プロバイダー・回線業者・携帯会社 → プロバイダーについて
プロバイダーについて
プロバイダーとは、インターネット接続業者とも言う、インターネットを利用する場合に必要な会社です。
回線業者とは、家庭からインターネットの世界への経路の間に、特別な回線を使わなければアクセス出来ない場合、必要な
業者です。
インターネットに接続する方法は、大きく分けて五種類あります。
ダイヤルアップ
ISDN
ADSL
CATV(ケーブル)
光ファイバー
パソコン
(通常、パソコン付属のダイヤルアップモデムを使用)

電話回線(NTT)

プロバイダー

インターネットの世界


パソコン

信号変換機
(ターミナルアダプタ)

ISDN回線(フレッツ)
(回線業者はNTT)

プロバイダー

インターネットの世界

パソコン

信号変換機
(ADSLモデム)

ADSL回線(フレッツ・Yahoo・ACCA・eAccessなど)

プロバイダー
(回線業者がYahooの場合は、プロバイダーも自動的にYahooとなる)

インターネットの世界
パソコン

信号変換機
(ケーブルモデム)

ケーブル回線業者と
プロバイダーを兼ねた会社

インターネットの世界


(CATV(ケーブル)は企業によってシステム形態がそれぞれ違います。)
パソコン

信号変換機
(回線終端装置)

光回線(フレッツ・Yahoo・TEPCO・eo・KDDIなど)

プロバイダー
(回線業者がYahoo・TEPCO・eo・KDDIのひかりoneなどの場合は、プロバイダーも自動的に同社)

インターネットの世界

インターネットとは、
ホームページを見たり、メールをやり取りするときに、経由する世界中につながった回線とその回線の間のパソコンを含めた、
網の目の様な世界を意味します。このインターネットの中に存在するパソコンの事をサーバーと言います。
が、通常、一般的には、「メールをする」 「インターネットをする」 と言う場合のインターネットとは、ホームページを見ること
を意味する場合が多いです。また、インターネットは、ネット(Net)とか、ウェブ(Web)とか言ったりもします。
また、このインターネット上のサーバーは、(基本的に)中継サーバーです。メールをやり取りするときに、プロバイダーなどに
使わせてもらって、私たちがやり取りするメールを管理しているのが、メールサーバーです。これに対して、ホームページを管理
しているのが、ホームページサーバーです。

プロバイダーの解説をする上でさけられないのが、回線業者の説明です。

回線業者とは、インターネット利用者の家庭からインターネットの世界への経路の間に、特別な回線を使わなければなら
ない場合(プロバイダーだけではアクセス出来ない場合)、必要な業者です。
具体的には、ダイヤルアップ以外は回線業者が必要となるですが、ケーブル回線業者とプロバイダーを兼ねた会社へ申し込む
場合は、回線業者を意識することなくインターネットの利用をすることになります。

と言うことで、プロバイダーとは、インターネットのに接続するためには必ず必要な業者です。また、前述のように、回線業者
必要な業者ではありますが、実際に申し込みをするのは、プロバイダーで、回線業者にはプロバイダーから連絡され、利用で
きるようになるようです。(ただし、フレッツの場合は、フレッツの回線業者であるNTTに電話して申し込む方法もありますが、電
話した先のNTTにプロバイダーの担当者がいて、その担当者という人に説明を受けて申し込むので、NTTに申し込んだことに
なるのかも?と思います。???)


トップへ
戻る