サークル「負け組クラブ」 HN:ゼファー にて東京系イベントなどに出ております。

〜今後の予定〜

2015年夏コミ 金曜日 東A−05b です。よろしく


    〜発行本紹介〜(既刊)



2010年 12月30日発行
おねがいパチュリー
20P 350円(書店価格)

とらのあなメロンブックス、 コミックZINホワイトキャンバス で委託販売中。

実は私はこう見えても、東方緋想天でもパチュリーを使っていたくらいのパチュリー好きでして。
ぽんじゆうす?主催の緋想天トーナメントでも2回戦負けの実力です。
だったらパチュリーをフィーチャーした本を出さないわけにはいかんだろう、というコンセプトで出来た一冊。

この辺りから背景色に苦労しだしました。
なにぶん「おねがい○○○」は基本的に背景模様が同じなので色で差をつけるしかないのですが、それなりに長いことやってるので、段々使える色が無くなってきたのです。
なるべくキャラのイメージと合わせようってことで紫にしましたが、よく考えたらこの組み合わせは以前「おねがいレミリア2」で使ってたので猛烈に被ってますね。 いやー、色は難しい。










2010年 10月11日発行
これぞわたしのお姉様!(合同誌)
48P 600円

とらのあなメロンブックス で委託販売中。

参加メンバー: あちきのめがねPointsわいるどらびっつRRR負け組クラブ

去年の紅楼夢でも合同誌を出したので、今回も似たようなコンセプトの合同誌でどうだろう、という安易な考えで出来た一冊。

参加メンバーも増えてページ数も大幅アップ。基本的に私は個人誌がペラ本ばかりなので、合同誌になるとその厚さが際立ちますね。

当初は背景も前作『これが私のお嬢様!』と同じく真っ白だったのですが、それだと前作と勘違いして買ってしまわれる方がいるかもしれないと思い、急遽水玉模様を追加しました。
これで大丈夫と思っていたのですが、それでもややこしい表紙だったのか「前作と勘違いして買っちまったぞバカヤロー」というお叱りを頂きました。申し訳ありません!











2010年 8月14日発行
おねがいレミリア番外編3
24P 400円

とらのあなメロンブックス コミックZINホワイトキャンバス で委託販売中。

最近薄い本ばっかりだったから夏は熱くて厚い本を出すか!と思って早めに準備に取り掛かったんですが、やはりというかなんというか、いつも通りの薄いペラ本になってしまった悔しい夏コミ新刊。

これでも十分薄いってのに、当初の予定では20P本だったんだから恐ろしい。
予想外に本文が1P増えてしまい、締め切り前日に商業でも活躍中のねことうふ先生に快くゲストを描いてもらいました。豪華だ。










2010年 3月14日発行
おねがいレミリア番外編2
20P 350円

とらのあなメロンブックス で委託販売中。

前回の例大祭では新刊を落としてしまい、しかもイベント自体もバックれて皆様から大ヒンシュクを買ってしまったので、今回はひとつ厚くて内容も厚い本を出すか!と意気込んで臨んだものの、やはり何時ものように原稿着手時期がズレ込み、20Pで限界を迎えた例大祭新刊。

例大祭自体は4回くらい申し込んでるんですが、新刊を出したのはこれが初めてでした。

レミリアが大統領になって色々する話です。










2009年 10月11日発行
これが私のお嬢様!(合同誌)
40P 600円

とらのあなメロンブックス で委託販売中。

参加メンバー: あちきのめがねPoints羊箱負け組クラブ

いつものSMAPメンバーではなく、今回が初めましてのメンバーで望んだ"へたれレミリア"がコンセプトの東方合同誌。

さる方から「合同誌の主催をやってみませんか?」とお誘いを受け、あれよあれよという間に私が主催ということに祭り上げられ、そしていつの間にやら完成していたという本ですが、急な割にはよくできていたと思います。多分。
途中HAMさんが一人担当8ページのところを4ページと勘違いしていて、急遽何名かに友情出演をお願いするというアクシデントもありましたが、トラブルも乗り越えて、割りとよくできたと思います。
多分。心優しき助っ人サークル様に感謝。町の巨匠に感謝。

そしてここが一番大事なところですが、この本、割とよく売れました。
やはり表紙のインパクトの勝利だな、うん。シンプルイズベスト。手抜きではなく、シンプルである。









四宮さんの目線がとれました

2009年 8月15日発行
紅魔館の3名様2
20P 300円(完売)

さあ、この夏は気合入れて壮大な東方本を描くか!
――と思って早めに準備をしようと思ったものの、最初の原案ができなければ全体の原稿計画もズルズルと先伸ばしになっていくものでして…「ここを超えればもう通常のストーリー本は無理だ」というラインを超えたため、急遽以前に出した3名様の2に変更となりました。

急な本だったんですが「急な割には、面白いじゃん」と、そこそこの評価を頂けたようで、ありがとうございます。あくまで「急な割には」ね。









リリカル3名様とは若干違う

2008年 12月29日発行
紅魔館の3名様
16P 250円(完売)

せっかくの冬コミだしいっちょ大長編でも描くか、と思って構想を練っていたら、あれよあれよという間に締め切りが迫ってきまして、このままでは大長編は無理だが何としてもコミケで落とすわけにはいかない…という状況の中、起死回生の打開策として出した一冊。

16ページという負け組クラブ史上最薄の本となってしまい、誹謗中傷を覚悟していたんですが、意外にも皆様の感触は悪くなかったので安堵しました。僕はここにいていいんだ。
でも何も言わずに去っていった方もおられるかもしれないので、まだまだ油断はできない。









かんなぎ

2008年 11月2日発行
ドキドキon東方(合同誌)
36P 600円(完売)

来年は廃れる、それで廃れなかったらいや、来年こそは廃れる、と言い続けて、結局廃れるどころか現在もその勢いは止まるところを知らない東方のおこぼれに与ろうぜ、といういつものコンセプトで始まった一冊。

毎回、我々の合同誌には明らかな戦犯がいたのですが(リリカルの佐倉2號、もーっとリリカルの負け組クラブ等)、今回の東方にはその手の戦犯も特に見当たらず、各人持ち前の順応性で手堅くこなしたと思われます。

しかし合同誌たるもの、参加メンバーは全員、その時点での最高点を目指さなければならない。
そういう意味では、今回の合同誌は人気の東方ということで、参加メンバーに不安と戸惑いがあったように思われる。次回があるかどうかは分かりませんが、次はもっと攻めの姿勢で描いてもらいたい。
失敗を恐れて無難にこなすような者は、SMAPにはいらないのである。
滑ったっていいじゃない。
各人、(私を含めて)奮起を望む!









2の位置に意外と手間取った

2008年 8月17日発行
DEATH FATE 2
28P 500円

〜参加ゲスト様〜
まつりさん

FATEの世界にデスノートがあったら?という悪ノリの学生ノリで始まったネタが意外にも続いてしまい、負け組クラブ初の完結本まで持ち込めた記念すべき一冊。

1の時点で続きの構想はあったので、いつもよりは苦労が少なかったですね。
延ばそうと思えば3まで延ばせたけど、ダラダラするのは嫌いだし、多分この機を逃せば永遠に完結するこはなかったと思います。フィニッシュは大事だよ。同人でもSEXでも。

結局一番面白かったのは、まつりさんの身内受け漫画でした。








リィンではなく「リイン」だそうです

2007年 12月31日発行
リリカル3名様
20P 300円(完売)

「リリカルなのは」はなにかと三人娘が強調されることが多かったので、同じく主役三人を強調している「THE3名様」風にしたら面白いのではないか…というコンセプトから始まった一冊。

個人的には四宮さんに依頼した帯(印刷)が気に入っていたのですが、書店の方々には
「この帯さえなかったらねえ…」「この帯のせいで発注数減らしました」「だめですよ写真は」
と散々でした。
それでも読者の方々には、この帯の必要性を分かっていただけると信じています。
もし次があるとしたら、今度はもっとハードな帯を。








この90年代のセンスがいい

2007年 10月8日発行
も〜っと!ドキドキonリリカル(合同誌)
36P 600円(完売)

ストライカーズはイマイチだったけど、まだまだ勢いの衰えない「リリカルなのは」のおこぼれにまた与ろうぜ、といういつものコンセプトで始まった一冊。

この合同誌シリーズは、誰が表紙を担当するかで毎回各人が「俺は嫌だ」と紛糾するんですが、前回のリリカルはアンタがやったから今回もだろ という流れで私になりました。 彩色はまつりさん。
同じメンバーでの合同誌も3回目ともなれば慣れたもので、表紙以外は特に打ち合わせをするでもなく、締め切りが近づくと静かに原稿が集まり、何事もなく静かに作業が終了しました。
中でもGRINPは締め切り1ヶ月前という驚異の速さで原稿を提出し、メンバー間で俄かに『GRINP手抜き疑惑』が浮上しましたが、実際はそんなこともなかったようです。

でもあの3P目の手抜き疑惑は、まだ燻っているのは言うまでもない。








二人以上の表紙は久々でした

2007年 8月15日発行
おねがいレミリア番外編
28P 500円

とらのあなメロンブックス で委託販売中。

〜参加ゲスト様〜
ねことうふさん

表紙彩色は、今回も"あぅ詰め"のわきさんに「頼むって!」と無理やりお願いしました。
うーん、素晴らしい。
当初は夏コミで、これと"デスフェイト2"の2冊を出すという計画を立てていたんですが、結局レミリア番外編だけでもいっぱいいっぱいでした。
人間、無謀な計画を立てれば身を滅ぼすということを痛感させてくれた一冊です。

いつもならコミケ前は、佐倉2號のまつりさんと状況を教え合い「向こうの方が遅れてる」とお互いに一喜一憂していたのですが、今回まつりさんは最初から本がなかったので終盤まで描いていたのは私だけで、大変孤独な作業でした。








スクリーンアウトだけはキッチリやろうぜ

2007年 6月17日発行
ドキドキonらき☆すた(合同誌)
36P 600円(完売)

4サークルの頭文字が3つまで"SMAP"と合致していたことから、GRINPを無理やりA-boy GRINPに改名してもらい、 合同サークル「SMAP」が誕生。
今流行のらき☆すたを描いておこぼれに与ろうぜ といういつものコンセプトで始まった1冊。
前回の反省から3P目はまともなものにしたところ 置いていく人も激減し、やはりonリリカルの3P目は相当 ダメだったんだなと実感させられました。
表紙担当のまつりさん、ねことうふさんは非常に苦労したようです。お疲れ様です。

実はイベント用(夏服)と書店用(冬服)で表紙の仕様が違うので、無駄に経費がかかってます。








この本が出ることをイベント前日に知らされました

2006年 5月21日発行
おねがいレミリア3 (注:佐倉2號様の本です
20P 500円(完売)

「おねがいレミリア3を担当したまつりです。
 おねレミシリーズは僕が子供の頃から見ていた伝統あるシリーズなので
 その制作に関わることができて、今は驚きと不安と希望で胸がいっぱいです。」

ありがとうございました。








表紙初期案はもっと挑発的でした

2007年 4月22日発行
ドキドキonリリカル(合同誌)
36P 600円(完売)

ぽんじゆうす、GRINP、負け組クラブに佐倉2號が加わり、我々も今流行りの「リリカルなのは」のおこぼれに 与ろうぜ、というコンセプトで始まった1冊。
"3P目に何か面白いことをやりたい"と誰かが言い出し、実際身内受けする3P目にはなりましたが
イベントで開いてすぐ置いていく人が続出してしまい、悪ふざけはよくないと痛感させられました。

その後「今回、見てから置いていく人が多かったのは誰のせいか」という戦犯探しが始まり、4人とも
「俺は悪くない」と言い張っていたのが印象的でした。








表紙は比村乳業様

2006年 12月31日発行
士郎子アンソロジー(コミケ71限定本)
36P 500円

りみっとぶれいく様の編み出した「士郎子」が絶大な人気を誇る中、そんなボブJrさんを放っておけない人達が我も我もと集まって作ったコミケ限定のサプライズ合同本。
会場限定ということもあって結構な数を用意したんですが、壮絶な売れ行きで一瞬で無くなってしまいました。
読者さんの反応はすごかったんですが、ボブさんの反応がイマイチだったのが悔やまれます。








5分でできました

2006年 12月31日発行
DEATH FATE
28P 500円

〜参加ゲスト様〜
まつりさん  ワスさん

FATEの世界にデスノートがあったら?というコンセプトで始まった、負け組クラブ初の4コマ漫画。
当初は4コマだから楽だと甘い考えでいましたが、4コマはちっとも楽じゃないことを思い知らされた一冊です。 でも表紙は超楽だった。
おそらく2006年冬コミ全ての本の中で一番制作時間が短い表紙です。








実は3はもう出ています

2006年 8月13日発行
おねがいレミリア2
40P 600円

とらのあなメロンブックス、 で委託販売中。

〜参加ゲスト様〜
まつりさん  神崎かるなさん  黒神遊夜さん

本来例大祭(5月)に出す予定でしたが、いろんなものを求めすぎてズルズルと引き伸ばし、結局
8月まで伸びてしまった東方本第二弾。 現段階では妥協せずに描けたと思います。
どうやら私は レミリアが好きなようです―――。








大麻

2006年 4月23日発行
おねがい水銀燈!!
20P 500円(完売)

あの佐倉2號さんとのローゼンメインデン合同誌。
まつりさんが表紙担当、私はタイトル案を担当という 相手に一方的な負担を強いる夢のコラボレーション。 でも中身は半分づつ描いているので勘弁してください。

今回はメロンブックスにて専売をお願いしました(完売しました。
専売やるならメロンブックスへ。








塗りは面舵さん。

2006年 3月26日発行
アンリマユによろしく(合同誌)
36P 600円(完売)

LEMLAML面舵いっぱいいっぱい、負け組クラブ の3サークル、「面舵L3クラブ」による合同誌。

アベンジャーが好きだったり、そうでなかったりする3人が集まって作った、アベンジャー好きによるアベンジャー好きのためのアベンジャー本。 初めてトーンなし漫画に挑戦してみました。
結果は是か非か、あなた自身の目で確かめてみてください。








背景がサークルカット

2005年 12月30日発行
おねがいセイバー 番外編
24P 500円(完売)

〜参加ゲスト様〜
まつりさん  STEEDさん

本来おねがいセイバーの3を出すつもりでしたが、どうしてもカレンさんを描きたいという欲求が抑えきれず、前回を上回るギリギリのスケジュールの中でギリギリ完成したホロウ本。
イベントにて初めて完売を達成した記念すべき一冊でもあります。

ゲストのお二人には急な依頼にも関わらず、快く受けてくださりありがとうございます。
特にまつりさんには依頼したのが締め切り9時間前でした。 もうちょっと余裕を持とう、自分。








Wakkyさんの華麗な塗り。

2005年 10月9日発行
おねがいレミリア
40P 600円

とらのあなメロンブックス、 で委託販売中。

〜参加ゲスト様〜
ゲストイラスト 魔王陛下さん  ゲスト漫画・表紙彩色 Wakkyさん

ギリギリのスケジュールで臨んだ、負け組クラブ初めての東方本。
ギリギリすぎて途中一度心が折れてしまい、HPで「もう落とす」宣言をしたものの、なんとかイベントには間に合いました。 印刷所にはある意味間に合わなかったけどな。(−15マグ)

羽がなかったりリボンがなかったりと不備が多い本ですが、その辺は
次回への改善点ということで大目にみてください―――








出合った日の僕らの前にはただ美しい予感があって それを信じたまま甘い話を描いていられた♪

■ ドキドキ★ON-AIR! ■

2005 8月14日発行(完売)





本来出会うべきではなかった三人が、(TV版)AIRに導かれて運命の邂逅!

ぽんじゆうす?GRINP負け組クラブの3サークルが贈る
いまさらながらのAIR合同誌!
TVアニメ版AIRの感動をもう一度!

ねこ「今更AIR本なんか作って売れるわけないでしょう!」

シノ「売れる売れないじゃない。作りたい物を作る、それが同人だろ?」

ねこ「ありえない…赤字確実ですよ…!?」

ゼ「売上を度外視する代わりに、我々は描きたいものを描く事ができるんだよ」

シノ「売上と趣味は等価交換…だろ?」


同人の基本は等価交換 あの頃の僕らは それが世界の真実だと信じていた










手抜きと言った奴、一歩前へ出ろ

2005年 6月5日発行
おねがいセイバー Special Edition vol,2
44P 600円(完売)

〜参加ゲスト様〜
ボブJrさん
ねことうふさん
けーひろさん
WSPlusさん
古居すぐりさん
シノさん
氷野広真さん

豪華ゲスト陣を迎えてお贈りする、負け組クラブ二冊目のオフセット本。
私の作業量は前作とほとんど変わらないのですが、ゲスト様の原稿によりページ数は大幅アップ。
そして値段もアップ。

印刷コースの関係でどうしても4ページ分足りなくなり、それを埋めるためにかなりの無茶をしております。 どんな無茶かは、実際に目で見て確かめてください。
おかげさまでご好評を頂きまして、最初にありえない数を刷ったもののそれでも足りず、
想定外の第2版と相成りました。









背景? なんのことだい?

2005年 1月30日発行
おねがいセイバー Special Edition vol,1
28P  500円(完売)


記念すべき負け組クラブ初のオフセット本。 そして実質、初の同人誌。
2004年にHP上で「Fateとひぐらし、アナタが見たいのはどっち!?」というWeb拍手アンケートをとり、 僅かにひぐらしを上回ったため製作されたといういわく付きの本です。
当初は表紙モノクロの予定だったのですが、 けーひろさんから「カラーとモノクロでは、まあ3割は違うね」と云われて、急遽カラーに仕立て上げました。
今思うと、その選択は間違いではなかった。

初の同人誌製作ということもあってか、スケジュールは非常に切羽詰ったものになり、結果的に入稿は締め切り30分後でした。 キッチリスケジュール通りに進めないと、えらいことになるという、いい教訓になりましたね。

書店から追加発注が来る度に、ギリギリの数で増刷を繰り返し、結果悪夢の第6版を記録した、業の深い1冊となりました。


大昔のTOP絵とか。

TOPへ戻る