申込

受付











後悔しない赤ちゃん命名を

人の一生にはその都度、運命的に選択しなければならないさまざまな岐路があり、そしてその長い人生における最初の有利・不利を決めるかもしれない分かれ道が「赤ちゃん命名」、すなわち名付けであるともいえる。

最初に付いた名前が吉名であったか? 凶名であったか? この違いは一生を左右するかもしれないほど、その者の人生に大きな影を落とす重大な問題となるケースもあるのです。

名前が凶名なれば “後から「改名」して開運の道を探ればよい” という方法も残されてはいるが、それはすでに一度挫折した者が「敗者復活戦」を戦う救済処置のようなものであり、最初の「名付け・命名」が如何に重要であるかを理解してほしいのです。

凶名からの改名は開運の手段として有効ではあるが、長年通用した旧名を捨て、新しい名前を根付かせる努力も必要であり、せっかくの改名に無理があったり、あるいは変更に要するマイナスのエネルギーに見合った成果が期待出来ない限り、安易な改名はかえって「運」が停滞することさえあるのです。

名前の吉凶が運命の総てを支配している訳ではないが、名前の誘導力がその人の後天的な「運」に反映した形で、少なからず影響力を及ぼすと言うことはよくあることであり、せめて漢字文化を逸脱しない程度の範囲で個性ある名前を選択することを、是非心がけて頂きたいと切に願い本ホームページを編んだものであります。
                                                龍得水

このページは龍得水「姓名判断」編 を構成するフレームページの1部ですが、トップページに入るには下記をクリックすることでホームに戻れます。



左端に11個のページ切替ボタン列が表示されない場合は ここをクリック 、トップに戻れます