新サイト
       

ゴルフエチケット



ゴルフは長い時間、同じ人達と一緒にプレーするので、同じ組ばかりでなく、前後の組の人など、周囲の人達に不愉快な思いをさせないように配慮しなければなりません。エチケットの第一は安全なプレーとスピーディーなプレーをすることです。


コースに出るまでの心掛け
  1. 経験の少ない人は、あらがじめ十分練習を積んでから、コースに出ましょう。
  2. コースをラウンドするには、通常3名か4名がひと組となります。仲間同士で回る場合は、必ず経験豊かなプレーヤーを仲間に入れましょう。経験の少ないプレーヤー同士ですと、プレーの進行や、またエチケットを守る上でも、迷惑をかけることになります。
  3. 服装はプレーしやすいスポーティーなものが良いでしょう。暑いときでもタオルを腰にぶら下げたり、首に巻きつけたりしてはいけません。シャツは必ず衿のついたものを着用し、下着と間違えられるような物は避けましょう。
  4. スタート1時間前までに、ゴルフコースに到着するようにしましょう。到着したらフロントで署名し、スタート時間を確認して、遅れないように支度をしましょう。尚、だらしない服装や態度でクラブハウスの玄関を入ることは、そのクラブに対する侮辱となるので注意しましょう。
  5. ボール、ティーペッグ、ボールマーカーなどラウンド中に必要な小物を忘れないように、キャディーバックの中を点検しましょう。キャディーバックには自分の名前入りの名札をつけましょう。
  6. スパイクシューズの鋲をよく締めておきましょう。コース内で鋲がはずれると、地面をしっかり踏ん張れないばかりか、芝刈り機の刃を傷める原因となります。
  7. スタート前に、体ならしの為に軽い体操をしてから練習に入りましょう。力まずにボールを打つようにし、体をリラックスさせましょう。またパッティンググリーンでパッティングをして、その日のグリーンの調子を調べましょう。


クラブハウス内では
  1. クラブハウスでは、貴重品は、ロッカーや風呂場の脱衣場に置かず、フロントか貴重品ロッカーに預けましょう。
  2. クラブハウス内に帽子をかぶったまま入らないようにしましょう。
  3. 親しい仲間同士でのプレーは、仲間意識が強くなり、他人の迷惑を忘れがちです。大勢の人々の中にいることを忘れずに行動しましょう。
  4. 洗面所、浴室などでは、使用後の整理整頓に心掛けましょう。
  5. ルールに精通し、あわせてローカル・ルールの注意事項(スコアーカードに明記)も守りましょう。クラブハウスの出入りでのスパイクシューズやスニーカー、サンダルなどは、エチケット違反です。
  6. 昼食などでハウスに引き揚げるときは、靴の泥などを外で落としてから入り、食堂などに入る前に服装を整えましょう。







スタートのティーグランドでは
  1. スタートのティーグランドへは、スタート時間のひと組前までに行きましょう。
  2. スタート前に自分のクラブの本数を調べ、確認しておきましょう。
  3. 予備のボールを用意して、暫定球を打てるようにしておきましょう。
  4. ティーショットの打順は、スタート前にジャンケンや抽選などであらかじめ決めておきましょう。
  5. 使用球にはすべて自分の印しを付けておきましょう。そしてスタートの前に同伴競技者(マッチの場合は相手)と各自の球を確認し合いましょう。
  6. ティーグランドには打つ人以外は、入らないようにしましょう。芝生の保護と危険防止のためです。
  7. プレーヤーがアドレスしたら、話したり動いたりせずに、邪魔にならない個所で静かに見守りましょう。
  8. プレーヤーが打ち終わるまで、他のプレーヤーはティーアップしてはいけません。
  9. 待っている間、ティーグランド上で素振りをしてはいけません。
  10. バックティーの使用は、コースによって禁止されていたり、許可制をとっていることがあります。自分たちの技量を考えて、プレーの進行に迷惑をかけないようにしましょう。
  11. 前方のプレーヤーが、ボールの届く距離外に出るまで、プレーしてはいけません。打つプレーやは自分の距離をよく判断して、先行組みに打ち込まないように気をつけましょう。
  12. 使用ティー以外のティーグランドやロープで囲まれた個所は横切ったり、入らないようにしましょう。


コース内では
  1. プレーの進行をはかるためにも、打球の行方をよく見届け、ボールの止まった位置に何か目標になるものを見つけ、見失わないようにしましょう。
  2. ボールを捜すのに時間がかかる場合に後続の組が来た時は、後続組みをパスをさせましょう。
  3. 打つプレーヤーの邪魔になる背後や、飛球線の後方、打球に影響を与えるような近くに立ってはいけません。ただ、やたら動きまわらないようにしましょう。
  4. プレーの進行をはかる為に、他のプレーヤーの打球に注意しながら、早目に進みましょう。先行組みと1ホール以上の間隔をあけないようにしましょう。
  5. 一組に一人のキャディー(共用のキャディー)しかいない場合がほとんどです。グリーンまでの距離を判断して、あるいはキャディーに聞いて、次に使いそうな2〜3本のクラブをあらかじめ選び、ボールのところへ行きましょう。
  6. 練習スイング(素振り)をするときは、コースの芝生を傷つけないように、又クラブが当るような身近な所に誰も人がいないか、球や石、小枝などが飛んでいっても当るおそれのあるような場所に誰も人がいないかに注意しましょう。
  7. ショットしてとったディボットはただちに元のところへ戻して踏みつけ、目土をしなければいけません。
  8. 喫煙は所定の場所以外ではやめましょう。
  9. 隣りホールに球を打ち込んだときは、そのホールのプレーヤーに一言詫びたあと了解を得てから次打を処理しましょう。


バンカー内では
  1. バンカー内にボールがあるときは、ボールに近く、土手低い所からバンカーに入りましょう。打ち終わった後、グリーンに近いからといって高い土手を駆け上がってはいけません。入ったところへ戻りましょう。またボールに近いからといって、高い土手のところから飛び降りないようにしましょう。
  2. 打った後は、バンカー内につくった穴や足跡を全部入念に治してから出なくてはなりません。バンカーならしはプレーヤーの仕事です。何度もバンカーに出入りせずにスピーディーなプレーのために、バンカー内にレーキやクラブを置くことは許されています。







グリーン上では
  1. グリーン上で飛んだり、跳ねたり、走ったり、またスパイクシューズをひきずったりしてはいけません。
  2. ボールマークは丁寧に直しましょう。
  3. スパイクによるグリーンの損傷は、同じ組のプレーヤー全員がそのホールのプレーを終了した後で修理しておくべきです。
  4. パッティングするプレーヤーの近くに立ったり、動いて邪魔にならないようにしましょう。
  5. 自分がパッティングする順番となるまでに、グリーン全体の距離や傾斜などをチェックしておきましょう。自分の順番となってから長い時間をかけて、パッティングラインを見ることがないようにしましょう。
  6. 他のプレーヤーがパッティングするときは、自分のボールが邪魔にならないようにマークし、プレーの進行をはかりましょう。
  7. グリーン上では他のプレーヤーのパットのラインを踏まないよう注意し、またラインを読んでいる人の前を横切ってはなりません。
  8. プレーヤーは、旗竿を置くとき、グリーンを傷つけないように注意しましょう。
  9. プレーヤーは、旗竿を抜き差しするときやボールをホールから拾い上げるとき、ホールから拾い上げるとき、ホールを傷めないように気をつけましょう。
  10. ホールからボールを拾い上げるとき、パターにもたれて、グリーンを傷めないようにしましょう。
  11. 1ホールのプレーが終わったら、速やかにグリーンを離れましょう。グリーン上でスコアーカードにスコアーを記入しないようにしましょう。
  12. グリーンをオーバーしたボールのところへ行くときは、グリーンを横切らず、グリーンエッジを回って行きましょう。
  13. 使用していない予備グリーンに乗ったボールは規則どおりの処置でプレーしなければなりません。
  14. 1ホールのプレーが終了すれば、旗竿はパッティンググリーンを離れる前に、ホールの中に正しく戻してください。


パー3のホール(ショートホール)では
  1. パー3のホールでパッティングを始める前に、後続組みに合図してティーショットを打たせるのは、前の組はプレーを中断したことになり、規則上問題も有り、ホールアウトを済ませるのが原則です。そのためには、パー3のホールこそ急いで歩き、スピーディーなプレーをしましょう。
  2. パー3のホールのティーグランドが渋滞し止むを得ず打たせる場合は、安全確認が絶対条件です。


プレーを終わって
  1. プレーが終了したらクラブの本数を点検しましょう。又他のプレーヤーのクラブと入れ替わっていないか確認しましょう。
  2. ゴルフ場で指定された用紙にラウンド数、クラブ本数の有無、署名などをしましょう。
  3. キャディーに預けた物品を忘れずに受け取りましょう。
  4. キャディーバックの受け取りや、宅配便の手配は本人が確認しましょう。

その他
  1. 練習専門の各練習場でも、各練習場の注意事項がありますので、掲示板等をよく読んで守りましょう。
(PGA教本をもとに編集)