会社設立


会社設立


会社設立をする前に、さまざまなことを決めておかなくてはなりません。まず、具体的な事業内容を決める必要があります。事業内容によって会社としての組織内容を決めて行くことになりますし、用意する資金の額や事業所などの準備にも関わってきます。事業内容をあいまいなままに会社を設立してしまうと、実際に仕事を始めた後で決めなくてはならないことが多いために、中々利益に結び付く仕事をすることが出来ずに時間を無駄にしてしまうことになります。

事業内容などについては出来るだけ具体的に検討をして、会社設立をしたらすぐに顧客に商品やサービスを販売出来るようにしておくことで、事業の成功の確率を高めることが出来ます。そのように具体的に事業内容を決める時には、事業内容に相応しい名前を会社に付けることも大切なことです。社名を見ればすぐにどのような事業を行っているのかが分かるようであれば、初めて取引する相手でもすぐに商談に入ることが出来ますが、社名だけでは会社の内容が分からない時は、最初に会社の内容の説明を丁寧にしなくてはならないことになります。

このような手間が掛かってしまうと取引相手も取引しづらいですし、何度も会社の説明をすることになる社内の人間も次第に面倒くさくなってしまいます。そのため、社名は誰が見てもすぐに事業内容が分かる名前にしておけば、会社の説明を省くことが出来ますし、電話帳などで社名を見ただけで連絡をしてくれる新しい顧客も期待することが出来ます。単に好きな言葉だけを選んで社名を付けるのではなく、顧客の立場になって分かり易い社名を付けることが重要となります。

後で社名や事業内容などの会社に関することを変更することも可能ですが、手続きに手間や費用が必要になったり、取引などに変更についての連絡をしなくてはなりませんので、出来るだけで変更しなくても良いように、会社設立の手続きをする前には十分な検討することが大切です。


▲ 会社設立 TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.