春風に乗って花に集まる虫
 
多くのカミキリムシが、森林害虫というイメージを抱かれがちななかで花に集まるカミキリムシ〜訪花性のカミキリムシは、神田英治先生の著作「訪花性カミキリムシ」冒頭にありますように、森林の豊かさを象徴する示標昆虫として貴重にして森林環境に大きな役割を果たしています。
先日2007年9月5日に12歳の誕生日を迎えた次女が、7歳でカミキリムシに目覚めてこれまでに見つけた花に集まるカミキリムシの生息記録をここに紐解きながら、改めて訪花性カミキリムシの存在から、今日カミキリムシをはじめとし森林とそこに生息する昆虫を取り巻く環境の現状と、これに対する我々のありかたを検証してみたいと思います。
多くのカミキリムシの愛好家たちが、過去においてはカミキリムシを愛するのと同じ高潔さでもってカミキリムシを取り巻く環境をも愛して森林を守り人を育ててきたように、いまもこれからもこうした先人の偉大な精神がカミキリムシの愛好家たちに受け継がれ、カミキリムシに対する考究の志が受け継がれるならば昆虫採集者が環境の破壊者とみなされるはずがありません。
地球における生き物の末永い共存を願って。       2007.9.7.管理人
 
 


ヨツスジハナカミキリ

ヨツスジハナカミキリ

マルガタハナカミキリ

マルガタハナカミキリ

ツマグロハナカミキリ

ツマグロハナカミキリ

ニンフホソハナカミキリ

ニンフホソハナカミキリ

ミヤマホソハナカミキリ

ミヤマホソハナカミキリ

カラカネハナカミキリ

カラカネハナカミキリ

キヌツヤハナカミキリ

キヌツヤハナカミキリ

オオヨツスジハナハナカミキリ

オオヨツスジハナハナカミキリ

ミドリカミキリ

ミドリカミキリ

コウヤホソハナカミキリ

コウヤホソハナカミキリ

ヨコモンヒメハナカミキリ

ヨコモンヒメハナカミキリ

アカハナカミキリ

アカハナカミキリ

ヌバタマハナカミキリ

ヌバタマハナカミキリ

ミヤマクロハナカミキリ

ミヤマクロハナカミキリ

ツヤケシハナカミキリ

ツヤケシハナカミキリ

ヒゲジロハナカミキリ

ヒゲジロハナカミキリ

HOME