私たちの団体は、障がいがあっても住み慣れた地域の中でのびのびと生活できるよう、障がい者とその家族の生活をサポートすることを目的としています。ヘルパーを各、お宅へ派遣して、身体の介護や外出の手助けをさせていただいています。

 

理事長について、一般社団法人、理事長は重度の身体障がい者ですが、自ら国保連への請求・移動支援の請求またヘルパーのお給料などを計算しています。手足が不自由なので口にくわえたわりばしで、1つ1つキーボードを打つ方法でパソコンを使いこなします。

08年に結婚し、二人の子供がいます。どこへ家族で外出しても親子だと思われませんが、障がい者が地域で暮らし、ごく当たり前の生活を送ることができるというのは、理想的な社会だと、考えています。

tppへ