2011/3/11大震災と薪ストーブ

3月11日の大地震 那須町震度6発生後 地震後の点検整備補修に
約60軒余りの薪ストーブ設置現場を回りました 地震の翌日はかなり冷え込み
停電等もあってか 薪ストーブで暖をとりたいけど 地震の影響が心配で
使用を躊躇される方々から 電話が殺到したことを覚えております
大変申し訳ないことですが とりあえずは 当社設置のお客様からの訪問になりました。
回ってみて 那須地区の最大震度は6強もあり 揺れにより 58軒中 全ての家で 
1cm〜22cm程 本体が動いておりました。内5件は 本体転倒
幸いにも 58軒中 薪ストーブを使用されていた方はごく少なく2軒だけだった事もあり
火災には至らず ホッとしましたが これが厳冬期だったらと思うと.....

この教訓を次に生かすよう施工していきたいと思います。
 今回の震災でメーカー側からの改善策や解決策は出ておらず 
すごく残念であると同時に今後に期待したい。

 炉台 炉壁のレンガ工事等については
熱伝導等の安全面の指導はさせていただいてはいるが
レンガの積み方や施工方法までは建築会社任せの事が多く 
炉台の倒壊で薪ストーブが倒れるとは予想もしておりませんでした。
まずはこの部分の改良が一番重要かもしれません。




2011年03月24日
ストーブ転倒(他社施工現場)
レンガがストーブを押し倒してます。揺れの凄さが伝わってきます。
この家は 屋根上の煙道囲いも傾き 屋根一部改修でした。
2011年04月18日
煙突の外れ。
屋根裏から煙道内で 二重煙突が外れる。
サポートもグニャグニャです 天井板もはがれております。
今回の点検では 出来る限り天井板をはがして内部点検もしました。
2011年04月10日
レンガが倒れる。
1t近いレンガが煙突に寄り掛かっています 普通ならこのまま薪ストーブも
倒れたのでしょうが 超大型のディファイアントだからでしょうか?
本体は6cmほど前側に押されてました。
2011年04月05日
煙突外れる。(他社施工現場)
これまた 接合部の破損ではづれる。 バンドは付いたまま引きちぎられた感じ
 二重煙突の塗装のはがれで 揺れの大きさがうかがえる。


戻る
次へ



2014 ASPEN LTD