会社設立 流れ


会社設立 流れ


会社を設立するためには会社組織を整えるだけではなく、必要な書類などを揃えて法務局に提出を行い、会社として認められなくてはなりませんので、一定の手順に従って会社設立を行う必要があります。まず、どのような会社のするのかについて、業務内容や事業所の場所などの具体的な内容を決めなくてはなりません。

漠然とした内容ではなく、会社の代表者の指名や事業の場所については具体的な番地までも決めておくことが必要となって来ます。このような事業内容などについては、事業を成功させるために必要であるばかりではなく、会社設立のための申請を行う際の書類に記載したり会社の印鑑を作成するために決めておかなくてはなりません。会社の関することは比較的に自由に決めることが出来ますが、社名については他の会社と混同したりする可能性があるものなどについては、使用することが出来ないので気を付けなくてはなりません。

事業内容などが具体的に決まりましたら、会社の印鑑を作り定款を作成することになります。会社の印鑑は印鑑を作っているお店などで発注をすることが出来るもので、価格や納期などを検討して好きな所で作成してもらうことが出来ます。定款は会社の基本的な情報を記載して法務局に提出をするものですので、ある一定の書式に則り内容に間違いがないように記述をしなくてはなりません。印鑑や定款に用意が出来ましたら、それらを持って公証人役場に行き定款の認証を受けるようにします。

その後、定款の中で定めた金額を金融機関に資本金として払い込みを行い、法務局に行って会社設立の申請をすることになります。申請をする法務局は、会社の本店の所在する場所を管轄する法務局に対して申請をする必要がありますので、どこの申請に行けば良いのかを事前に調べておかなくてはなりません。そして、申請内容に問題がなければ、申請した内容通りの会社が設立されることになりますので、会社として事業を行うことが出来るようになります。当事務所では、これら全てを代行させていただきます。


▲ 会社設立 流れ TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.