PROFILE








PROFILE

小野 泰良(Tairyo Ono)
1948年横浜生まれ(横浜在住)

公益社団法人・日本写真家協会(JPS)会員
(JAPAN PROFESSOAL PHOTOGRAPHERS SOCIETY)

美術家を経て独学で写真を学び、1974年秋より1年間を写真撮影のために渡欧
フランス国パリを拠点にスペイン、ポルトガル、モロッコ、イギリスを旅する。

1975年の秋に帰国、横浜でコマーシャルフォトハウス・アトリエ19を設立
以後、コマーシャル、エディトリアルの分野で活動を開始する。

1991年より新たなる写真表現の可能性を求め、アートフォトの分野に挑戦を開始
写真作家として軸足を移し、1993年より事務所の名称を
ART PHOTO HOUSE Atelier19に改称。

以後、写真工房を設立して銀塩モノクロフィルム&プリントに
拘りを持ち続けながら、新たなるアートフォトの可能性の探求の日々です。





1980年 日本写真家協会(JPS)展 入選 (東京都美術館)

1981年 日本写真家協会(JPS)展 入選 (東京都美術館)

1982年 日本写真家協会(JPS)展 入選 (東京都美術館)

1982年 日本広告技術評議会(NNCA展)APA部門入選
         (東京・銀座 セントラル美術館)

1983年 日本写真家協会(JPS)展 奨励賞 (東京都美術館)

1984年 日本写真家協会(JPS)展 入選 (東京都美術館)

1984年 第20回日本広告写真家協会(APA)展 入選

1985年 日本写真家協会(JPS)展 入選 (東京都美術館)

1986年 日本写真家協会(JPS)展 銀賞及び特別賞 (東京都美術館)

1986年 第21回日本広告写真家協会(APA)展 入選

1988年 日本写真家協会(JPS)展 銀賞 (東京都美術館)


 1989年 公益社団法人・日本写真家協会(JPS)の正会員となる。







1991年 富士フィルム・アートエマルジョン 現代の一流作家
競作展に招待出品 (銀座・数寄屋橋 富士フイルムギャラリー)

1992年 第24回日本広告写真家協会・
APA日本写真ビエンナーレ展 入賞

1992年 ART BOX  GALLERY 大賞公募展審査員特別賞

1992年 From A TEA ART 佳作賞

1994年 第3回 リビングアート・コンペテンション展 入選

1994年 第25回 日本広告写真家協会・
APA日本写真ビエンナーレ95展 入選

1996年 第4回 プリンツ21 グランプリ展 入選

1997年 第5回 プリンツ21 グランプリ展 特選

1998年 第6回 プリンツ21 グランプリ展 入選

1999年  第7回 プリンツ21 グランプリ展 入選

2000年 第28回 日本広告写真家協会(APA-2000)展 入選

2001年 第9回 プリンツ21 グランプリ展 入選

2002年 第10回 プリンツ21 グランプリ展 入選

2003年 第11回 プリンツ21 ブランプリ展 入選

2004年 第12回 プリンツ21 グランプリ展 入選





2006年 第80回 国画会写真部門 入選 (東京都美術館)

2007年 第81回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2008年 第82回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2009年 第83回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2010年 第84回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2011年 第85回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2012年 第86回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2013年 第86回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2014年 第88回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2015年 第89回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)

2016年 第90回 国画会写真部門 入選 (六本木・国立新美術館)





1989年以降、過去20年間の間に40回に及ぶグループ展に参加

2010年以降はグループ活動より離脱して、2013年に
個人ギャラリー設立準備の為にその準備に入り、2013年の春に
ART GALLERY Atelier19をOPENさせる。




 ART PHOTO HOUSE Atelier19

(C)PHOTO BY TAIRYO ONO






  銀塩倶楽部






















銀塩倶楽部
銀塩倶楽部