REPORT-DIARY   薬師寺ヤスヲの徒然なる時の記録

※管理人の独り言につき、無礼をお許しください。また、ここの更新はTOP NEWSに反映されません。

記事一覧

結実

テストは合格した。

メールボックスに合否通知と思しき封書が入っているのを見たとき、手足の裏にぶわっと発汗を感じた。

かつてない密度で勉強したし、これ以上ない準備で挑んだテストだった。それゆえ、もし不合格なら、来年の再受験にはどんな対策を立ててよいかさえ思い浮かばなかった。だから、なんとしても合格であってほしかった。テスト後は毎夜、受験や合否の夢に悩まされた。毎日、メールボックスを見るのが怖かった。

やっと、解放された。

  • 2017年09月15日(金)19時00分

寝台列車とプラスチックの道連れ

アップロードファイル 1101-1.jpgアップロードファイル 1101-2.jpg

東京での用事が夜に終わったら、一泊して帰るのも良いが、寝台列車を使うのも良い。

乗るときは一人だったが、持ち込んだキットを組み立てると、道連れができた。

  • 2017年09月14日(木)18時37分

地味に入手困難

アップロードファイル 1100-1.jpg

アニメに登場する姿で、公式も制作を想定したと思う。
しかし、必要なのは、キャンペーンシールに、限定特典パーツが2つ。
これをそろえるのは簡単とは思えない。

  • 2017年09月08日(金)13時04分

パーツ洗浄

界隈では基本手技の一つとされているらしい、「パーツ洗浄」。

レジンなどのガレキでは、パーツを洗わないと塗料を弾くので、自分の中でも基本だった。
しかし、プラモデルでも本当に必要なのか?

これまで、プラモのパーツを洗ったことはほとんどなく、塗装に問題はなかった。もちろん「アーテル・インバート」も洗っていないが、塗装の仕上がりに不足はない。
唯一、「ジャンネッタ(ウェアウルフ・ファング)」を塗るときに、試験的にパーツを洗ったことがある。しかし、結果は逆に塗料を弾かれた。それ以来、下手に洗わない方が良い、と決めていたのだが…。

今回、「充電くん」を塗りにかかった際、パーツ全体で塗料を弾かれ、制作続行不能に陥った。

やはり、洗浄は必要なのか…?
改めて洗ってみることにする。もちろん、すすぎと乾燥は入念に、だ。

  • 2017年09月06日(水)07時41分

アーテル インバート

アップロードファイル 1098-1.jpg

アニメ12話は未視聴なのだが、商業誌やネット上を流れてくる情報で、「黒いアーテル」を知った。
明らかに、「FA:Gアーテル クリアバージョンを使って作れ」という、コトブキヤの「お題」だった。

ただの色違い…。

口で言うほど、また、レビューで書いたほど簡単な話ではなかった。

大量のクリアー塗装。
クリアー塗装はスプレーを使ってもムラが目立ちやすく、ランナー一括塗装では切り離した面が乱れやすい。また、そもそもクリアーパーツは塗装に弱く、塗装後に割れやすくなる。

けして少なくない、ABS素材のパーツ。
ABS素材もまた塗装に弱く、乾燥後に無理な力を加えれば容易に割れてしまう。

どうやればいいのかわからない、「色の悪い肌」。
エアブラシを持たないから、筆塗りでなければ缶スプレーに頼るしかない。しかし、缶スプレーにそんな色はないし、そもそも顔なんか塗りつぶしたら再建できない。
「スモーク」を使うところまでは思いついたが、実際にやってみるまでは、うまくいく確信なんかない。

キット本体は既に入手し難く、価格も安いものではないから、塗装のミスやパーツの破損が、即、作戦失敗につながるものだった。

結局、パーツの犠牲を1体分にとどめ、ほぼ予定した通りの完成形にこぎつけたのだった。

  • 2017年08月29日(火)14時08分

収拾

8月中旬までの忙しさの中で、色々ととっ散らかっていたことの片づけが終わった。

散乱した机上。
破裂しそうなバインダー。
ぐちゃくちゃの引き出しの中身。
後回しにしていたデスクワーク。
余った4体のムーバブルクローラーとガトリングアーム。
積みっぱなしのFA:Gフレズヴェルク/同アーテル合計4箱。

終わって気がつけば、もう、今年の夏が行く。

  • 2017年08月28日(月)10時16分

夏季休暇

休暇と言っても趣味に使える時間は皆無だったのだが、毎日十分な睡眠がとれたので、リフレッシュとしての効果は非常に大きかった。

  • 2017年08月14日(月)13時31分
@yakusijiyasuwo からのツイート
Web Diary