロデューサーで生成したものを基に、 VOCALOID4 Editor で編集を行ったものです。
前作と同様のマスタリングを行ったのですけれども、 どういう訳か、上手くできていません。
映像は、「キャラミんStudio」で制作したものが主体で、前作以前にくらべ、 歌唱と映像の印象を合わせることに注力しました。 私の作品としては、初めて動いているキャラクタとステージの間に 動画素材による視覚効果を入れるという工夫を行っています。 ステージの変化は、四季を表しています。
日刊ランキングVOCALOID&something
2015年10月18日 落ち葉の中の小さな私 原曲は、ボカロネットのお題4「落ち葉」の応募作品だったもので、 シンガーを Rana にするため、vsqx的には、全面的に再制作しています。
歌詞の方も、シンガーが Rana であることを前提に、変更と追加を行いました。
映像は、「キャラミんStudio」で制作したものが主体で、前作と同様、 歌唱と映像の印象を合わせることに注力しました。 技術的には、前作の方が凝ったことを行っています。
なし。
2015年10月31日 歩き出すだけ 隔週刊「ボカロPになりたい!」第30号(完結号?)を記念する作品です。
原曲は、2015年の元旦の空模様や心情を描いたものだったのですけれども、 この機に、旅立ちと決意の歌にしてみました。 なお、私は、卒業などといえる状況ではありませんので、作中では、明言していません。
前作同様、vsqx的には、全面的に再制作しています。
映像は、背景を空のみにしたかったため、動画素材を用い、「キャラミんStudio」 で制作したキャラクタを合成するということを行ってみたのですけれども、 後から観ると、細かいミスが目につきます(実写の背景ならではの難しさもありました)。
Rana生放送 Vol.30
Rana生放送 Vol.31
2015年11月23日 月曜の雨音 歌詞は、2015年11月2日の空模様と通勤時の様子から思いついたもので、 ボカロネット(Twitter のタグ)宛に投稿したものに修正と追加を行いました。
曲の方は、動画のために再制作したものです。
シンガーは、久しぶりに Chika を用いました。 これは、Rana よりも Chika の方が歌詞に合っているように思ったためです。
映像の方も、久しぶりに写真素材主体にしたのですけれども、 これは、Chika の深刻な素材不足の影響で、致し方なくです。
Rana生放送 Vol.58
2015年12月12日 RanaRanaクリスマス 原曲は、「ミズノランニング×ギャラ子キャンペーン」の応募作品だったもので、 動画化を機に、vsqx的には、全面的に再制作しています。
映像の方は、 「Ranaは、ついてくる」 ほど凝ったことはしていないのですけれども、 思ったよりも見栄えのよいものになったと思います。
日刊ランキングVOCALOID&something
2016年1月1日 Ranaバージョンアップ! 歌詞は、2014年に制作した VOCALOID4 の歌を基に、 Rana のキャラクタや隔週刊「ボカロPになりたい!」のことを反映したつもりです。
今回も、vsqx的には、全面的に再制作しています。
映像の方は、非常に悩んだ挙句、 「キャラミんStudio」のものを主体としたシンプルなものにしました(多少、 面白いことをした程度)。 白地の使い難さを知りました。
Rana生放送 号外版
2016年1月31日 愛のしずくはハート型 原曲は、 「Rana from ボカロPになりたい!キャンペーン」 の応募作品だった「愛の欠片はハート型」で、 当初からバレンタインデーを題材としたものです。
当時の歌詞の婉曲なところを弱め、積極的なものにしたつもりです。 とはいうものの、第2コーラスは、変なものにしすぎたようにも思います。
今回も、vsqx的には、全面的に再制作しています。
映像の方は、「キャラミんStudio」のステージに適切なものがなかったため、 苦肉の策で、このようなものにしてみました。 素材と完成後で映像の印象が違うことに悩むとか、 投稿後に観ると改善すべき点が目につくなど、まだまだです。
Rana生放送 Vol.37
VOCALOID生放送 Part42554
Rana生放送 Vol.64
2016年2月29日 霧雨は白く 原曲は、 「Rana from ボカロPになりたい!キャンペーン」 の応募作品だったもので、動画化を機に、vsqx的には、全面的に再制作しています。
東北ずん子は、和風らしさを加えたいという考えから、起用したのですけれども、 意外に難しいと思いました。
映像の方は、当初からこのようなものにしたいと思っていたものなのですけれども、 事前に選択しておいた写真が動画制作の時点で使えなくなるなど、 予想外なところで、手間取りました。 また、画質という観点では、まったく満足できず、 何等かの対策が必要であると思っています。
VOCALONOBIS デイリーランキング 8位
VOCALOID生放送 Part42737
2016年3月27日 枝垂桜の艶姿 前作同様、原曲は、 「Rana from ボカロPになりたい!キャンペーン」 の応募作品だったもので、動画化を機に、vsqx的には、全面的に再制作しています。
前作で、東北ずん子を起用した真の目的は、この曲を動画化するためです。
前作よりも、曲が東北ずん子に合っていたらしく、 技術的には、大したことを行っていないのですけれども、 よくなっているように聴こえます。
また、前作では、ユニゾンの部分が今ひとつでしたので、今回は、改善しています。
映像の方は、作詞の時点で概ね想像していたため、 方向性としては明確だったのですけれども、 制作するとなると、それなりに難しく思えました。
また、前作の反省から、可能な部分については、改善を行っています。
24時間総合順位:287位
2016年4月30日 五月のひととき 「五月の遊歩道」があまりに稚拙だったため、再制作したものです。
歌詞に関しては、見たもの聴いたものすべてを描写しようとするようなところを抑え、 焦点を絞るように変更しました。
題名に関しては、悩んだのですけれども、区別をつけるために、変更しました。
歌唱に関しては、Rana よりも、 東北ずん子の方が曲に合っているように思うため、 そのように変更したのですけれども、 東北ずん子の難しさに苦慮することとなりました。
VOCALOID生放送 Part43132
Rana生放送 Vol.44
Rana生放送 Vol.69
2016年5月30日 藍色のグラデーション 原曲は、ボカロネットのお題13「梅雨明け」の応募作品だったもので、動画化を機に、 vsqx的には、全面的に再制作しています。
歌詞は、当初、見たままを描いたようなものだったのですけれども、 「ゆきえ一味」 の誰かから、失恋のようだとの感想をいただいた(ような気がした?)ため、 第2コーラスには、恋愛要素を入れ、 これが第1コーラス冒頭の意味に繋がるようにしたつもりです。
しかしながら、音の方は、 マスタリングツールのバージョンアップ を行ったことが裏目に出てしまっているように聴こえます。
映像の方も、 ビデオ編集に前作までとは別のソフトを用いました。 従来よりも高い解像度となったため(他に選択肢がなかったため)、 見栄えは改善されたように思います。 しかしながら、まだ不慣れであったため、思ったような映像にできていません。
一方で、よくできた動画素材のありがたみを噛みしめることとなりました(後に、 音街ウナの公式モデルを手がけることになる くうわんこさんの作品)。
VOCALOID生放送 Part43338
Rana生放送 Vol.46
Rana生放送 Vol.50
2016年7月2日 ビーチボール 2015年にボカロネットのお題向けに制作した同名の作品とは、別物です(歌詞の一部を流用した程度)。
歌詞の方は、着想の時点で(私としては)、多くの語を思いついたため、削りながら作りました。
また、前作の反省で、 マスタリングツール の使い方を変えました。それなりの結果が出ているように思います。
映像の方は、あれこれと悩んだ挙句、久しぶりに、「キャラミんStudio」で生成したもののみを用いました。
24時間総合順位:87位
VOCALOID生放送 Part43577
Rana生放送 Vol.49
2016年9月9日 まいてまいて(YouTube)
まいてまいて(ニコニコ動画)
VOCALOID Rana の 2周年を記念する作品です(「Rana生誕祭2016」)。
歌詞は、 2016年にボカロネットのお題向けに投稿した「シッポじゃないよ」を基にしています。 この歌詞を生誕祭向けの作品に採用した理由は、 「シッポじゃないよ」の前作である「まいてまいて」を投稿した折に、 らなかさんからご指導をいただいたことが強く印象に残っていたためです。
曲の方は、生成からやりなおした別物で、テンポを速くしてあります。
映像の方は、業務上の都合で、 従来よりも時間をかけることができなくなってしまったため、 手の届く範囲のことを行ったというのが率直なところです。 それでも、従来は、行っていなかったことを試みているのですけれども、 後から見ると、粗が目につきます。
音に関しては、前作と同様のマスタリングで、私の作品としては、 よい音質になったと思うのですけれども、 仕様変更 の影響か、 ニコニコ動画では、劣化が明らかで、何等かの対策が必要であると思います。
Rana生誕祭2016
2016年10月15日 森の中の一軒家 原曲は、ボカロネットのお題6「ハロウィン」の応募作品だったものです。 動画化を機に、vsqx的には、全面的に再制作しています。
原曲は、第1コーラスのみだったため、 これからというところで終了している印象なのが惜しいと思っていました。 動画化を機に、第2コーラスを追加することで、 ハッピーエンドにしました(ハッピーエンドは、当初からの構想で、 ようやく実現できました)。
第2コーラスの老化の表現は、 近年の実体験から着想を得ました(腰痛ではないのですけれども、 類似の経験がありました)。
第1コーラス冒頭の歌詞を「新月」に変更したのは、 2016年10月31日の月齢に合わせたためです。
映像の方は、「キャラミんStudio」を使わず(これに関しては、悩みました)、 画像を素材に 動画編集ソフト の機能を活用するという作り方をしてみました(とはいうものの、 構想に合う画像が簡単に見つかるものではなく、 画像の選択に3週間ほどかけるという有様でした)。
前作で発生したニコニコ動画の新仕様による音質の劣化への対策で、 フレームレートやビットレートを手動で設定するようにしたことが奏功したらしく、 音声の劣化を抑えられたように思います。
24時間総合順位:178位
Rana生放送 Vol.55
2017年1月2日 海に散る雪 原曲は、ボカロネットのお題11「雪」の応募作品だったものです。 動画化を機に、シンガーを Rana に変更の上、vsqx的には、全面的に再制作しています。
ボカロデューサーならではの(やや難解な)作風は活かせたと思うのですけれども、 曲の音域が Rana の得意とする音域からやや外れているとか、 コーラスにすべきところが上手くできなかったために、ユニゾンにしているなど、 音楽的には、反省点だらけです。
映像の方は、Rana の顔が鮮明に見えるものにしたいと思い、 このような構図としました。 これについては、 動画編集ソフト のバージョンアップが効いたのか、以前よりも鮮明になったように思います。
しかしながら、背景については、なかなか構想がまとまらず、 結局のところ、よい動画素材に救われたように思います。
24時間総合順位:107位
Rana生放送 Vol.61
Rana生放送 Vol.68
2017年3月18日 よんでるみたい 原曲は、 「Rana from ボカロPになりたい!キャンペーン」 の応募作品だった「二月の空」で、 動画化を機に、vsqx的には、全面的に再制作しています。
前作の反省から、コーラスは、それなりに作ったつもりです。 原曲のメロディも活かせたように思います。
映像の方は、前作のように、キャラクタを前面に出したものは、 曲の作風に合わないと思い、悩んだ末に、非常に無難なものにしてしまいました。 原曲が 2月の歌詞ですので、映像の花(写真)は、その時期のものを選びました。
24時間総合順位:70位
Rana生放送 Vol.66
【0/0】Rana's Cast【RC-013】
VOCALOID生放送 Part44960
Rana生放送 Vol.67
VOCALOID生放送 Part45043
Rana生放送 Vol.73
2017年7月17日 トーフめんたる 後日記載 なし。

使用機材等について

使用機材等について(別ページ) 最終更新日: 2017年1月8日

ボカロネットの変遷について

ボカロネットの変遷に関する私的なメモです。

2014年8月4日
「ボカロネット」(https://net.vocaloid.com/)のサービスが開始された。 内容は、「ボカロデューサー」の提供を主体とするものであった。
2015年1月1日
「ボーカロイドの父」剣持秀紀さんが 「ヤマハ株式会社事業開発部VOCALOIDプロジェクト」を退任なさったとのこと。
2015年5月26日
「ボカロデューサー」を提供するサイトと「VOCALOID SHOP」が 「ボカロネット」(https://net.vocaloid.com/)に統合され、 利用規約も改定された。
2016年7月7日
「DTMマガジン2016年8月号」に ボカロデューサー(ボカロネット)の後継サービスを準備している という主旨の記事(ヤマハ株式会社 新規事業開発部 VOCALOIDグループリーダーの談話) が掲載された(実際には、まだ提供されていない)。
2016年9月27日
「ボカロネット」のサービスが終了され、利用規約も改定された。
実際には、「ボカロデューサー」のサービス終了のみで、従来、 「ボカロネット」と呼ばれていたサイト(https://net.vocaloid.com/)は、 「VOCALOID SHOP」のみに改装され、存続した。
2017年1月25日
「VOCALOID SHOP」の URL が https://net.vocaloid.com/ から https://www.vocaloid.com/ に変更された。

RSS1.0 VALID Tweet
Copyright © P-Gengen
Twitter https://twitter.com/P_Gengen
Mastodon https://vocalodon.net/@P_Gengen

リプライはできないことがございます。ご了承ください。