電話鑑定(メール可)
 
案内・申込み
名付け・命名 申込み

ご感想、ご意見うけたまわりメールボタン
ページ移動ボタン 龍得水の四柱推命による「人物鑑定」専門サイトへ
名前画数不思議! 「数」の吉凶誘導力を解説  最初の スタート に戻る
よりよい
名付・改名 鑑定姓名判断
    鑑定料金 一覧表 ページ に 

大切な名前を無料占いで決めて大丈夫ですか?!

よく 「無料占いによる姓名判断や自動占いは信用出来るか?」・・・という問い合わせがある。
昨今、手軽に鑑定できるコンピューター占いによって赤ちゃんの名付けをされる方が増えているようだが、この問いには何時も “本当に価値のあるものは無料ではなく必ず正当な代価がつくものですよ”・・・ と、お答えするようにしている。


特に近年では皆が個性化を求めるがあまり、頼りとする名付けの専門書のなかにまで素直には読むことの出来ないような漢字を無理やりに使用して名前を羅列する書物が横行するにいたっては、その無定見さを含めて明らかに行き過ぎといわざるを得ない。

名前は個人を識別、総称する大切な呼称であり、広く社会的なる活動の中で一生その人と社会を繋ぐ代名詞の役割りを担っているのであって、家族しか読めない名前では社会的認知の面で齟齬が生じるのではないかと危惧するのである。

誰もが素直に読めない名前は、これから先、人前で問われるたびに、学校で、あるいは病院の受付で、はては社会生活のあらゆる場面で、いちいち説明しなければならない子供への負担を考えるだけでも無駄なエネルギーの浪費という他なく、これこそがいわゆる「名前負け」の大きな要因であり、先天的に自分自身に大きなエネルギーが備わっていない限り、かえって名前の余分な負担に負けて運が萎縮してしまう恐れもあるのです。

名前はその子が一生背負う問題でもあり、名前の吉凶が運命の総てを支配している訳ではありませんが、名前の誘導力がその人の後天的な「運」に反映した形で少なからず影響力を及ぼすと言うことはよくあることでもあります。

だからこそせめて漢字文化を逸脱しない程度の「読みやすさ」をできるだけ考慮し、その上で個性の中にも意味のある、“センスがきらりと光る” 見識ある名付けを子供のために一生懸命心がけて欲しいものであります。
                                                  龍得水


このページは龍得水「姓名判断」編 を構成するフレームページの1部ですが、トップページに入るには下記をクリックすることでホームに戻れます。

左端に11個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここをクリック 、トップに戻れます