ご尊名

真 如 海 上 人
寺院名 大日坊
(真言宗豊山派)
系統 大日坊系
(湯殿山系)
所在地 山形県東田川郡朝日村大網
ミイラor
即身仏
即身仏 没年又は
入定年
天明3年(1783年)
8月14日
(96歳)
入定伝説 土中入定 通算
訪問回数
3 回
お寺の様子
即身仏
ご尊顔
お寺の
パンフレット
より

代受苦菩薩真如海上人は朝日村越中山に生まれ、
純真な性格の持主として育ち、幼少の頃より仏教の
教えに心をひかれ、青年時代より仏門に帰依出家し、
一生を捧げて弱肉強食の不平等社会を仏国楽土
たらしめ、衆生を救うことを誓願され、湯殿山大権現
を信仰し、本寺大日坊を拠点として各方面の教化に
つとめた。寺を建て慈悲を施して社会福祉につとめ
られたため、徳望一世に高く、生き仏として多くの
人々より尊ばれた。20代より即身仏を志し、木食
の行に入り、天明3年96才で生身のまま土中に
入定するまで70余年の長い間この難業苦業を
積み重ね即身仏となられた。今日まで約200年
以上もなるが、生きながら入定そのままの尊い姿
である。即身仏とは、湯殿山行者の行う難業苦業の
最たる木食の行を積み重ね、生きながらにして
土中に入定し3年3ヶ月後に弟子や信者の手により
掘り出し、これを清め乾かして即身仏となる。

俺の感想
コメント

真如海上人は私が初めて対面した即身仏
である。今でも大日坊の仁王門の前に立った
時の言い知れぬ興奮は昨日のことのように
思い出せる程だ。といってもこの日は
この後、立て続けに注連寺本明寺
訪問して一日で3体もの即身仏と対面する
ことになったのだが…。(これは余談ですが、
山形県には8体の即身仏があり、その内の
6体は庄内地方にあり、更にその中の3体は
朝日村に存在しています)さてこの大日坊と
いうお寺は「大変立派な」お寺らしく、国道を
走っていると大きな案内看板が目に付くので
素人でも簡単に辿り着けるものと思われます。
なお、参拝をする際にはまず最初に本堂で
お坊様の「ありがたいお話し」を聞いた後で、
神社でやるような御祓いをしてから拝観を
するのが手順となっています。またこの大日坊
には徳川三代将軍家光の乳母で有名な
春日局も信仰を寄せていたらしく、所縁の品
なども多数展示されています。境内は大変
賑っており、2度の訪問共に私達以外にも
大勢の観光客の方がお見えになって
いました。ちなみに大日坊は明治8年に
火災に遭遇してしまい、残念ながら2体の
即身仏が焼失
したといわれています。

トップページへ戻る
前のページへ戻る