会社設立 株式会社


会社設立 株式会社


株式会社を設立するためには、会社の印鑑・定款・資本金などを用意して所定の手続きを行う必要がありますが、一度会社設立の手続きをしてしまうと、申請した内容に従って業務を行う事になりますので、良く考えて申請内容を決めなくてはなりません。会社として登録をしてから内容を変更することも可能ですが、資本金を増額するなど以外の変更については、対外的に良い印象を与えないこともありますので、出来るだけ最初の登録を変更しなくて済むようにすることが重要です。

会社設立時の登録内容については、会社の将来を決める事業内容などを慎重に検討することは当然ですが、会社の資本金についても十分に検討を行う必要があります。
法律が改正されたことによって、資本金が一円であっても株式会社を設立することも可能となりましたが、5年以内に資本金を増やさなくてはそのままの状態で会社を運営することが出来ない点なども考慮しなくてはなりません。

ある程度の資金が必要となる事業を開始するのでしたら、資金を確保して資本金として会社を設立する方が、取引先などの信用も得やすくなり、事業を運営やしやすくなります。しかし、あまり資本金を増やし過ぎてしまうと、会社を設立する時の費用が余計に掛かってしまったり、小さな企業が受けられる制度が適用されないなどの問題も出て来ますので、どのような場合に資本金による区別がされるのかを十分に調べておかなくてはなりません。

このようないくつもの会社の重要な項目については、十分な調査を行ってから事業計画書としてまとめることが大切です。そして、この事業計画書を多くの人に見せることで、不足して部分や内容に誤りがある部分などを指摘してもらい、より完成した事業計画とすることが出来ます。出来れば一緒に働くことになる人達だけではなく、社外にあっても協力をしてくれそうな人や、取引相手などの人達にも見てもらって、意見や協力を求めるようにするべきです。


▲ 会社設立 株式会社 TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.