会社設立 有限会社


会社設立 有限会社


以前は会社を設立する場合は、株式会社と有限会社のどちらかを設立することが多かったのですが、2006年5月1日に新会社法が施行されると有限会社を設立することが出来なくなりました。有限会社は300万円以上の資本金を用意すれば会社設立が可能なため、少ない資金で事業を始める時には大変に有効な会社組織でしたが、新会社法により株式会社も一円の資本金で設立が可能になりましたので、有限会社の存在する意義もなくなったのです。しかし、新会社法が施行する前に設立された有限会社は、そのまま存続することが可能となっていますので、無理に株式会社に変更したりせずに、従来の通りの名称で会社を運営することが可能となっています。

有限会社であることによって、長い期間営業を続けていることの証明ともなりますので、何か不都合なことがないのであれば有限会社のまま事業を行うことで、会社の伝統をアピールすることが出来ます。もしも、有限会社から株式会社に変更する場合には、会社の印鑑を作り直し法務局に会社組織の変更の申請をしなくてはなりませんし、会社のパンフレットの変更や取引先への通知などの作業もしなくてはなりません。このような点を考慮して、有限会社を運営する人は今後の方針を決めなくてはなりません。

そして、これから新たに会社を設立する場合には、株式会社の他にも合同会社などの中から資金や事業内容に即した会社を選んで、事業を行うことになります。一円の資本金でも株式会社を設立することは出来ますが、一定期間内に資本を増額しなくては会社をそのまま維持することが出来ないので、少ない資金で会社を設立するという有限会社の役割は、合同会社に引き継がれていると考えることが出来ます。また、株式会社には、役員に任期があったり株主総会や取締役会などを設置する義務があるために、会社運営に手間が掛かる面もありますが合同会社にはそのような決まりもないために、比較的に自由に事業を行うことが出来るのです。


▲ 会社設立 有限会社 TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.