会社設立 合同会社


会社設立 合同会社


規模の小さい会社で事業始める予定でしたら、株式会社を設立して事業を行うことだけではなく、合同会社を設立して事業を運営することも検討してみるべきです。合同会社は、出資金の比率に関係なく配当額を決めることが出来たり、決算公告の義務がないなどの比較的自由な会社運営が可能な会社でありながら、株式会社と同じように出資した資金以上の責任を負わなくて済む会社組織です。そして、会社に出資をしている人が直接業務を行うことになるため、素早く会社の方針を決めることが出来るので、経営環境の変化に迅速に対応することが可能になります。

また、株式会社のように役員の任期に制限がないので、いくらでも好きなだけ役員として経営に携わることも出来るようになっています。合同会社には、このように会社を運営する上でいくつものメリットがありますので、社内の規則を好きなように決めて思うような運営したい場合には最適な会社となっています。株式会社ほど一般の人に知られていない合同会社ですが、法律できちんと認められている会社ですので、個人で事業をする場合によりも取引先や顧客などに信頼してもらえるために、事業運営が容易になります。

合同会社を設立する時には、株式会社設立時と同様に会社の印鑑や定款などの必要なものを用意して登録申請をすることになりますが、手数料などが株式会社と比べて安くなっていますので、より少ない資金で会社を設立することが出来るようになっています。まずは少ない資金で事業を始めたいと考えている人にとっては極めて理想的な会社であるため、合同会社を設立して事業を開始する人も増加していますので、今後は多くの人に合同会社の内容が理解されることになります。
会社には株式会社や合同会社などいくつもの種類がありますので、これから行う事業内容や規模などを検討して最適な会社組織を選ぶようにすれば、費用を削減出来て運営しやすい会社を設立するこが可能となります。


▲ 会社設立 合同会社 TOP

会社設立 会社設立 費用 流れ 手続き 株式会社 合同会社 有限会社 届出 税理士

Copyright (C) Shimokawa Yoshifumi Office 会社設立. All Rights Reserved.