REPORT-DIARY   薬師寺ヤスヲの徒然なる時の記録

※管理人の独り言につき、無礼をお許しください。また、ここの更新はTOP NEWSに反映されません。

記事一覧

FA熱

充電くんで遊びつつ、FA:G、FAのミキシングで遊ぶ毎日。
とはいえ、30分/day程度だが…。

  • 2017年11月09日(木)13時29分

筆塗り三昧

最近、筆塗りがブームだそうだが…。
筆塗りは良いぞ、機材が要らないから…。片付けも楽だし…。

ああ、塗り面が広いと、塗りムラが…。

早く、エアブラシ、届かないかな…。

  • 2017年11月04日(土)09時16分

関連商品

アップロードファイル 1114-1.png

FA:G関連で、プラモ以外に数多くの商品が発売され続けている。
全部買うという選択をするのは簡単だが、それをやると出費がかさむし、何より置き場がない。

プラモ以外のグッズは全部買いしないことと決めて、実用性のあるものと、買わなかったのを後で後悔する可能性の高いものに絞る。

缶バッジとか、アクリルスタンドは可愛いけれど、幾つか買ったのは仕舞ってあるだけになっている。買わなければもう手に入らないと思うと不安になるが、要らないものは要らないと腹をくくらなければならない。
プラモは既に置き場が飽和状態になりつつあり、それを解決する手段として、コンテナは使えそうだ。
しまむらのスウェットはデカールがついているし、着られないこともないし、買いか。

  • 2017年10月31日(火)09時03分

ファッション・ランナー

「LINE」など不要と思っていた。なくても困らなかったからだ。
しかし先月と今月にかけて二度にわたり、LINEの友達登録を求められることがあった。

「やってないから」と断ったのだが…。

インターネット、キャッシュカード、携帯電話、無線LAN、USBフラッシュメモリー、ツイッター、スマートホン。
登場した当時は不要と思って少し様子を見たが、その後に手放せなくなったツールが、これまでいくつあっただろうか?
もちろん、Face bookなど、試してみたがやはり要らなかった、というものもあるが…。

「なくても困っていないから」は危険な発想だ。
面倒でも、新しいものに挑戦し続けなくては、きっと時代に取り残される。気がつけば「最近の若い者のすることはわからん」とつぶやく、引きこもりの老害になってしまう。

…というわけで、LINEをはじめてみる。

  • 2017年10月25日(水)16時32分

キンピカ

アップロードファイル 1112-1.jpgアップロードファイル 1112-2.jpg

全身金色というだけで、一気にゴージャス感が上がる。

  • 2017年10月23日(月)11時36分

アニメ フレームアームズ・ガール

遅まきながら、視聴を終えた。

戦闘もあるけれど、概ね、あおちゃんとFAガールたちの、楽しい幸せな日常を描いた話と思った。自分の住む世界からは遠く離れた、夢のような世界で、到底手は届かないのだけれど、それを見ることで、自分も幸福感をわけてもらえた。

そのせいだろう。
話が終わりに近づくと、まるで自分の幸福な日々が終わってしまうような、非常な寂しさが胸に刺さった。


どの回が一番よかったかは、視聴者めいめい、あろうかと思う。
私が一番よかったと思ったのは、最終話だった。

最終話、「君に贈るもの」。
その後半、あおちゃんの元を去ることを告げた、バーゼラルドのセリフ。

「(自分にとって唯一無二の存在が)意外と、近くにいる気がするんだよね」

この一言で、全ての寂しさが消えた。
そうさ。自分には自分の、FAガールがいるじゃないか!
あおちゃんたちの、手の届かない、遠い夢の世界は終わるけれども、そばを見れば、世界にただ一つのFAガールは自分の手の中にいる。
そしてそれは、オープニングにも歌われていた。

「探すんじゃなくて、気づけばいいんだよ」

  • 2017年10月21日(土)20時24分

ごー!ごー! ごーらいかい!

アップロードファイル 1110-1.jpg

パーツ洗浄楽しい。

  • 2017年10月20日(金)13時06分
@yakusijiyasuwo からのツイート
Web Diary