税理士 会社設立


税理士 会社設立


会社を設立すると、顧客に商品やサービスを提供して利益を得る業務以外に、会社のお金の処理をする経理の仕事が発生しますが、お金の処理は資金を管理して業務を間違いなく行うためだけではなく、決算を行い決められた税金を支払うためにも必要な処理です。この会社の経理に関する処理は、法律に従い正確に処理を行う必要がありますので、専門の知識を持った人が処理を行わなくては、正しい処理することが難しく業務が滞ってしまう可能性もありますので、会社設立に際しては、会社の経理について熟知しているスタッフが必要になります。

しかし、事業を始めたばかりの頃は業務の量も少なく、社内の経理専門のスタッフが行う仕事が十分にないことも珍しくありませんので、能力の高い専用のスタッフを雇用してしまうと、無駄な経費が発生してしまう可能性があります。そのため、会社を設立した当初は、社内に経理に関する専門のスタッフを雇用せずに、会社などの税理の専門家である税理士と共同で仕事をすることが一般的ですし、会社を設立して軌道に乗った後でも、毎月の経理の処理や決算時の処理などで、仕事を手伝ってもらう企業がほとんどです。

また、会社を設立した当初は、経理関連の作業で分からないことがたくさん出て来ますので、出来るだけ連絡がしやすい税理士であることも必要となります。経理に関する疑問点が出てきた時にはすぐに連絡がとれて、簡単な疑問であっても丁寧に教えてくれる税理士であることが重要です。このように全ての仕事を社内のスタッフだけで処理をしようとせずに、専門家をうまく活用することで、効率良くより経済的に事業を運営することが可能になるのです。


▲ 税理士 会社設立 TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.