会社設立 手続き


会社設立 手続き


事業を行う上でさまざまなメリットがある会社を設立するには、一連の定められた手続きを行わなくてはなりません。これらの手続きを行い法務局に会社として認めてもらわなくては、会社として対外的に活動をすることが出来ません。作成する書類などの内容に間違いがないことも大切ですが、手続きの順序なども決められた通りに行うことが必要となります。

まず、会社の印鑑を注文し定款を作成してから、公証人役場で定款の認証を受けて、資本金を定款で決めてある金融機関に払い込みます。その後、定款などを持って本店を管轄する法務局に行き、会社設立の申請を行い、申請書類の記述や内容に問題がないようであれば、申請した通りの会社が設立されます。このような会社設立の手続きは、公証人役場や法務局など普段は足を踏み入れたことのない場所に行き手続きを行うことになりますが、これらの手続きを初めてする人でも、事前に内容を理解して必要なものを揃えるようにすれば、問題なく処理をすることが可能なものです。

会社を手続きする方法についての書籍も数多く出版されていますし、法務局などに直接連絡をすれば分からない点について教えてくれますので、経験のない人でも一人で手続きをすることが出来ます。しかし、会社を設立する時は、実際の業務を開始するための作業などが山積する時期でもありますので、当事務所に会社設立のための手続きをご依頼ください。当事務所は会社設立に関する手続きを代行することが可能な資格があるので、大まかな会社の内容について打ち合わせをすれば、問題なく一連の書類を作成し手続きをします。


▲ 会社設立 手続き TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.