パチ組みレビュー

TOPに戻る

レビューに戻る

用語集

引用資料


時は、クラウド・センチュリー(Croud Century・衆歴)、001年。
人類は、月からもたらされた「T結晶」によって無尽蔵のエネルギーを手に入れた。それにより、 国家による行政や貨幣による資本経済は終焉し、ざっくり言えば、物々交換によって国境のない社会が運営されるようになった。 しかし、歯止めのかからない人口増加は如何ともしがたく、人類は確実に、その生活圏を食いつぶしつつあった。(※T結晶によりエネルギーを得るシステムのことを、「ユビキタス・エネルギー・システム」といい、それを使ったエンジンを「UEユニット」と呼ぶ。)
CC198年、一人の天才(リンカー)が現れる。 その名は、ライト・ロードン氏。 同氏は、200年前からの懸案だった居住圏の問題を、地底、海洋、宇宙を開拓することで解決する「Reスフィア計画」をぶち上げた。 その計画の実現には、地底、海底、宇宙に対応できる、全く新しい重機が求められた。 この時代には、既に人型汎用建機「フレームマニューバー」があったが、これは地上用であり、求められる高度の汎用性に対応することができなかった。 そして...
CC208年2月、「フレームアーキテクトTYPE001」が完成。 これは、「フレームマニューバー」を開発母体とした、「究極の汎用性」を持つ重機である。エンジン(UEユニット)を胴体だけでなく、腕や足にも搭載しており、極端な話、「腕だけ」でも運用可能だった。一人乗りで、一応コクピットは胸部にあるが、リモートコントロールが可能なので、必ずしも必要なかった(MSM2, S02
フレームアーキテクトは生産体制に移行し、月面にプラントが建造された(月面プラント)。オートメーションでフレームアーキテクトの生産の大部分を担う巨大プラントであり、Reスフィア計画の要であった。(MSM2 全ては順調と思われた。 しかし…
CC208年8月、ライト・ロードン氏が、月面プラントでの足跡を最後に行方不明となる。 同氏はReスフィア計画になくてはならない存在だった。捜索隊が月面プラントへ向かったが、そこで見たものは、 暴走し襲い来る、フレームアーキテクトの大群だった(MSM2, MSM3。 月面プラントは要塞化され、通信は途絶していた。 何者の手によるのか、その目的も不明。 のみならず、
CC209年2月、月面プラントは降下艇を建造し、地球の侵攻を開始した。 無人のフレームアーキテクトは大群をもって既存の兵器を蹴散らし、地上を蹂躙した。 人々は、そのフレームアーキテクトを「アント」と呼んだ(MSM2, MSM3, PWE
人々は急遽、「地球防衛機構」を組織した。 地上に少ないながらも先行配備されていたフレームアーキテクトを間に合わせの銃やブレードで武装し、アントに対抗した。 しかし、圧倒的な数で攻め込んでくるアントの前には、多勢に無勢。 間に合わせの武装程度では、アントの進攻を止めることはできなかった。 かくして地球防衛機構は、フレームアーキテクトの本格的な武装化を進めることになる(MSM2, MSM3, PWE, 001R
CC209年10月、「重機」たるフレームアーキテクトに戦闘機の能力を付加した「兵器」が完成する。人類初の「フレームアームズ」(以下FA)である。 「SA-16 スティレット」と名付けられたその機体は、対アント兵器として優れた戦闘力と展開能力を発揮した。 また、同機に平行して人類初の陸戦型FA、「三二式一型 轟雷」が開発された(001R。 スティレットと轟雷は世界中の防衛機構で運用され、同年内に様々なバリエーション機や新型機を生んだ(MSM2。 FAの充実により地球防衛機構は侵攻の阻止に成功した(006。 しかしアントの数は増え続け、月面への反転攻勢どころか、一進一退を繰り返すのがやっとだった(MSM3
CC211年9月、月側は鹵獲した轟雷を元に独自のFA「NSG-04δ ヴァイスハイト」を開発し、戦線に投入した。 地球側はFAというアドバンテージを失い、戦局は泥沼化した (MSM3, 009, 010, KSA
CC212年1月、月側は新技術「TCSオシレーター」を搭載したFA「NSG-X1 フレズヴェルク」を戦線に投入、技術面での優位性を示した。TCSオシレーターはT結晶技術の応用により、通常兵器を無効化するバリアーとして、またはFAを即死せしめる高威力兵器として機能した(PVS, 015。対して、地球側は月側のFAに対抗できる新型FAの開発と現行機の新型への全面換装(SX計画)、さらに、現場へのストックパーツの支給(EX計画)を開始した(MSM3
CC212年10月、「バードハント作戦」において、地球側は月側の「NSG-X3 フレズヴェルク=ルフス」の鹵獲に成功、TCSオシレーターを解析し技術の遅れを取り戻す道筋を得た(S03, S10
CC212年12月、地球側は「YSX-24 バーゼラルド」を開発、それに続く新型高性能機をもって、反転攻勢に出た(PWE, 017, 027, 032, 033。「四八式一型 輝鎚」とその派生機は降下艇基地の攻略を開始した(029, S09
しかし、大きな組織には裏切り者がつきものである。地球防衛機構内で、長期化する戦闘に嫌気がさした「急進派」は月側に従う方針を掲げ、月側と密かに連絡をとりはじめた(028。急進派は防衛機構内に混乱を起こし弱体化を狙ったが、「黒い森事件」で月と内通する証拠を残してしまう(MSM3,028, S05
CC213年11月、急進派の陰謀は露呈し組織内から一掃され、内部分裂を起こしかけていた防衛機構は組織を立てなおす。ここで大きな働きをしたのが、先の「バードハント作戦」でも成功を収めたFAパイロット、ジャン・B・ウィルバーであった。(028, 031
CC213年12月、地球側は地上での失地を挽回し、月面プラント攻略作戦を実施した。しかし、ここで現れた月側の新型FA「NSG/Z0」シリーズの前に、思わぬ苦戦を強いられる。その最たるは「NSG-Z0/G マガツキ・崩天」で、新鋭機を駆る地球側のエースパイロットであるトルース・ロックヘッドですら、全く歯が立たなかった(MSM3, 023, 024, 030, S08

【続く 2018年4月4日】