図画工作科と総合的な学習/Art Lesson Plans and Integrated Lesson Plans

A.学習活動名/Lesson Title:

 野外彫刻Field Sculpture<Environmental Sculpture>




レッスン概観Lesson Overview:
外から見える宇喜田の森に、5年生はバーチャル野外彫刻を粘土でつくりました。
In Ukita Woods accessible for outdoor, 5th Grader have created "Virtual Field Sculptures" from clay.
学習領域Subject Area: ○
 
A−1○ 図画工作科/Drawing and Handicrafts[Art Lesson] 
a表現(1)造形活動/Art Project○(2)絵,立体,つくりたいもの/Expression and Creativity
 b 鑑賞/Appreciation  
A−2○ 総合的な学習の時間/Period for Integrated Study[Integrated Lesson]  
 a. 国際理解/International Understanding  ○b. 情報/Information○ c. 環境/Environment  
 d.福祉・健康/Welfare&Health ○e. 地域や学校の特色/Distinctive Education
 f.児童の興味・関心/Children's Own Interests
B.実施日 2002年10月9日Date: 9/10/02

C.学校名「東京都江戸川区立宇喜田小学校」School: Ukita Elementary School
         
D.学年 5年Grade Level:5th

E.先生 Teacher in charge: Mr. Makio Kawashima
               
F.授業の日数(2日) Lesson Length (Days):1 to 2
  時間数(2時間)45分授業Hours:[45-minute class periods]

G.場所/Place at:「図工室とパソコン室 Art room and Computer room 」

H.主なねらい/Lesson Objectives:
 ○〔総合的な学習の時間(1)〕情報機器を活用してよりよく問題を解決する資質や能力を育てる。この学習は児童が能力、および問題を自分で発見し、かつそれらの問題を適切に解決する能力を発達させることを助けることを目指します。
Encourage students to active use of computers in virtually every subject.
This lesson is aims at helping children develop capability and ability to discover problems by themselves and solve those problems properly.
 ○〔図画工作科第5,6学年 A表現(1)材料や場所などの特徴をもとに工夫して,楽しい造形活動をするようにする。
Encourage students to create new ideas using imagination and creative technique while considering the qualities of the materials and the placement or arrangement of those materials.
 ○〔図画工作科第5,6学年 B鑑賞(1)我が国や諸外国の暮らしの中の作品などのよさや美しさ,表現の意図などに関心をもって鑑賞すること。
Encourage the student to appreciate and value the quality, aesthetic beauty and aim of expression of the art of Japan as well as known art of other countries.
 ○ 環境問題に対する対応Response to environmental issues
この学習は環境を保存して、よりよくするために、自発的に行動する実際的な心と能力を発達させるでしょう。
This lesson will be encouraged to develop practical mind and ability to voluntarily take actions to preserve the environment and make it better.

I.学習過程/Lesson Activities[Procedures]:
導入作品:Introducing the Work of Art
オン・ライン資源:On-line resources: Suggested websites:
The Umlauf Sculpture Garden & Museum
http://umlaufsculpture.org/
箱根彫刻の森美術館
http://www.hakone-oam.or.jp/sitemap/index.html
1.粘土の特性および野外彫刻についての理解のための鑑賞
Appreciation for develop an understanding of Field Sculpture and character of clay.
2.粘土のためにアイディアスケッチをする。
Idea sketch for the clay model
3.環境を考えながら油粘土で彫刻をつくる
Create a clay, thinking of Environmental Sculpture
4.作品をデジタルカメラで撮影する
Digital Imaging:Taking Digital Photos
粘土作品 clay works <5th Grade>

Photographs of the camera can be read in any computer.
5.ディジタル写真の取り込みと編集
Editing Digital Photographs
写真を編集するソフトウェア
Photo-Editing Software:HYPER CUBE Net<SUZUKI EDUCATIONAL SOFTWARE Co.LTD>
6.宇喜田森の写真と合成する。
Composite Imaging

国営武蔵野丘陵森林公園の写真も利用できます。(承諾済)
7.印刷して、鑑賞する
Printing Images
Composite Imaging

粘土イメージがディジタル形式であれば、生徒は彼らの作品イメージから部分をとり出し、宇喜田の森のイメージへそれを貼ることを始められます。これらの合成イメージは慣れているかあるいは唐突かもしれません。しかし、合成は、テレビや印刷広告で何度も行われています。
Once clay images are in digital form, students can start to take a piece from their clay images and paste it into Ukita Woods images. These composite images can be tame or wild. But, compositing is done so often on television and in print advertisement.


J.支援・評価/Support,Evaluation Procedure:
 ○野外彫刻の写真を鑑賞した。
Appreciate Field Sculpture Photographs.
 ○完成した作品について話し合った。
Students produced a finished work of art. Students discussed their work with others and looked at others work.

評価基準: Evaluation Procedure:
J-1図画工作科Art Lesson
教師評価 3段階:3 Point Scale
1 points- Work shows little effort or individuality.
1ポイント−作品は努力または特性をほとんど示しません。
2.points- Work shows effort to complete assignment and follow directions but little originality
2.ポイント−作品は完成し、指示通り努力をしているが、独創性をほとんど示しません。
3.points - Excellent effort displayed during work and shows creative expression and technique.
3.ポイント−作品の中に優れた努力、そして創造的な表現および技術を示します。

J-2 「総合的な学習の時間」"Period for Integrated Study"
評価観点:Assessment Matrix
1.課題設定能力:自分から課題を見付けている。
1.ability to discover problems by themselves.
2.問題解決能力:自分で判断してよりよく問題を解いている。
2.ability to judge and solve those problems properly.
3.学び方や情報活用能力:調べ方や発表など、適した学び方をしている。
3. learn how to learn and research.
4.創造的な態度と自己の生き方:総合的な学びを生活に生かしている。
4.use their knowledge and skills comprehensively in daily life.
creatively cope with their own way of life.
記述評価
5.評価:身に付いた力
(自ら学び、自ら考えるような生きる熱意が身に付いたか)
5.acquired the "zest for living" such as ability to learn and think independently.

○生徒は、環境彫刻、個人的な成長、レッスンの全体にわたって得られた知識および全面的な実行の成功および創造性で評価されるでしょう。
The students will be evaluated on the success and creativity of their environmental sculpture, personal growth, knowledge obtained throughout the lesson, and overall performance.

K.準備・材料/Preparation,Materials:
○油粘土 Oil clay,
○粘土板、粘土べらmodeling tools
○デジタルカメラ digital camera
○コンピュータソフトcomputer software for computer-aided design
software: ハイパーキューブねっとHYPER CUBE Net

宇喜田美術UKITA ART MUSEUM

質問がある場合は連絡をとってください。 If you have any questions, please contact us.
    School Art Sitesこの学習は外国よりリンクされています。

図工・美術のネット学習 アートeラーニング
Art e-Learning

美術と総合の実践事例
Back to Lesson Plans

更新Last updated 5/11/2009